【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「サマーウォーズ」:東砂四丁目バス停付近の会話

2009-08-01 | ★亀29系統(なぎさニュータウン~亀戸駅)

小学校も夏休み真っ最中ね。
子どもたちも映画館に行くのかな。
夏休み映画の名作といえば、何と言っても「学校の怪談」。
あれは、よかった。わかりやすくておもしろく、しかもおとなが観ても勇気をもらえる。校庭に幕を張って野外映画会でも催してほしいくらいの名作だ。
その「学校の怪談」の脚本家、奥寺左渡子の新作が「サマーウォーズ」。
あ、「時をかける少女」の監督、細田守の新作とは言わないんだ。
「時をかける少女」の脚本も奥寺左渡子よ。
この二人がタッグを組めば最強コンビだもんな。おもしろくならないわけがない。
今回は、ひょんなことから長野の旧家で夏を過ごすことになった高校生が仮想世界で起きた事件から地球を守る羽目になるという物語。
その旧家がやたら大家族で、たしかに田舎って何かあるとすぐ一族郎党が集まるんだよなあ、と感慨深く観ていると、大家族であることが後半の重要な鍵になってくる。
しかも、田舎ってみんなが集まると、すぐ、おらが国さの戦国武将の自慢話が始まるのよね。
そんな、何世紀も前の武勇伝を聞かされてもなあ、ってうんざりするんだけど、この映画ではそれも事件解決の大きな伏線になっていた。
高校生が数学の秀才だとか、この家では昔から花札が盛んだとかいった、ひとつひとつの挿話が、話の展開の中できちんと生かされていて、さすが奥寺左渡子の脚本だって感心しちゃう。
一部のアニメ作品に見られるような、わかる人さえわかればいい、っていう排他的な姿勢じゃなくて、万人にわかりやすいように趣向を凝らし、不自然なところのない平明なストーリーになっている。
中心をなす事件は、仮想世界で起きるアバター同士の戦いなんだけど、高校生がパソコンに向かうのは、のんびりした長野の田舎だっていう設定が味わいをいっそう深くしている。
田舎だけに、パソコンって言っても役所用のスーパーパソコンだったり、イカ釣り船の電源が生きたり、自衛隊の駐屯地から装甲車を持ってきたり、未来的な事件を解決するのに、後進的に見える地方の置かれている状況が役立つっていうところが皮肉っぽくて、なんとも愉快に映る。
そして、切り札として登場する花札。日本の古風なゲームと21世紀的なゲーム世界とのミスマッチ。その驚くべき素晴らしさ。
素晴らしいと言えば、アバターも含めた仮想世界の造型には圧倒される。
「時をかける少女」でも、時空が狂うときの時計の表現のシャープさには目をみはったけど、今回はその感覚が全面開花した。
あの怒涛のようにカラフルな世界観は、日本が営々と築いてきたアニメ、ゲーム、グラフィックデザインの技術の集大成と言ってもいいくらいだ。
あら、麻生首相が聞いたら大喜びしそうな感想ね。
あれ、まだ首相だった?
選挙は、まだよ。
あ、そう。
・・・。
あー、アニメの造型といえば、「千と千尋の神隠し」がひとつの到達点なんだけど、この映画、まったく違う方向でもうひとつの到達点に立ったと言えるんじゃないか。
そして心に残るのは、サイバーな世界とリアルな世界の境界がなくなるような時代になっても、大切なのは人々の結びつきなんだという、その一点。
力を合わせることをあきらめるな!
って、ひとことで言ってしまうと陳腐なんだけど、そんなことも素直に受け入れてしまえるような、さわやかな映画だった。
この夏休み、小学生から老人にまで薦めたい映画だな。
そうは言っても、小学生やお年寄りには、仮想世界はちょっと理解しずらいんじゃない?
そんなことはないだろう。なにしろ、重要な役どころのおばあさんの声を、富司純子がやっているくらいだ。
そう、そう。あのおばあさんがまたチャーミングだった。
富司純子と言えば、「緋牡丹博徒・花札勝負」なんていう映画もあったしな。
花札つながり?でも、あれは藤純子のころでしょ。
お、よく知っているな。ひょとして彼女と同年齢か。
失礼ね。そんなこと、言ってると、あなたと私の間で始まるわよ。
何が?
サマーウォーズ。






