【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「めがね」:新宿四丁目バス停付近の会話

2007-09-23 | ★池86系統(東池袋四丁目~渋谷駅)

お、高島屋か。めがね売場行かなくちゃ。
どうして?
めがね買うんだ。
だから、どうして?
だって、映画の「めがね」の出演者はみんなめがねかけてたぜ。
だから、どうしてみんなめがねかけてたの?
どうして、って・・・どうしてだろうな。沖縄の離島に来て心が癒されていく女性の話なんだけど、めがねと関係が深い話じゃ全然ないしな。
荻上直子監督の前作「かもめ食堂」は北欧が舞台だったんで、こんどは南の島を舞台に癒しの映画をつくろうという意図はわかるんだけどね。
都会の暮らしで近視眼的な心になってしまった人たちが南の島にやってきてほんとうの生き方を見る目を回復するって意味で、みんなめがねをかけてるのかな。
でも、映画では何も説明しない。みんな、どこで何をしていた人々なのか全然説明しないのよね。
なんか「かもめ食堂」よりさらに純度の高い癒し映画になってきた印象だよな。
とにかく、「何も考えず、ここでたそがれてください」って言うね。
映画の中では「たそがれる」っていうことばがたくさん出てくるけど、そもそも「たそがれる」なんて日本語あるのか。
まあ、あるにはあるんだけど、「日が暮れて薄暗くなる」とか「盛りを過ぎて衰える」とかいう意味なのよねえ。
うーん、この映画の中で使われている意味とはちょっと違うような気がするな。
もっと何か、心地いいというか、人間的な状態を指している感じだもんね。
そうそう。よけいなものがどんどん抜け落ちていって、残ったのは心地よさだけという、ある意味、実に幸福な二時間だった。
なんだか、荻上監督ならではの映画の世界を確立しちゃったわね。
しかし、「かもめ食堂」は一応仕事としての食堂があったけど、この映画のかき氷屋はもう仕事の範疇を超えている。このまま純度をあげていったら浮世離れするぎりぎりの線だぜ。
いいじゃない、どうせ現実には浮世離れできないんだから、映画の中でひととき浮世離れしちゃったって。
ああ、いい夢見させてもらったよ。
世の中に疲れたら何度でも観たくなる映画よね。
ああ、どこで上映しているんだっけ?
テアトル・タイムズスクエア。
って、高島屋の入っているこのビルじゃないか。
そう、桃源郷は案外目の前にあるものなのよ。曇っためがねじゃ見えないかもしれないけどね。


ブログランキング参加中。クリックをぜひひとつ。

新宿四丁目バス停



ふたりが乗ったのは、都バス<池86系統>
東池袋四丁目⇒東池袋一丁目⇒池袋駅東口⇒南池袋三丁目⇒東京音楽大学前⇒千登世橋⇒学習院下⇒高田馬場二丁目⇒学習院女子大前⇒都立障害者センター前⇒新宿コズミックセンター前⇒大久保通り⇒東新宿駅前⇒日清食品前⇒新宿伊勢丹前⇒新宿四丁目⇒⇒千駄ヶ谷五丁目⇒北参道⇒千駄ヶ谷小学校前⇒神宮前一丁目⇒表参道⇒神宮前六丁目⇒宮下公園⇒渋谷駅西口⇒渋谷駅東口





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「包帯クラブ」:新宿伊勢丹... | トップ | 「プラネット・テラーinグラ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-24 22:26:33
 TB&コメント、どうもありがとうございました。

>都会の暮らしで近視眼的な心になってしまった人たちが南の島にやってきてほんとうの生き方を見る目を回復するって意味で、みんなめがねをかけてるのかな。

 なるほどーー!
 なんだかすごく説得力あります!

