【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「空気人形」:堀割バス停付近の会話

2009-09-30 | ★草63系統(池袋駅~浅草雷門)

学校の前を通ると、ときどき代用教員の先生を思い出すな。
代用教員?
担任の先生が産休の間だけ子供たちを教えていた臨時教師。
そんな先生がいたの?
是枝裕和監督の「空気人形」にだって、昔、代用教員をしていたっていう老人が出てきたじゃないか。
そもそも「空気人形」って、代用品の話だもんね。
女性の代用品として男に抱かれる人形の話。
中身は空気だけの人形なのに、突然心を持って動き出してしまう。
その人形を取り巻く人間たちがみんな心に空洞を抱えているって対比がミソになっている。
代用教員だった老人もそうだし、人形を買った男もそうだし、人形とは直接関わってこない行きずりの老婆や中年OLまでが空洞を抱えている。
あからさまに「おまえの代わりなんていくらでもいるんだよ」って言われてしまう男もいる。
人形と人間、どっちのほうが人間らしいのかわからない。
そういう悲しい人々を演じるのが、富司純子や余貴美子や寺島進といった、芸達者な面々だっていうのがすごい。
あげくの果てに、オダギリ・ジョーまで出てくる。
でも、彼らのバック・ストーリーはほとんど語られないから、共感を抱くまではいかない。
もったいないわねえ。あんなに輝いていない余貴美子を観たのって久しぶりな気がする。
そのぶん、圧倒的な存在感で目を引くのが、主役の人形を演じるぺ・ドゥナ。
いくらでも陰惨な展開になりそうな物語なのに、彼女の持ち味のせいか、是枝監督の演出のせいか、妙に明るい映画になった。
人形をあんなに自然に演じる女優を初めて見た気がする。
ぺ・ドゥナは韓国人だから、日本語がたどたどしいんだけど、それがまた役柄に合っている。
あんなチャーミングな人形ならそばにいてもいいかなと思ってしまう。
そっ、それってちょっと問題発言。
あ、はい。
でも、恋する男が現れて、空気を抜かれたり、息を吹き込まれたりしながら抱かれるっているラブシーンは秀逸だった。
ぺちゃんこになったり、またふくらんだり。ぺちゃんこになったり、またふくらんだり。
そうして、男の息が体の中に充満していく。
切なくも美しい名場面。
文字通り、好きな人の息で体を満たしちゃうんだから、ある意味、理想的な恋よね。
でも、愛嬌のあるぺ・ドゥナだから、どこかユーモラス。
人形の悩む姿を通して語りたいのは、心の中にぽっかりと空虚を抱えていてこそ人間なんだ、っていうことなんだろうけど、ファンタジー色が強いから、そこまで深い洞察を与えられない。
周りの人々とのちょっと中途半端な関わり方を含め、構成に緻密さが足りなかったかな。
代用品の普遍的な悲しみが映画から沁み出てくるまでいかない。
いくらでも代わりのいる代用品・・・。
それで、あなたの知ってる代用教員の先生はどうなったの?
産休の先生が戻ってくるとともに、どこかへ消えていった。
空気のように?
ああ、空気のように。



この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<草63系統>
池袋駅東口⇒豊島区役所前⇒上池袋一丁目⇒上池袋三丁目⇒上池袋四丁目⇒堀割⇒西巣鴨⇒新庚申塚⇒巣鴨四丁目⇒とげぬき地蔵前⇒巣鴨駅前⇒巣鴨駅南口⇒本駒込六丁目⇒千石一丁目⇒本駒込二丁目⇒白山五丁目⇒東洋大学前⇒白山上⇒駒込千駄木町⇒千駄木一丁目⇒団子坂下⇒千駄木三丁目⇒道灌山下⇒西日暮里駅前⇒西日暮里五丁目⇒西日暮里一丁目⇒荒川四丁目⇒荒川三丁目⇒荒川区役所前⇒荒川一丁目⇒大関横丁⇒三ノ輪駅前⇒竜泉⇒千束⇒西浅草三丁目⇒浅草公園六区⇒浅草一丁目⇒浅草雷門


