【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ツォツィ」:台場駅前バス停付近の会話

2007-04-18 | ★虹01系統(浜松町駅~ビッグサイト)

あら、ゆりかもめって、無人運転じゃなかったっけ?
ああ、運転手がいるなんて珍しい光景だな。
安全対策か何か?
さあ、わからないけど、南アフリカの地下鉄に比べりゃ、ずっと安全なんじゃないのか。
って、どうしていきなり遠い南アフリカに話が飛ぶの?
いや、「ツォツィ」ていう南アフリカ映画に地下鉄が出てくるんだけど、その運転席の窓に金網が張ってあるような気がしたんだ。そういうものを張らなきゃいけないほど、南アフリカって物騒なのかと思ってな。
あら、そうだったかしら。全然覚えてないけど。
一瞬だから自信はないけど、しかし、あの主人公の少年が育ったスラム街はどうみても危険がいっぱいって感じだろう。
南アフリカの映画っていうから、アフリカを舞台にした最近の一連の映画のように、欧米の植民地政策が原因で現地の人々に災難が訪れるっていう映画かと思ったら、そういう映画とは毛色が違ったわね。
アパルトヘイトもなくなったいまの南アフリカを舞台にした映画だから、政治的な色合いより貧しい庶民の息遣いをすくい上げた、下から目線の映画と言ったほうが正しい。
スラム街で育ち、現地の言葉でツォツィ=不良と呼ばれる少年が悪事を働いているうちに偶然赤ちゃんを育てることになって良心に目覚めていくという物語・・・。
なんか、そう要約すると道徳映画みたいだけど、同じような貧民街の少年を主人公にしているからか、肌触りはブラジル映画の「シティ・オブ・ゴッド」に近い。ヒリヒリした緊張感が画面全体を覆っている。
でも、あっちは殺伐を絵に描いたような殺し合いの連続で救いがなかったけど、こっちはまだ希望がほの見える話よね。
何語かわからないけど、英語じゃなくて現地の言葉で喋ってるのがいいよな。ほんとうのリアリティを感じさせる。
だけど、一番驚きだったのは、お金持ちの黒人の登場。少年が偶然奪った赤ちゃんは、上流階級の黒人の子どもだったんだけど、その黒人がいたって良識的な黒人なのよね。別に驚くことじゃないのかもしれないけど、アパルトヘイトがなくなっても、人種差別とは別のところで、結局こういう形で貧富の差は残るのかと思うと、心が痛いわ。
でも、富豪vs貧民という図式じゃない。金持ちの黒人も少年を理解しようとするし、少年も金持ちを理解しようとする。そういう展開になっていた。
たしかにそうだわね。手を上げた少年を包んでいたのは、未来に対する希望の光だったわ。
南アフリカといえば、2010年ワールドカップの開催国だ。それまでには、いまよりもっといい国になっていることを祈りたいな。
ゆりかもめみたいな無人の電車が走っても安全な国にね。
おいおい、都バスに敬意を払うブログなのに、バスの話じゃなくて電車の話でまとめちゃっていいのか。
電車って言っても、ゆりかもめは線路もないし、正確には新交通システムということで、いいんじゃない?
そっか。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<虹01系統>
浜松町駅⇒浜松町駅前⇒海岸一丁目⇒竹芝桟橋⇒日の出桟橋⇒芝浦埠頭駅入口⇒お台場海浜公園駅⇒フジテレビ前⇒台場駅前⇒船の科学館駅前⇒日本科学未来館前⇒東京湾合同庁舎前⇒テレコムセンター駅前⇒パレットタウン前⇒フェリー埠頭入口⇒東京ビッグサイト



コメント (3)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« 「東京タワー」:フジテレビ... | トップ | 「ロッキー・ザ・ファイナル... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ホットキーワード)
2007-04-19 00:43:40
はじめまして^^

私の芸能サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://newstoday0001.blog95.fc2.com/blog-entry-455.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
TB&コメント感謝です! (any)
2007-07-28 10:55:57
ジョーさん、こんにちは♪
古い記事を掘り起こしてしまってごめんなさい。
ようやく地元でも上映され、劇場鑑賞に間に合いました。

