【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」:立川バス停付近の会話

2010-06-16 | ★業10系統(新橋~業平橋)

こんなところに鎌倉があるとは思わなかったな。
鎌倉?鎌倉って、有名な芸能人の名前かなにか?
おいおい、「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」に出てくる安藤サクラみたいなこと、言うなよ。
彼女は“網走”を、芸能人の名前と勘違いしたのよ。
無知ということでは、似たようなもんだ。
無知で無学な男の子二人とちょっと頭のイカレた女の子一人が成り行きから網走をめざすという映画が「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」。
男二人を松田翔太、高良健吾が、女一人を安藤サクラが演じている。
男二人に女一人の組み合わせといえば、「冒険者たち」「明日に向って撃て!」の昔からロードムービーの定番よね。
男二人がイケメンていうところもな。
女一人もだいたい美人って相場が決まっているんだけど、今回ばかりはそうじゃなかった。
女まで美人にすると話がきれいになりすぎるんで、監督が敢えて避けたんじゃないか。
うん。「冒険者たち」や「明日に向って撃て!」と違って、ロマンもへったくれもない映画だったもんね。
施設上がりで、簡単な計算もできなければ、自分たちじゃあ人生も選べないような最底辺にいる若者たちのドンヅマリの話だからな。
何かを壊すことでしかこの世界を変えられないと思っている。
その彼らの仕事が電動ブレーカーでひたすら壁を壊す仕事だっていうのも皮肉だ。
とうとうこらえ切らなくなって、盗んだバイクで荒涼たる北海道を目指す。
自分たちを覆っているなにかを壊しに。
でも、それがなんだかわからない。
監督が「ゲルマニウムの夜」の大森立嗣だから暗い映画になるんだろうなあと思っていたら、予想通りだった。
心に何かざらりとした鬱屈が残るというのも予想通りだった。
鬱屈というより、底知れない心の闇を表現していたのが、松田翔太の兄を演じた宮崎将。
松田翔太との再会シーンでは、信じられないような狂気を見せて、場面をさらった。
超低温でグツグツとたぎっているような、見たこともない狂気。
親切に物語を説明してくれる映画じゃないから、軽い気持ちでは観れないんだけど、一瞬出てくる洞口依子の表情とか、相変わらずマイナーな新井浩文とか、実は見るべきものがいっぱいある。
もちろん、いちばんの収穫は、主役の三人だ。
アンサンブルがとにかく絶品。
松田翔太や高良健吾がここまでいい俳優だとは思わなかったな。
安藤サクラがうまいのは知ってたけどね。
でも、「告白」「アウトレイジ」と続いて、さらにまたこういう寒々しく閉塞した映画を観ちゃうと、映画の出来に関係なく、日本っていう国はだいじょうぶかよと思っちゃうな。
閉塞日本三部作とでも呼びたいような映画群だもんね。
告白」はその子ども編、「アウトレイジ」はそのおとな編、「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」はその若者編っていう感じね。
ケンタとジュンとカヨちゃんの国、日本。
“鎌倉”が何かも知らない女のいる国、日本。
知ってるわよ。“いいくにつくろう、鎌倉幕府”でしょ?
いいくにかあ・・・。






このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前


コメント (4)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 「アウトレイジ」:菊川駅前... | トップ | 「闇の列車、光の旅」:緑三... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねね)
2010-06-16 22:01:24
三人でたき火を囲むシーン。カヨちゃんが今日は誕生日と言って、ハッピーバースデーを歌ってもらい、ありがとうと言うシーンで涙がでてきました。
■ねねんさんへ (ジョー)
2010-06-20 18:58:45
男二人はもちろん、カヨちゃんにも哀しいほどの存在感がありましたね。いいシーンでした。
暗ーいんだけど (rose_chocolat)
2010-06-22 01:00:07
何故か嫌いになれない映画っていうか。。。
ただ、この環境がガチなら困っちゃうけどね。
■rose_chocolatっさんへ (ジョー)
2010-06-23 21:08:56
暗いですよねえ。
でもこの暗さ、結構クセになるんですよねえ。
大森監督の映画はきっと次もまた観てしまうような予感がします。

コメントを投稿

★業10系統(新橋~業平橋)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

ケンタとジュンとカヨちゃんの国 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。大森立嗣監督、松田翔太、高良健吾、安藤サクラ、宮崎将、柄本佑、洞口依子、多部未華子、美保純、山本政志、新井浩文、小林薫、柄本明。ケンタ(松田翔太)とジュン(高良健吾)は同じ施設で育てられた幼馴染。「MW-ムウ-」やその亜流の「コインロッカー・ベイ...
「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」すべて、ぶっ壊す。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 人生を選べずに生きてきた若者たちの、絶望的な旅の物語。「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」(リトルモア)。『すべてをぶっ壊して“ここ”から抜け出す』彼等の決断を待ち受けていた結末は?  ケンタ(松田翔太)とジュン(高良健吾)は、親のいない子供たちの施設で...
ケンタとジュンとカヨちゃんの国 (単館系)
孤児院で兄弟のように育ったケンタ(松田翔太)とジュン(高良健吾)は、電動ブレーカーでひたすら壁を壊すだけの解体現場で働く日々を送っ...
ケンタとジュンとカヨちゃんの国 (LOVE Cinemas 調布)
現代に生きる若者のやり場のない鬱屈とした気持ち、それらが爆発した先には一体何があるのだろうか…。孤児院で兄弟のように育ったケンタとジュンの2人の旅の様子を描いた青春ロードムービーだ。主演は「ライアーゲーム」の松田翔太と『ボックス!』の高良健吾。共演に...
ケンタとジュンとカヨちゃんの国 (あーうぃ だにぇっと)
5月24日(月)@九段会館で鑑賞。 本日もまた、定時後に社長に呼ばれて出発が遅れる。 開場時間の少し後に到着。 長蛇の列ができていて最後尾は道にはみだしていた。 玄関ホール横で行列が無くなるのを待つ。 暇だから前を通る人の男女比を計測。 今日も女性がす...
[映画][2010年]ケンタとジュンとカヨちゃんの国(大森立嗣) (タニプロダクション)
池袋テアトルダイヤ 監督・脚本:大森立嗣 出演:松田翔太 高良健吾 安藤サクラ他 撮影:大塚亮 音楽:大友良英 プロデューサー:土井智生 吉村知己 中野朝子 配給:リトルモア http://www.kjk-movie.jp/ 点数=☆☆☆★★ てか今年、荒戸源次郎氏が「人間失格」で監...
『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:大森立嗣出演:松田翔太、高良健吾、安藤サクラ、宮崎将、柄本佑、洞口依子、多部未華子、美保純、山本政志、新井浩文、小林薫、柄本明試写会場 : 九段会館公式サイ...
ケンタとジュンとカヨちゃんの国 (映画的・絵画的・音楽的)
 映画雑誌『映画芸術』春号の表紙にもなっているので、必ずや内容もいいに違いないと思い、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を渋谷のユーロスペースで見てきました。 (1)この映画は、社会の底辺で生きる若者3人が、希望のない悲惨な生活を抜け出して網走に向かっ...
ケンタとジュンとカヨちゃんの国 (食はすべての源なり。)
ケンタとジュンとカヨちゃんの国 ★★★★☆(★4つ) はい、私好きです。映画館に観に行こうかとも思ったけど、じっくり一人で観たくて。 施設で育ったケンタとジュンは中卒の解体業者。先輩にはバカにされ給料も搾取され、「人生を選べない人間」。(ビルを)壊し...