コメント (4)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« 「リミッツ・オブ・コントロ... | トップ | 「あの日、欲望の大地で」:... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (kira)
2009-10-04 12:21:56
音楽と映像と役者が全部揃って、
この作品を芸術的な雰囲気にしていましたね♪
ちょっとキヌ・ギドク監督作品みたいな感じも受けましたが、
不思議と後味は悪くなかったです。
■kiraさんへ (ジョー)
2009-10-04 18:05:28
たしかにちょっとキム・ギドクを思い出すかもしれません。彼ほど病的な感じはしませんが。ちょっと考えるとかなり暗い話なのに、どこか明るかったですね。
こんばんは (未来)
2009-10-19 00:07:48
陰鬱なテーマだけど、ペ・ドゥナ(空気人形)の可憐さで
明るさを保ってる感じでした。
これほどの‘人形の演技’を観たことはありません。。
■未来さんへ (ジョー)
2009-10-20 21:51:43
ぺ・ドゥナは、しぼんでいくときの演技まで見ものでしたね。
日本の女優にもがんばってほしいものです。

コメントを投稿

★草63系統(池袋駅~浅草雷門)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

40 トラックバック

『空気人形』・・・空っぽな代用品の心を満たすのは (SOARのパストラーレ♪)
新宿バルト9での初日舞台挨拶に、昨年の『歩いても歩いても』の時と同じく是枝ファンつながりの友人と出掛けた。ちなみに原作短編コミックを読み終えての鑑賞。
映画『空気人形』(お薦め度★★) (erabu)
監督・脚本・編集、是枝裕和。2009年日本。ファンタジー映画。出演、ペ=ドゥナ(
『空気人形』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督・プロデューサー・脚本・編集:是枝裕和原作:業田良家出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也鑑賞劇場 : CINECITTA公式サイトはこちら。<Story>古びたアパートで持ち主の秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ぺ・ドゥナ)は、....
空気人形 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 愛する人の息で膨らむペ・ドゥナの高揚していく表情がいいね!
~『空気人形』~ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、業田良家原作、是枝裕和監督&プロデューサー&脚本&編集、ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、余貴美子、高橋昌也共演。
『空気人形』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
空気の空は空虚の空、空疎の空?空気は風になり、息になる。人々も街も地球も呼吸をするのだ。2009年の日本映画のベスト1ほぼ確定。今年も是枝! 秀雄と暮らす空気人形ののぞみは、「心」を持ってしまう。 原作は、業田良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂空気人形」是...
【映画評】<!-- くうきにんきょう -->空気人形 (未完の映画評)
心を持ってしまった空気人形が“孤独”の息づく街・東京で繰り広げるラブ・ファンタジー。
『空気人形』 (めでぃあみっくす)
人はみんな空気人形。元々中身は空っぽ。でも「新鮮さ」という空気をもらうことで心も体も満たされていく、そんな生き物。 これまで実質的な「死」というフィルターを通して「生」を描いてきた是枝監督が少し路線変更をしたのか、「心を持たない」という精神的な死を通し...
空気人形 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。業田良家原作、是枝裕和監督、ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里、丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進、オダギリジョー、富司純子。もし現代の「蟹工船」に相当する作品があるとしたらこの作品こそふさわしいのかもしれ...
*空気人形* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2009年  日本 古びたアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、本来は持ってはいけない「心」を持ってしまう。彼女は秀雄が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街へと歩き出す。メイ...
