【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「アマルフィ 女神の報酬」:宇喜田バス停付近の会話

2009-07-18 | ★亀29系統(なぎさニュータウン~亀戸駅)

こんな町中に動物園があるとは知らなかった。
こういうご時世だし、今年の夏は海外に遠出する代わりにこういう近場で楽しむのもいいかもしれないわね。
きょうの新聞にも出てたもんな、「イタリア観光・日本人客急減」って。
イタリアなんて、私たち庶民には手が届かない遠い国になっちゃったてことね。
そうじゃなくて、サービスが悪いとかぼったくりがひどいとかっていう理由らしいけど。
たしかに、オールイタリアロケが売りの日本映画「アマルフィ」で教えられることって言えば、スリには気をつけろってことだもんね。
あと、子どもから目を離すな。子どもを誘拐されても身代金を払っちゃいけないって法律で決められている、とかな。
美しい風景とはうらはらに、恐いところねって思っちゃった。
そもそもが、ローマで娘を誘拐された天海裕希と居合わせた外交官の織田裕二が犯人を追いつめるっていうサスペンス映画だからな。
のんべんだらりと絵はがきのように観光地を映しているだけの映画よりはいいけどね。
でも、タイトルが「アマルフィ」なんだから、もう少し、あの断崖絶壁にできたアマルフィ独特の町並みを生かした展開があってもよかった。
ドラマのほとんどはローマが舞台。
アマルフィは寄り道先にすぎない。
だからって、「ローマの休日」を期待しちゃいけない。
「ローマの休日」に登場したスペイン広場のロマンチックな映像に比べ、今回の映画の雑然としたこと!
日常の情景をとらえれば、観光地なんてあんなもんなのよ。
「フェリー二のローマ」の甘美で幻想的なローマも出てこない。
全然狙いの違う映画だからね。
犯罪に政治的な味付けもしているけど、本気でそれを訴えたいと思っている映画でもない。
そうそう。同じサスペンス映画でもたとえば「相棒」の犯人の動機にはうなずけたけど、こちらの動機は、分かるんだけど、何か心に響いてこないっていうレベルよね。
・・・とか話してると、なんか、がっかりしているみたいな印象を与えるかもしれないけど、単なる娯楽映画だと割り切れば、それなりにおもしろく観ていられる。
遠くイタリアまで行きながら結局日本人同士の話なの?とか、娘を誘拐されてうろたえる母親を演じるには天海裕希はちょっとキャラクターが強すぎるんじゃないの?とか、そんなところには目をつむればいいいのよね。
いつ、天海裕希が「織田君、私が解決するわ!」って言い出さないか、冷や冷やしながら観ていたなんて、思っていても口に出しちゃいけない。
だって、あの織田君がギャハハ笑いを封じ、まじめ一辺倒になって、図体のでかい天海裕希を必死で守ってるんだもんね。
織田裕二って、ギャハハ笑いで強烈なイメージをつくっちゃったけど、若いころからこの映画みたいな硬派なキャラクターで押していれば、いまごろニヒルな二枚目として認識されていたかもしれないって感じさせるところはある。
この外交官役に、なんか決まったクセがあるとか暗い過去があるとか、もう少し陰影付けができれば、続編が出来てももいいわよね。
それは脚本家の腕しだいだな。
と思って、脚本家の名前を探したら、どこにも出ていない。
原作の真保裕一と監督の西谷弘が共同して書いたらしいけど、クレジットタイトルには載っていない。
脚本家の名前がない映画なんて初めて観たような気がするわ。
そんなひどい脚本でもないのにな。偽名でも何でもいいから載せるべきだった。
クレジットタイトルに脚本家の名前が載っていないってことは、脚本の責任者がいなかったっていうことだからね。
映画って極端に言えば、脚本と役者で出来ているようなもんだからな。どういう事情があるにせよ、その名前をカットしたことは、映画に対する姿勢が問われる。
映画を軽く扱っているとしか思えない。
やっぱりテレビ局がつくった映画の限界か。
うーん、そうは思いたくないけどね。内容的にはテレビドラマではなく、映画らしい感触があったわよ。
だからこそ、惜しいんだ。






この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<亀29系統>
なぎさニュータウン⇒南葛西小学校前⇒堀江団地⇒堀江団地入口⇒葛西南高校前⇒新田⇒第四葛西小学校前⇒葛西駅通り⇒中葛西五丁目⇒西葛西六丁目⇒西葛西駅前⇒スポーツセンター前⇒宇喜田⇒葛西橋東詰⇒東砂六丁目⇒旧葛西橋⇒東砂四丁目⇒亀高橋⇒北砂四丁目⇒境川⇒北砂二丁目⇒北砂三丁目⇒大島一丁目⇒西大島駅前⇒五ノ橋⇒亀戸駅通り⇒亀戸駅前






コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「美代子阿佐ヶ谷気分」:ス... | トップ | 「嗚呼 満蒙開拓団」:葛西... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (michi)
2009-07-19 19:23:59
お久しぶりです。

私も娯楽映画として楽しく観てきました~。
クールな織田さんが新鮮!

脚本のことですが
観る前に会場のアナンスで“オリジナル脚本”と言っていたので、
原作があるのにオリジナルってどういう意味だろうと
ちょっと不思議に思っていたんです。
それで私も脚本を書いたのが誰なのか調べようとしたんですが
どこにも書いてなかったんですよね 笑。
原作者と監督の共同作業でしたか!
わかって、スッキリしました~。
■michiさんへ (ジョー)
2009-07-19 22:48:42
“オリジナル脚本”ていうのも変な言い方ですね。
原作と脚本が同時進行していたっていうことかもしれませんが、
共同なら共同って明記すればいいし、
それが問題なら偽名でもいいから
脚本家名は出すべきだと思います。
「この映画、脚本家がいないんですよ」って
自ら宣言するのってどう考えてもオカシイです。
Unknown (タニプロ)
2009-07-28 01:31:47
いつも楽しく拝読してます!

技術面で、西谷弘監督は決して力量不足の監督とは思っていないだけに、撮影や編集(終始画面が暗いのも気になりましたが、これは撮影や編集の後の問題かな)が雑になってしまったのがとても残念でした。

これは監督・俳優の問題ではなく、映画を作る土台を作ってあげる側の(言い方悪いですが)偉い人達に問題がある気がしてならないんですよ。

ミスキャストもそうだし、急に乱暴になって同じ監督の作品とは思えないですもん。

ややこしい話すみません。

■タニプロさんへ (ジョー)
2009-07-29 20:33:07
やっぱり「○周年記念映画」って名がつくと、
いろいろな人の意見が入って思い通りの映画が
つくりにくくなるんでしょうかね。
周年映画ではなく、監督の執念映画が観たいですね。

コメントを投稿

★亀29系統(なぎさニュータウン~亀戸駅)」カテゴリの最新記事