【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「クワイエットルームにようこそ」:東京駅八重洲口バス停付近の会話

2007-10-31 | ★東16系統(東京駅~ビッグサイト)

この白い通路は?
東京駅の地下にできた「グラン・スタ」っていう駅ナカ飲食店街に続く通路だ。
この白っぽさは、なんだかクワイエットルームを連想させるわね。
おいおい、物騒なことを言うなよ。クワイエットルームって、あの「クワイエットルームにようこそ」に出てきた真っ白い女子隔離部屋のことだろ。
そう、雑誌のフリーライターをしていた内田有紀が、ある日突然強制入院させられちゃう隔離病棟。
しかも自分の意識がない間にな。酒と薬で意識が途切れているときに運ばれて、目が覚めたらいきなり社会と断絶した世界にいるんだから怖いよなあ。
詳しい経緯は誰も教えてくれないし、誰も助けてくれないの。でも、孤立した恐怖感が画面からあまり出ていなかったわね。私だったら怖くて怖くてたまらないと思うけど。
「CUBE」みたいな、そういう理不尽な状況からいかに脱出するかという逃亡劇じゃないからな。
閉じこめられることによって、自分の内面と向き合わざるを得なくなるという、内省的な話よね。
そのわりに、同じ病棟には一癖も二癖もある入院患者がウヨウヨといて、そっちに気をとられてしまうところもある。
狂気ざんまい「黒い家」も真っ青な、大竹しのぶのキレ演技。純情「フラガール」はどこへ行った、蒼井優の拒食症ゴスプレ演技。
ハリセンボンのガイコツ顔なんて素顔からしておどろおどろしい。
患者に劣らず、看護婦たちも異様だったわ。鋼鉄の心を持った低温女のりょうとか、ふんわかした感じがかえってうすら怪しい平岩紙とか。
紙って、名前どおりの役者だな。
個性の薄さが、かえって濃い個性の間で目だってしまう不思議な存在・・・。
恋人役の宮藤官九郎が、これまたダメなマスコミ男をイキイキと演じている。
イキイキといえば、彼の友人役の妻夫木聡。
最初から最後までテンション、バリバリ。
これだけ個性的なキャラが出ていて、それぞれがきちんと映画に貢献しているかというと、ただの遊びになっている部分もあって、ちょっともったいない感じもあったわね。
演出が物足りないってことか。
いまはなき、ロバート・アルトマンあたりが監督すれば、何人だろうがうまくコントロールして、傑作な群像劇ができあがったかもしれないわ。
そういう雲の上の存在と比べるな。監督のスズキマツオだってそれなりにがんばってる。
松尾スズキね。
それに、考えてみれば、これは群像劇というより、あくまで主演の内田有紀の内面の進化に主眼をおいた映画だ。
でも、こう騒々しくちゃあ、彼女もゆっくり理不尽な状況をかみしめている暇なんかないわよね。
いやいや、あのクリクリ目玉は、ひとりで思索するというより、にぎやかな中で孤独の正体を見極めるって役柄のほうが似合っている。そういう意味で、映画の空気感を内田由紀はよく表現していたと思うぜ。吉岡秀隆と別れたのも意味ないことじゃなかった。
言ってることがよくわからないけど、結局彼女は、自分がクワイエットルームに来た本当の理由を知る過程で、自分自身と向き合わざるを得なくなって、これまでの自分を乗り越えていく決心をするのよね。
結論「うっとうしい女は、いちど社会から隔離するに限る」。
あら、ずいぶん乱暴な結論ね。表面上はそうかもしれないけど、内面の変化を描く映画だってあなたも言ったじゃない。
だから内面の変化を促すものが必要なんだよ。ただ忙しがっているんじゃなくて、自分を見つめる時間をつくれってことさ。手に取ったことのない本を読むとか、知らない土地へ旅をするとか。
それで、東京駅に来たのね。
いや、うちに帰るだけ。


ブログランキング参加中。クリックをぜひ、ひとつ。

東京駅八重洲口バス停



ふたりが乗ったのは、都バス<東16系統>
東京駅八重洲口⇒通り三丁目⇒八丁堀二丁目⇒亀島橋⇒新川⇒住友ツインビル前⇒リバーシティ21⇒佃二丁目⇒月島駅前⇒新月島公園前⇒日本ユニシス本社前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒深川五中前⇒東雲橋交差点⇒東雲一丁目⇒ジャパン・エア・ガシズ前⇒東雲都橋⇒都橋住宅前⇒かえつ有明中高前⇒有明二丁目⇒有明テニスの森⇒有明一丁目⇒フェリー埠頭入口⇒東京ビッグサイト