空気人形・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「空気人形」って何かの比喩かと思っていたら、まさかそのまんまだったとは。 私が現代日本の映画作家でもっともハズレがないと思っているの...
空気人形 (to Heart)
私は「心」を持ってしまいました。 持ってはいけない「心」を持ってしまいました。 あなたの息で、私の カラダを 満たして… 製作年度 2009年 上映時間 116分 映倫 R15+ 原作 業田良家 『空気人形』(小学館刊『ゴーダ哲学堂 空気人形』所収) 監督/脚本 是枝裕和 ...
『空気人形』(是枝裕和監督/09年) (たいようの映画の感想)
空虚でも切なくても生きていくことが人生 心を持ったダッチワイフと人間たちの悲喜劇  まず最初に、この映画は何よりも主演でタイトル...
空気人形 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。やがて彼女はレンタルビデオ店で働く純一(ARAT...
燃えるゴミ、燃えないゴミ。~「空気人形」~ (ペパーミントの魔術師)
間違っても告っていきなりこの映画を デートムービーに選んではいけない。 ・・・終わったあとホンマに困るからね。 それだけ先に言うとくね。(誰に~~???) どうしても男女間で恋愛観って違うじゃないですか。 ラブドールを持つことをどうこう言うつもりはないで...
空気人形 (Diarydiary!)
《空気人形》 2009年 日本映画 ファミリーレストランで働く秀雄は空気人形と暮
空気人形 (まてぃの徒然映画+雑記)
前作「歩いても 歩いても」では日常の自然な姿を描いた是枝裕和監督は、今作で心を持ってしまった人形を主人公に見事なお伽話をリリカルに紡ぎ、今を生きる人々の空虚な心を描き出す。ボロ屋の二階で、中年男性(板尾創路)に<のぞみ>と名づけられたビニール製の人形は...
空気人形 (銅版画制作の日々)
 私は空気人形。空っぽな、誰かの「代用品」。 10月5日、京都シネマにて鑑賞。是枝監督作品7作目の劇映画となります。実は私は5作を鑑賞していました。95年の「幻の光」が、監督の初めての作品とは知らず鑑賞していたんですよね。 本作は大人向けのファンタジー...
透明な影~『空気人形』 (真紅のthinkingdays)
 クリスマス間近の東京。ファミレスで働く独り暮らしの秀雄(板尾創路)は、性欲 処理用のラブドール(ペ・ドゥナ)に「のぞみ」と名付け...
『空気人形』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
古びたアパートで持ち主である秀雄と暮らす空気人形。ある朝、本来持ってはいけない“心”を持ってしまう。秀雄が仕事に出かけると、洋服を着て、靴を履いて、街へと歩き出す。初めて見る外の世界で、いろいろな人間とすれ違い、つながっていく空気人形。ある日、レンタル
「空気人形」から見た世界は… (再出発日記)
君の見た世界は悲しいだけのものだった?君の目に世界は少しは美しかっただろうか?監督・プロデューサー・脚本・編集:是枝裕和原作:業田良家出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也世の人達に「私は空気人形なの」と告白すると、「実は僕も...
空気人形 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『空気人形』  (2009) = 古びたアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。 人形は、持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。 やがて彼女は、...
★「空気人形」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末もナイトショウへ行ってきました。 監督や出演者が最近よくテレビでプロモーションやってるので、 ついつい観る気になった作品。
『空気人形』 (・*・ etoile ・*・)
'09.10.09 『空気人形』@新宿バルト9 これは見たかった。ペ・ドゥナは好き。板尾さんも出てるし! オダジョーも出てるので、オダジョーファンのbaruを誘って行ってきた。 *ネタバレありです。 そして熱弁です 「"男性の性の処理をする代用品"の空気人形ノゾミは...
「空気人形」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2009年:アスミック・エース/監督:是枝 裕和) 「幻の光」、「誰も知らない」、「歩いても 歩いても」等の秀作を作り続けている是枝裕和監督の最新作は、なんと性欲処理用人形ラブド
空気人形 (future world)