この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<亀29系統>
なぎさニュータウン⇒南葛西小学校前⇒堀江団地⇒堀江団地入口⇒葛西南高校前⇒新田⇒第四葛西小学校前⇒葛西駅通り⇒中葛西五丁目⇒西葛西六丁目⇒西葛西駅前⇒スポーツセンター前⇒宇喜田⇒葛西橋東詰⇒東砂六丁目⇒旧葛西橋⇒東砂四丁目⇒亀高橋⇒北砂四丁目⇒境川⇒北砂二丁目⇒北砂三丁目⇒大島一丁目⇒西大島駅前⇒五ノ橋⇒亀戸駅通り⇒亀戸駅前





コメント (2)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
« 「湖のほとりで」:旧葛西橋... | トップ | 「愛のそよ風」:亀高橋バス... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
花札つながり (筆致 刻久)
2009-08-13 18:09:49
ジョーさん、またおじゃまします。
この映画、私の今年のこれまでのベスト・ワン映画です。
そういえば、藤純子さんは吉永小百合さんとともに私のアイドルでした。「緋牡丹博徒・花札勝負」が藤純子主演のベスト作品でしよう。加藤泰監督も大ファンで観まくりました。
花札連想を気づくなんて、さすがジョーさん!
■筆致 刻久さんへ (ジョー)
2009-08-13 22:49:36
そりゃあ、藤純子といえば、「花札勝負」でしょう。
健さんと心を通わすシーンなんて、
わが生涯の名場面です。
(じつは封切り時に観ているわけでないのが
後ろめたいところですが)