コメント (2)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 池86系統のバス停と25本の映... | トップ | 「ALWAYS 続・三丁目... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ぺろんぱ)
2009-05-09 20:45:26
TBをありがとうございました。

>ただの遊びになっている部分もあって、ちょっともったいない感じも

なるほど・・・確かに、活かされていたキャラクターは限られていましたものね。「目からウロコ」的に深く頷いて読ませて頂きました。

>「うっとうしい女は、いちど社会から隔離・・・

自分をうっとうしいと感じたら、いちど社会から“隔離されてみる”に限る、とも言いたい私です。^_^
ぺろんぱさんへ (ジョー)
2009-05-10 19:24:22
>自分をうっとうしいと感じたら、いちど社会から“隔離されてみる”に限る

うっ、なんという含蓄のあることば。
冗談でなく、じっくりかみしめてみたいと思います。

コメントを投稿

★東16系統(東京駅~ビッグサイト)」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

真・映画日記『クワイエットルームにようこそ』 (          )
10月21日(日)◆600日目◆ 渋谷シネマライズで松尾スズキ監督の『クワイエットルームにようこそ』を見る。 前作『恋の門』と比べて映画らしくなっているが、 作品の出来はいまいち。 フリーライター佐倉明日香(内田有紀)は睡眠薬の過剰接種でオーバードーズ...
クワイエットルームにようこそ(映画館) (ひるめし。)
わたしは ここ で生まれ変わるのだ
映画『クワイエットルームにようこそ』 (健康への長い道)
今年30本目は、内田有紀主演・松尾スズキ監督の『クワイエットルームにようこそ』を梅田ブルク7で。 Story 佐倉明日香(内田有紀)は28歳バツイチのフリーライター。同棲相手の売れっ子放送作家・鉄雄(宮藤官九郎)のツテでようやく手にした8連載コラムの執筆には行き...
『クワイエットルームにようこそ』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします → 『クワイエットルームにようこそ』 (本館) 【監督】松尾スズキ 【脚本】松尾スズキ 【原案】松尾スズキ 『クワイエットルー...
映画「クワイエットルームにようこそ」 (happy♪ happy♪♪)
個性あふれる豪華キャストで それぞれの役どころがとてもおもしろかったです{/face_warai/} 何とも言えない笑いが「松尾ワールド」の良さなのかな{/eq_1/}{/eq_1/} ひとつ心残りは (個人的なそれも小さな小さな事ですが{/face_ase2/}) エンドロールでハリセンボ...
クワイエットルームにようこそ 82点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
まるでキチガイ病院だ! 公式サイト 舞台をメインフィールドに作家、演出家、俳優として活躍している松尾スズキによる同名小説を、自身の脚本・監督によって映画化。 松尾の監督作品としては、オタクの恋愛を描いたシュールブラックコメディ映画『恋の門』に続く二...
映画「クワイエットルームにようこそ」 (日々のつぶやき)
監督:松尾スズキ 出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、大竹しのぶ、妻夫木聡 「フリーライターの明日香。締め切りに追われるある日、目が覚めたら見知らぬ白い部屋の中にいた。手足を縛られた状態で、何があったか思い出そうとしていると入ってきたのは看...
● 「クワイエットルームにようこそ」 (月影の舞)
映画「クワイエットルームにようこそ」を観た。 精神科病院の女性ばかりの閉鎖病棟という 特殊な空間でのお話。 日本では、精神病ものってタブーな風潮が あるのに、これだけ大胆に撮った映画も 珍しいのではないだろうか。 重いテーマを根底に敷き...
[映画]クワイエットルームにようこそ (お父さん、すいませんしてるかねえ)
「恋の門」、そういやまだ見てねえ。 あらすじを簡単に 28歳のライター明日香。 忙しい毎日に病む精神を睡眠薬で黙らせながら格闘していたが、突然記憶が蒸発。 目が覚めると、「クワイエットルーム」と呼ばれる女子だけの閉鎖病棟内にある部屋の中で、拘束具の上。 つま...
[映画]クワイエットルームにようこそ (お父さん、すいませんしてるかねえ)
「恋の門」、そういやまだ見てねえ。 あらすじを簡単に 28歳のライター明日香。 忙しい毎日に病む精神を睡眠薬で黙らせながら格闘していたが、突然記憶が蒸発。 目が覚めると、「クワイエットルーム」と呼ばれる女子だけの閉鎖病棟内にある部屋の中で、拘束具の上。 つま...
【2007-150】クワイエットルームにようこそ Welcome to The Quiet Room (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 佐倉明日香 28歳・ライター・バツイチ めくるめく 再生の14日間 わたしは ここ で 生まれ変わるのだ
クワイエットルームにようこそ (B-scale fan's log)