‘空気人形’・・・ このマニアックなテーマの中に 美しくて儚く、暖かくて優しいもの・・・ そして時折見せる陰鬱さとのコントラストが とても心に残るのです。。。 “代わりなんていくらでもいる代用品”、そんな空気人形が‘心’を持ち、 人の心に触れ、風...
【映画】空気人形 (新!やさぐれ日記)
▼動機 掘り出し物感 ▼感想 絵本のような世界 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整...
『空気人形』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「空気人形」□監督・脚本 是枝裕和 □原作 業田良家(「ゴーダ哲学堂 空気人形」) □キャスト ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進、オダギリジョー、富司純子■鑑...
映画「空気人形」 (おそらく見聞録)
監督:是枝裕和(昔の作品も観てみようと思いました) 出演:ぺ・ドゥナ(☆)ARATA 板尾創路(◎)高橋昌也(◎)余貴美子(何気に効いていた) 出演:岩松了 星野真里 寺島進 柄本佑 オダギリジョー 丸山智己 奈良木未羽  中年の男が所持していたラヴ...
空気人形 (単館系)
心を持ってしまったお人形さんが主人公のお話。 私は空気人形、性欲処理代用品。 上記のようなせりふが出てきたり。 心を持った主人公は...
空気人形■ペ・ドゥナがいて初めて実現できた作品 (映画と出会う・世界が変わる)
無味乾燥、味気ない、美を感じないような高層マンションが立ち並ぶ東京の街の風景が、リー・ビンビンのキャメラによって見事な情緒ある風景として蘇る。心を持った空気人形からは「人魚姫」や「ピノキオ」やロボットもののSFが連想される。この映画はリー・ビンビンのキ...
「空気人形」 (俺の明日はどっちだ)
・ 『誰も知らない』『歩いても 歩いても』の是枝裕和監督が、業田良家のマンガを映画化し、主演に『リンダリンダリンダ』の韓国女優ペ・ドゥナを迎えたファンタジー作。 予告編を観ていた時点では、どこか『ラースと、その彼女』と共通な世界があるのかなと思っていた...
空気人形 (悠雅的生活)
あなたも あるとき私のための風だったかもしれない
「ラースとその彼女」と「空気人形」が出現した2009年 (映画と出会う・世界が変わる)
「ラースとその彼女」、「空気人形」と日米でラブドールが重要なモチーフ、登場人物となる映画が出た。「ラースとその彼女」ではラブドールがコミュニティを更に強くしていくことが描かれていたと思う。一方の「空気人形」ではラブドールが人間一人一人の存在の確かさを追...
「サマー・ウォーズ」と「空気人形」■2009年は富司純子の年であった (映画と出会う・世界が変わる)
「サマー・ウォーズ」と「空気人形」とに共通して出演して、印象に残る役柄を演じたのは富司純子である。「関東緋桜一家」で引退し、その後芸名を変えて再度銀幕に登場して以来、彼女が最も輝いたのが2009年のこの2作品であったといえよう。どちらも「人とのかかわり」と...
空気人形 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
空気人形’09:日本 ◆監督・脚本・編集・製作: 是枝裕和「歩いても 歩いても」「誰も知らない」◆出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也 ◆STORY◆古びたアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、本来は持ってはいけない「...
「空気人形」後をひく映画 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ペ・ドゥナに去年度の主演女優賞を差し上げます!(遅いっ・・・)
「空気人形」 心にぽっかり穴の開く映画 (ノルウェー暮らし・イン・London)
てっきり、空っぽの身体の中を、温かい空気でいっぱいに満たしてくれる映画だと思っていた。 パンパンに膨らんでいるときは、ふわふわとして楽しいけれど、穴が開いてしまうと、そこから空気はどんどんと抜けていき・・・・・・ こんなに美しい映像なのに。 こんなに可...
mini review 10469「空気人形」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナが空気人形役を熱演。共演者も『蛇...
是枝裕和監督 「空気人形」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
漫画家・業田良家原作「ゴーダ哲学堂 空気人形」を元に是枝裕和監督が撮った作品 劇場公開時から気になっていた作品。 だいぶ経ち、やっと観ました。 DVDレンタルがお手軽な値段になったので(^。^:) 公式サイト⇒http://www.kuuki-ningyo.com/index.html 【...