コメントを投稿

★亀29系統(なぎさニュータウン~亀戸駅)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

44 トラックバック

サマーウォーズ (そーれりぽーと)
『時をかける少女』で06年夏の話題をさらった細田守監督の新作と聞けば、あの映画を観た人は期待せずには居られないっしょ? 『サマーウォーズ』を観てきました。 ★★★★★ イイ。  『時かけ』よりもさらにイイ! 冒頭、『時かけ』を彷彿とするカウント音で期待を沸...
「サマーウォーズ」みた。 (たいむのひとりごと)
風景と高校野球以外はどの辺が「サマー」かなぁーではあるけれど、この夏、自信を持ってお奨めできるアニメ映画だと思う。現在から近未来的な題材での出来事ながらも、どこか昭和の香りがするような、進化していくモ
劇場鑑賞「サマーウォーズ」 (日々“是”精進!)
「サマーウォーズ」を鑑賞してきました2006年の「時をかける少女」が評判を呼んだ細田守監督が、再び奥寺佐渡子(脚本)、貞本義行(キャラクターデザイン)とタッグを組み、気弱な理系少年の思いも寄らぬひと夏の大冒険を描くSF青春アドベンチャー。ひょんなことか...
『サマーウォーズ』 (めでぃあみっくす)
腹が減っては戦はできぬ。一人でも戦はできぬ。だから「よろしくお願いします!」 あの『時をかける少女』の細田守監督の最新作は笑えて、泣けて、興奮して、そして笑顔になれる、個人的には前作を超えた邦画史上最高傑作と賞賛したいくらいに素晴らしすぎるほど素敵な映...
ぼくらのサマーウォーズ! (ひびレビ)
「サマーウォーズ」観てきました。映画館に行ったらかなりのお客さんがいて、凄い人気だなと思ったら、大半が忍者やポケモンでした(汗。大体15人くらいかな? さて映画。数学だけが取り柄の主人公は、憧れの先輩の恋人役を引き受けることに。さらにネットの世界で起こっ...
『サマーウォーズ』 (ラムの大通り)
----この映画って、 6月ごろからマスコミ向けにラッシュ試写とかいうのが行われて でも、これってまだ完成品じゃないから 個人ブログでは書かないでねの お願いがあったという作品だよね。 「うん。ぼくは 締め切りの必要性に迫られていたわけでもないし、 未完成の作品よ...
「サマーウォーズ」 あんたならできる (はらやんの映画徒然草)
口コミで次第に観客を集め、単館公開ながらロングランとなった「時をかける少女」の細
[映画感想] サマーウォーズ (混沌-chaos-という名のクロニクル)
サマーウォーズ (角川文庫)(2009/07/25)岩井 恭平商品詳細を見る 今日公開のサマーウォーズをさっそく見に行きましたので感想を書きたいと思いま...
【サマーウォーズ】レトロとITと戦いと・・・ (映画@見取り八段)
サマーウォーズ~SUMMER WARS~ 監督:  細田守 出演:  神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、仲里依紗、富司純子       公開: 2009年8...
どんなに時代が進んでも・・・。『サマーウォーズ』 (水曜日のシネマ日記)
サイバーテロに立ち向かう人たちの物語です。
サマーウォーズ (悠雅的生活)
悠雅的生活 夏休み特別企画。
『サマーウォーズ』 ('09初鑑賞101・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 8月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 16:15の回を鑑賞。
「サマーウォーズ」世界の危機を理解した家族が1つの強い絆なり戦った世界を守る戦い (オールマイティにコメンテート)
1日公開の映画「サマーウォーズ」を鑑賞した。 この映画は仮想世界(ヴァーチャルワールド)を舞台にした ストーリーで仮想世界で起こったハッキング事件に 天才的数学力のある少年と家が代々武家生まれの少女と その家族たちが仮想世界で起こった ハッキング事件に...
サマーウォーズ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!
サマーウォーズ (ともやの映画大好きっ!)
【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★★☆) アニメーション監督・細田守×キャラクターデザイン・貞本義行×脚本・奥寺佐渡子。 2006年の日本アカデミー賞・アニメーション作品賞を初め、国内外の各映画・アニメ賞など23冠を獲得した「時をかける少女」スタッフが放つSF...
サマーウォーズ (だらだら無気力ブログ)
2006年に単館公開から始まり、最終的にのべ100館以上でロングランヒットした 『時をかける少女』の細田監督が前作に引き続き、脚本・奥寺佐渡子、 キャラクターデザイン・貞本義行とともにチームを組み、数学が得意な気弱な 高校生がある事をきっかけに世界に迫る危機に...
[映画☆☆☆☆★]サマーウォーズ (タニプロダクション~決断のとき~)
観に行った時終了後場内で拍手が起こって、隣に座っていた若い女性2人組は涙して、「また観に来る」と言ってました。 監督:細田守 脚本:奥寺佐渡子 声の出演:神木隆之介 桜庭ななみ 谷村美月 富司純子他 主題歌:山下達郎 配給:ワーナー・ブラザーズ 池袋HUMAXシネマ...
サマーウォーズ (映画君の毎日)
●ストーリー●天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった。しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒さ...
サマーウォーズ (Akira's VOICE)
世界危機の夏。恋する夏。  
黒電話、こいこい、お願いしま~す!~「サマーウォーズ」~ (ペパーミントの魔術師)
いや、もうサイコーでした。 むっちゃハマリました♪ 面白くてハラハラしてうるうるしました。 腹が減っては戦はできぬ。 ・・・とばかりにあの状況でみんなでご飯。スゲー。 でも大切なのは落ち着くこと。 いけないことは おなかをすかせてることと ひとりでいること...
「サマーウォーズ」 (俺の明日はどっちだ)
“本当の意味での二代目”“正統な続編”と筒井康隆から評価された前作「時をかける少女」で大きく注目された金沢美大出身の細田守監督による最新作。 舞台は日本の原風景を感じさせる長野県の田舎にある由緒ある旧家。 そこに恋心を持つ憧れの先輩とともに訪れた主人公...
『サマーウォーズ』七夕完成披露試写会@新宿バルト9 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、監督:細田守(時をかける少女)、キャラクターデザイン:貞本義之(新世紀エヴァンゲリオン)、音楽:松本晃彦(踊る大捜査線)が送る...
サマーウォーズ (SUMMER WARS) (yanajunのイラスト・まんが道)