公開中 松尾スズキ監督 内田有紀主演     出演 工藤官九郎、蒼井優、大竹しのぶ、     りょう、高橋真唯、妻夫木聡 満足度 5.0 宿泊地近くの川崎で鑑賞。 他に見たい候補は有ったのですが、 地元の劇場はコンサバな作品しか上映しないので、 この作品を...
クワイエットルームにようこそ (C note)
やっとこさ上映中のリンチ最新作『インランド・エンパイア』も観たんだけども、先に
【劇場映画】 クワイエットルームへようこそ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 佐倉明日香は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり、同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら、真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。やってきたナースに「アルコールと睡眠薬の過剰...
クワイエットルームへようこそ(07・日) (no movie no life)
魔法の靴に導かれて。 28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は気がつくと精神病院の真っ白い部屋・クワイエットルームに身体拘束されて寝かされていた。閉鎖病棟で過ごすことに戸惑う明日香だが、恋人鉄雄(宮籐官九郎)と話していく中で、記憶にはない自分の行動が...
「クワイエットルームにようこそ」(日本 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
目が覚めたら記憶が覚束ない、 そして身体は動かない。 ・・・クワイエットルームのベッドの上で~~~「クワイエットルームにようこそ」
クワイエットルームにようこそ (映画通の部屋)
「クワイエットルームにようこそ」製作:2007年、日本 118分 監督、脚本:松
クワイエットルームにようこそ (future world)
笑えるんだけど笑えない、痛くもシュールな・・・ ‘哀しい女の物語’に泣きそうになりました。 ‘クワイエットルーム’とは精神病棟の隔離部屋のことだったんだ。。。 この映画の初っ端はいきなり‘クワイエット’とは相反するツカミで、 いや~、これから何が始...
『クワイエットルームにようこそ』 (カエルノセカイ)
雑誌ライターの明日香(内田有紀)は、見知らぬ天井を見上げていた。 白く無機質なその部屋は、閉鎖病棟の拘束室。通称“クワイエットルーム”だった。 自分がなぜ、精神病院の閉鎖病棟で拘束されてるのかがわからず、困惑する明日香。 「あなたはOD(オーバードーズ=...
『クワイエットルームにようこそ』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:松尾スズキ出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶ公式サイトはこちら。<Story>佐倉明日香(内田有紀)は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり、同棲相手(宮藤官九郎)ともすれ違いが続く...
#151.クワイエットルームにようこそ (レザボアCATs)
“大人計画”の松尾スズキ監督・脚本作品、『恋の門』』以来3年ぶりにあたる。この濃さがハマる人にはハマるし、ダメな人には全くダメってヤツかもしれない。私はというと、面白くて笑ってるうちに、だんだん本気になって見入ってしまった。えぐられた。
クワイエットルームにようこそ(-_-)zzz (銅版画制作の日々)
  Welcome to The Quiet Room ようこそ、この世界の果てのワンダーランドへ   10月30日、MOVX京都にて鑑賞。あの「大人計画」の主宰者、松尾スズキが、原作・脚本・監督を手がけた作品「クワイエットルームにようこそ」、主役には9年ぶりの長編映画に...
クワイエットルームにようこそ (次は何を観ようかな ~なりのオススメDVD~)
クワイエットルームにようこそ三十路まえのバツイチライター・明日香はある日、見たこともない一室で目を覚ます。そこは精神病院の閉鎖病棟の一室「クワイエットルーム」。じつは明日香は恋人と別れ話になった際に、ムシャクシャして精神科から処方された薬をオーバードー...
『クワイエットルームにようこそ』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ佐倉明日香は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。アルコールと睡眠薬の過剰摂取により丸2日間昏睡状態だっ...
◆DVD・クワイエットルームにようこそ (映画大好き☆)
クワイエットルームにようこそ監督:松尾スズキ出演者:内田有紀、 宮藤官九郎、 蒼井優、 りょう収録時間:118分レンタル開始日:2008-03-19Story芥川賞にもノミネートされた松尾スズキの同名小説を、自ら監督・脚本を務め映画化。人生に行き詰まった28歳の女性が“クワ...
「クワイエットルームにようこそ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
「1980」に続き、蒼井優ちゃんが出演してる作品をもう1本。 こっちの主演は内田有紀。