運転席の金網は覚えてませんが、怖い地下鉄でしたね~
私なら、あのグループに近寄られただけで心臓麻痺を起こしそう!
作品的には、心に響く内容で色んな思いが渦巻きました。
観て良かったです。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-07-29 19:11:47
■anyさんへ
鑑賞できてよかったですね。いい映画はいつ観てもいいですからね。

コメントを投稿

★虹01系統(浜松町駅~ビッグサイト)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

ツォツィ/ TSOTSI (我想一個人映画美的女人blog)
「ツォツィ」ってどういう意味だろう??と思ったら、南アフリカの言葉で "不良"とか"チンピラ"   劇中の字幕では"不良"になってたけど、 もっとタチの悪い、"チンピラ"のニュアンスの方が近い。 南アフリカ、ヨハネスブルグ。 誰も本名を知らず、「ツォツィ」と呼ば...
ツォツィ/プレスリー・チュエニヤハエ (カノンな日々)
近年日本で公開されてきたアフリカを舞台に描いた作品の持つパワーに圧倒されることが多いのですが、この映画もそんな作品の1つと言えるでしょう。アパルトヘイト廃止後も長らく続いた悪政が残した深い傷は癒えることなく大きな負の遺産として今もなお多くの国民を貧困と...
ツォツィ (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2005年 製作国 南アフリカ/イギリス 上映時間 95分 監督 ギャヴィン・フッド 製作総指揮 ロビー・リトル 原作 アソル・フガード 脚本 ギャヴィン・フッド 音楽 マーク・キリアン 、ポール・ヘプカー 出演 プレスリー・チュエニヤハエ 、テ...
「ツォツィ」映画感想 (Wilderlandwandar)
昨年のアカデミー外国語映画賞受賞作「ツォツィ」(原題:Tsotsi)を見てきまし
ツォツィ Tsotsi (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
去年、アカデミーで外国語映画賞を取ったときから、見たいな~と思っていました。(アカデミーの外国映画賞ってけっこういいです) やっと日本でも公開になり、見てきました。撚 くしくも「約束の旅路」「ブラッド・ダイヤモンド」そして「ツォツィ」と、アフリ...
真・映画日記『ツォツィ』 (          )
4月24日(火)◆421日目◆ 終業後、六本木ヒルズへ。 シネコン「ヴァージン・シネマ」で 南アフリカの映画『ツォツィ』を見る。 ヨハネスブルクの少年ギャングのツォツィと (彼が)盗んだ車にいた赤ちゃん。 この出逢いでツォツィは 「良心」に目覚めること...
映画~ツォツィ (きららのきらきら生活)
 「ツォツィ」公式サイト2006年度アカデミー賞外国語映画賞受賞作品 南アフリカ・ヨハネスブルクのスラム街で暮らす少年ツォツィ(=不良)は、仲間たちと窃盗やカージャックを繰り返す日々を送っていた。そんなある日、彼は奪った車の中に生後間もない赤ん坊を発見...
映画 『ツォツィ』 (Death & Live)
音楽がたまらなく良かった。 『ツォツィ』  2005年 原題 : TSOTSI 監督 : Gavin Hood このポスター、なんだか 『アウトサイダー』 が思い浮かぶ。 ラストシーンが絶妙でしたね。 本当ならあそこから、もう1シーン入れたいところなんでしょうが、 つまら...
ツォツィ 33点(100店満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ダスティン・ホフマンが女装する映画 公式サイト 南アフリカ、ヨハネスブルグのスラム街を舞台に、そこに住む少年・ツォツィが赤ん坊との出会いによって人間性を取り戻していく感動ストーリー、なのだが、どうにもお粗末。 南ア人作家のアソル・フガードによる原作...
ツォツィ (Alice in Wonderland)
今年40本目の映画館での映画鑑賞です。 南アフリカは今ではかなり発展していると聞いていますがそれはある一定の生活レベルを保障されている人たちだけであって底辺の人たちはまだまだ悲惨な状況下で暮らすことを強いられているんだとここ最近、何本かのアフリカ映画を...
ツォツィ 南アフリカの後遺症(>_ (銅版画制作の日々)
この日は、「ツォツィ」と「13/ザメッティ」の二本を連続鑑賞しました。どちらかと言えば、「13/ザメッティ」の方が私は好みの映画ですね。「13/ザメッティ」については、この記事の後、また紹介したいと思います。 ツォツィとは?“不良”または“チンピラ”とい...
ツォツィ (とにかく、映画好きなもので。)
 彼の瞳はあまりにも近寄りがたい幕を帯びている。アフリカの社会の底辺で生きている男は、物語が進むに連れて封印された過去を明らかにしていく。日々の生活に困った彼らは一路金銭目当てに強盗を繰り返し、時には人殺しも辞さない非情さも持ち合わせる...
「ツォツィ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:TSOTSI)アカデミー外国語映画賞を受賞したイギリス=南アフリカ合作で、その評価もダテではないと思わせる力のこもったシャシンだ。  ヨハネスブルグのスラム街に暮らす若者ツォツィ(プレスリー・チュエニヤハエ)は強盗グループのリーダーで、街の暴力団...
「ツォツィ」 (ここなつ映画レビュー)
この作品が公開前から評判だったのは、R15指定だったからでもある。南アフリカ共和国のスラム街で生まれ育った少年は、その環境から、悪を当然のこととして生活しているが、ある出来事をきっかけにかすかな再生の光が見えてくる、という物語。ツォツィ(ならずもの)と...
映画「ツォツィ」 (don't worry!な毎日)
 南アフリカの映画「ツォツィ」を見た。  アパルトヘイト以後、 国際社会は南アフリカを見守ることを忘れてしまったかのようだった。 次のワールドカップの舞台だと決まっているし、 アフリカの中で一番個人所得が高いときいていたこともある。 でも、この映画で...
【ツォツィ】 (+++ Candy Cinema +++)
【英題:TSOTSI】 監督/脚本 ≪ ギャヴィン・フッド 原作    ≪ アソル・フガード 製作年度 ≪ 2005年 日本公開 ≪ 2007年4月14日 上映時間 ≪ 1時間35分 製作国   ≪ イギリス/南アフリカ 配給    ≪ 日活 /イン
ツォツィ (Diarydiary!)
《ツォツィ》 2005年 南アフリカ/イギリス映画 - 原題 - TSOTSI
ツォツィ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『拳銃を持つその手で、小さな命を拾った。』  コチラの「ツォツィ」は、2006年アカデミー賞外国語映画賞をアフリカ映画としては初めて受賞した作品で、4/14公開となったパワフルなヒューマン・ドラマなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  ツォツィ<不良>と名...
『ツォツィ』'05・南ア・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじツォツィ=不良と呼ばれるその少年は、仲間とつるんで窃盗やカージャックを繰り返し、怒りと憎しみだけを胸にその日を生き延びていた。ある日、ツォツィは、奪った車の中にいた生後数ヶ月の赤ん坊と出逢う・・・。感想不良の品格南アフリカでツォツィ(不良)と名乗...
ツォツィ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】南アフリカ、ヨハネスブルクのスラム街に暮らすツォツィ(プレスリー・チュウェンヤガエー)は、仲間とつるんで窃盗やカージャックを繰り返していた。ある日、高級住宅街にやってきた彼は車を運転していた女性を撃って逃走。やがて、強奪した車...
「ツォツイ」DVD特典 別ラストバージョン2つ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
レンタルDVDで見たのですが、非常に嬉しいことに、別の2種類のエンディングも特典として付いていました!! その特典映像を見たら、なん...
無垢なるものよ~『ツォツィ』 (真紅のthinkingdays)
 TSOTSI  南アフリカ・ヨハネスブルグの貧民街。そこでツォツィ=不良と名乗り、盗みや賭博、 暴力に手を染めた一人の少年の物語。あ...