『サマーウォーズ』は、『時をかける少女』を手がけて一躍注目を浴びたアニメーション監督・細田守さんの最新作です。 キャラクターデザイン・貞本義行さん、脚本・奥寺佐渡子さんなど、『時をかける少女』のスタッフが再結集しました。 先日、劇場に観に行きました。 ●...
「サマーウォーズ」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
ニッポンの技術と団結力が世界を救う。「時をかける少女」がサプライズヒットとなった細田守監督待望の新作は、実に対照的とも言うべきスケールの大きな作品となっていた。なにしろ地球規模的な危機に襲われるのだから、それはマイケルベイやローランドエメリッヒもびっく...
「サマーウォーズ」を観る (紫@試写会マニア)
細田監督の新作「サマーウォーズ」を観てきました。劇場で見た予告編で、富司純子さん声で啖呵を切っているおばあちゃんの姿に惚れての観賞です。 山形だと庄内、長野だと上田、どうしてこうも映画化される場所ってきまっているのかな、歴史?風土?自然かしら?茨城と...
「サマーウォーズ」 (みんなシネマいいのに!)
 仮想都市OZが人々の生活に浸透している時代。 高校2年生の健二は、あこがれの先
「サマーウォーズ」 ( 映画は時代を映す鏡)
「サマーウォーズ」 ( 映画は時代を映す鏡)
「サマーウォーズ」 ( 映画は時代を映す鏡)
サマーウォーズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
特に目立ったイベントもなく、無駄に時間が過ぎていく夏休みなのに、、、何故か映画館に行く時間はとれない。子どもに振り回されっぱなしでおまけに得体の知れない毒虫に両足首を刺され(噛まれ?)、悲惨な目に・・・両足首が赤く腫れあがり、激しく痛み、歩けなくなり、...
映画「サマーウォーズ」 (FREE TIME)
映画「サマーウォーズ」を鑑賞しました。
サマーウォーズ■緋牡丹のお竜リターンズ (映画と出会う・世界が変わる)
もし、あなたが東映任侠映画が好きで、とりわけ藤純子の熱烈なファンであるなら、この映画は必見である。一家の主である栄おばあちゃんが映画において初めて登場するシーン、彼女の凛とした態度と口調は、矢野組二代目・矢野竜子が時を経てそのまま登場したようであり、一...
サマーウォーズ■戦いではなく「戦い方」の映画 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画では戦いが描かれる。栄おばあさんを中心とする一家と健二が戦う相手はサイバースペースの中の怪物である。バグのようなものであり、この相手には人格のようなものはない。従って、この戦いには「正義対悪」のようなものはない。むしろ、身内の中に悪があり、その...
【映画】サマーウォーズ (新!やさぐれ日記)
▼動機 数学戦争のような雰囲気に誘われて ▼感想 設定にいまひとつ説得力なし ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待って...
サマーウォーズ (メルブロ)
サマーウォーズ 276本目 2009-36 上映時間 1時間54分 監督 細田守 出演(声) 神木隆之介 桜庭ななみ 谷村美月  仲里依紗  富司純子  斎藤歩 会場 TOHOシネマズ 府中 評価 8点(10点満点)    あのアニメ映画の名作「時をかける少女」の細田守監...
サマーウォーズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『「つながり」 こそが、 ボクらの武器。』  コチラの「サマーウォーズ」は、「時をかける少女」の監督・細田守、キャラクターデザイン・貞本義行、脚本・奥寺佐渡子などが再結集した8/1公開のアニメ映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  評判の良かった...
サマーウォーズ (単館系)
アニメ「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督の最新作 「サマーウォーズ」 セカンドライフというものがあるらしい。自分はやっ...
サマーウォーズ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
サマーウォーズ’09:日本 ◆監督:細田守「時をかける少女」◆出演:神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、富司純子、 斎藤歩 ◆STORY◆小磯健二は少し内気で人付き合いが苦手な17歳。数学オリンピック日本代表の座をあと一歩で逃したことをいつまでも悔やんでいる理系...
サマーウォーズ <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 絵がキレーで可愛いぞぉ★全く 観る予定が無かったもんで 内容も知らぬまま 旦那が観たいと言うがままに観に行ったら かんなり おもろかったで仮想都市OZ って セカンドライフに似てるなぁ って思ってアバター作って ネット上で何でも出来ちまうという とん...
【映画】サマーウォーズ…これは良作。是非ジブリと世代交代してください。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}週末です。 一週間なんて割とあっという間に過ぎてしまうものですなぁ{/ase/}… で、今から書くのは先週の近況報告です{/ase/} 前の日曜日の2009年10月18日{/kaeru_fine/} 娘が「松本清張生誕100年記念学童書道展」ってので入賞したので授賞式に行ってき...
サマーウォーズ / 86点 / サスガ日本のアニメはレベルが高いっすね! (ゆるーく映画好きなんす!)
こういうアニメを観て育った子供達は、悪い子になるわけがないと思うのです! 『 サマーウォーズ / 86点 』 2009年 日本 120分 監督 : 細田守 脚本 : 奥寺佐渡子 【満足度】 ★★★★★★★★☆☆(86点) 少し、こどもっぽ過ぎるかな~っつーと
「サマーウォーズ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ロケーションが身近だったので、本筋以外でも楽しめました^^
サマーウォーズ (にき☆ろぐ)
今更ながらですが見ました細田監督の作品はデジモンぐらいしか見たことがない人間です映画としては面白かったです電脳世界の描き方やCGも綺麗だったし、そのギャップとしての大家...
『サマーウォーズ』 DVD鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった。しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒されながらも大役...