【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

双葉十三郎、死す。

2010-01-16 | ★草63系統(池袋駅~浅草雷門)


ショックです。
日本で最も尊敬する映画評論家の双葉十三郎さんが亡くなりました。
軽妙な文章で映画の本質をつくその手腕には、いつも感心させられていました。
しかも、最近の評論家のように難しいことばで持って回ったような表現をすることもなく、
あくまで、平易で簡潔な評論でした。
いま、多くのブロガーのみなさんが☆取り表をつけていますが、
日本で初めて映画の評価を☆で表したのも、双葉さんだったのではないでしょうか。
彼の著書「僕の採点表」は、映画ファンのバイブルです。
きょうは、いつものように、観た映画についての記事をアップする気力がありません。
静かにご冥福をお祈りしたいと思います。
合掌。

コメント (4)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 「バッタ君町に行く」:西浅... | トップ | 「今度は愛妻家」:浅草公園... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (lunta)
2010-01-17 12:37:34
はじめまして。いつも楽しく映画評を読ませていただいています。
私も双葉十三郎氏の大ファンで、映画の見方は双葉氏の採点表から学んだように思います。
もう双葉さんの評価が聞けないのは本当に残念ですね。
後にも先にも双葉先生だけ。 (えい)
2010-01-17 13:57:30
こんにちは。

ジョーさんが会話形式でない追悼文を書かれている気持ちがよく分かります。
双葉先生ほどの魅力的な、
読むだけで楽しくなる映画評は、
今後、しばらくは出てこないでしょう。

心からご冥福をお祈りいたします。
■luntaさんへ (ジョー)
2010-01-24 17:29:02
ほんとに残念です。
現在も多くの人が採点表をつけていますが
双葉さんを超えるものは見当たらないように
思います。
■えいさんへ (ジョー)
2010-01-24 17:30:28
そうそう。
双葉さんの文章は読むだけで楽しくなるんですよね。昔からの憧れでした。

コメントを投稿

★草63系統(池袋駅~浅草雷門)」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

双葉十三郎さんが亡くなられた・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
双葉十三郎さんが亡くなられた。この方もまたエリック・ロメールと同じく、私にとっては不死身の、死ぬことはない存在であった。「スクリーン」に長期にわたり連載された「ぼくの採点表」は私にとっては映画評論の基礎になったようなもので、映画の見方を教えてくれたもの...
ああ、ついに…双葉十三郎先生逝く。 (ラムの大通り)
「ぼくらにとっては神様。 映画評論家・双葉十三郎先生がおなくなりになりました。 数年前までは、試写室で先生のベレー帽姿を拝見。 同じ時間、同じ空間で神様と同じスクリーンを見つめていることに ひそやかな歓びを感じていたものでした。 おそらく、多くの映画を愛す...
双葉十三郎さん亡くなる (或る日の出来事)
映画評論家の双葉さんが12月に亡くなっていたそうです。ご冥福をお祈りします。
双葉十三郎さん、逝去 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
現役最長老の映画評論家だった、双葉十三郎さんが、昨年12月12日に亡くなられました。享年99歳でした。 若い方にはピンと来ないかも知れませんが、私も含めた中高年の映画ファンにとっては、淀川長治さんと並
最後の映画批評家・双葉十三郎氏遂に逝く (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
 このブログの常連であれば、ご存知の方も多いかと思いますが、僕はおよそ40年に渡って映画評論家・双葉十三郎氏に私淑してきました。高校時代には双葉先生の採点(☆と★)が夢にまで現れたほどです(笑)。
双葉十三郎逝く・・・ (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
遅ればせながらのショックです。2009年12月に亡くなっておられたとは・・・ 享年99歳。 映画月刊誌「スクリーン」連載の「ぼくの採点表」で、映画の観方を学びました。 SFなどのB級映画にちょいと点が甘くてね。 映画って、こんな面白さも愉しさもあるんだよ、こう...
『今度は愛妻家』:さがしものは何ですか、タンタタン♪ @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
年頭早々、琴線に触れる映画に出逢ってしまいました。