 浮世離れするぎりぎりの線ってのにも、同感です(笑)
 眠くてたまらない映画でもありました。
 もちろんこれは、ものすごくいい意味で、なんですが^^
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-09-25 21:08:57
■miyukichiさんへ
まあ、いろんな意味で解釈は観る人にまかされている映画ですよね。それぞれの人にそれぞれの「めがね」で見てください、ってことかもしれないし。
そんなこと考えずにボーッと観るのが実は正解かもしれないし。
もたいさんは自前。(笑) (Ageha)
2007-09-27 15:40:12
梅田ガーデンシネマの壁面に
映画の解説やポスターといっしょに
誰がどんなめがねをかけてたかも
紹介してあったんだけど
ほかの4人がなんたらの何色で値段がいくらでって
提供してくれた眼鏡店の宣伝になってるんだけど
彼女だけ自前。めがねも個性的でした。(笑)

メルシー体操もちゃんとふりつけを
考えた人が別にいるんだけど
ホンマにもたいさんが考案したんちゃうかっていう
雰囲気がありましたね。f(´-`;)

大貫妙子さんのうたうエンディングテーマも
眼鏡をかけてる人らの映画で
タイトルがめがねだったから
歌のタイトルも「めがね」にしたって
・・・そこまでたそがれるかという。(笑)
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-09-27 22:06:05
■Agehaさんへ
それって、もたいさんには提供してくれる眼鏡店がなかったってことですか。ありゃ。
めがねもそうですが、自然の中の話にしては、小道具がみんなあかぬけているんですよね。そこがミソかな。
こんばんは (ノラネコ)
2007-09-27 23:11:58
もはや完全に浮世離れしていたのでは(笑
私は完全なファンタジーと受け取りました。
気持ちは良かったものの、もう少し地に足をつけた描き方の方がよかったかな。
感情移入できる対象が無かったのが少々残念でした。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-09-29 12:03:20
■ノラネコさんへ
そうかもしれませんね。
あの民宿の収支決算書が見てみたい、なんていっても野暮な話ですしね。
でも、ホテル・マリンパレスのほうは妙な現実味がありました。
たそがれて~ (cyaz)
2007-10-01 17:35:19
ジョーさん、こんにちは^^

もしかしたら、その見えないめがねでしっかり自分を見つめてみなさいと言われているような気がしました。心の中の重い旅行ケースは置いてと(笑)
しかし、前作にも今作にもホントまったりさせていただきました! 近いうちに逗子・葉山方面でたそがれて来たいと思います~♪
コージは雌だったんですね(笑)
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-01 21:43:40
■cyazさんへ
逗子・葉山。いいですねえ、音羽の森なんてサイコーですよ。でも、ちょっと「めがね」の言うたそがれとは方向性が違うかな。
みんなそんなに疲れているのかな? ()
2007-10-02 09:59:51
結構 いい感想が多い中 ワタシだけヘソ曲がりしてる気がするんですが・・苦笑
自分にとっては この映画を観るより
熟睡したほうが 疲れが取れる気がします(笑)
もたいさんは けして嫌いではないけれど
他人には 寝顔をみられたくない・・(笑)
TBさせて頂きますね。よろしく。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-02 21:41:16
■猫さんへ
いやいや、いくらもたいさんでも寝てるところへ入ってこられちゃびっくりしますよね。田舎の人情ってことなんでしょうが、あれはちょっとほっといてって気になりますね。

コメントを投稿

★池86系統(東池袋四丁目~渋谷駅)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

50 トラックバック

映画「めがね」 (happy♪ happy♪♪)
  梅田ガーデンシネマで本日舞台挨拶があるという事で 朝早く整理券をもらいに行ったものの既に立ち見席 みんな何時に並んでたんだろう でも立ち見でも荻上直子監督、小林聡美さん、もたいまさこさん、市川実日子さんを 真近で観る事が出来、あの話題のメルシー...
めがね (eclipse的な独り言)
   非現実的な時間が流れています。「かもめ食堂」の二番煎じという方もいるかと思
めがね<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <ヤクルトホール> 監督:荻上直子 企画:霞澤花子 脚本:荻上直子 春。海辺の町の小さな空港に降りたタエコは、予約していた宿「ハマダ」へやってきた。出迎えた宿の主人の商売っけの無さに、とまどうタエコだったが・・・。 奇麗な海辺の町で、...
自分が自由になる方法。『めがね』 (水曜日のシネマ日記)
海辺の町にある旅館での生活を舞台にした物語です。
映画『めがね』 (健康への長い道)
昨日、会社帰りにシネリーブル神戸で『めがね』を鑑賞しました。 Story 春まだ浅い頃、タエコ(小林聡美)は南の小さな海辺の町の空港に降り立った。大きなトランクをゴロゴロ引き摺りながら、「あまりお客が増えないように」小さな小さな看板を掲げた宿ハマダにやって...
めがね (It's a Wonderful Life)
「理想の食堂」の次は「究極の宿」の映画でした。 「かもめ食堂」の萩原直子監督の最新作。 前作以上になーんにも起こらない、空気感に浸れる映画で、 「かもめ食堂」が気に入った方はきっと今回も気にいるんじゃないでしょうか。 「あんな食堂があったら行って...
めがね/小林聡美、もたいまさこ (カノンな日々)
大ヒット作『かもめ食堂』の荻上直子監督の待望も超待望の最新作!!!スタッフも再結集し主演女優も小林聡美さん、もたいまさこさんを再起用、さらに市川実日子さん、加瀬亮さん、光石研さんと素晴らしい個性派俳優を新たな迎え、荻上直子監督が描いてくれたのは素敵にた...
伊勢丹 (伊勢丹)
伊勢丹
新宿伊勢丹 (新宿伊勢丹)
新宿伊勢丹
めがね (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本   ドラマ&コメディ  監督:荻上直子  出演:小林聡美      市川実日子      加瀬亮      光石研 【物語】 春まだ浅い南の小さな海辺の町。空港に一機のプロペラ機が着陸した。 小さなバッグを手にタラップを降りてきためがねの女性は...
めがね [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「めがね」(荻上直子:監督・脚本)  を観てきました♪           (C) めがね商会  荻上監督、小林聡美さん、市川実日子ちゃん、  もたいまさこさんの4名の方が来場しての  舞台挨拶付きでした♪  前から4列目の席だったので、  すごく近くで...
『 めがね 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『  めがね 』 [試写会鑑賞] 2007年:日本 【2007年9月22日公開】[ 上映劇場  ] 監督:荻上直子 脚本:荻上直子 【キャスト】 小林聡美 市川実日子 加瀬亮 光石研 もたいまさこ 薬師丸ひろ子 公式サイト [出演者関連作品...
めがね(映画館/舞台挨拶付) (ひるめし。)
何が自由か、知っている。
映画「めがね」 (日々のつぶやき)
監督:荻上直子 出演:小林聡美、市川実日子、もたいまさこ、光石研、加瀬亮、薬師丸ひろ子 「南の小さな島にタエコは降り立った。手書きの地図を頼りに小さな宿ハマダにたどり着く。宿の主人ユージ、犬のコージ、常連客でかき氷屋のサクラ、教師のハルナ、少し風変わ
映画「めがね」 (日々のつぶやき)
監督:荻上直子 出演:小林聡美、市川実日子、もたいまさこ、光石研、加瀬亮、薬師丸ひろ子 「南の小さな島にタエコは降り立った。手書きの地図を頼りに小さな宿ハマダにたどり着く。宿の主人ユージ、犬のコージ、常連客でかき氷屋のサクラ、教師のハルナ、少し風変わ
『めがね』 (映画館で観ましょ♪)
「春の南の島」 と聞くだけで、 雪解けを願い、遅い春を待つ北国に住むワタシはワクワクしてしまう。 何の変化もなく事件も起きない映画です。 「ハマダ」のご飯は美味し...
ひねもすのたりの不思議空間。~「めがね」~ (ペパーミントの魔術師)
公式サイトはコチラ。http://www.megane-movie.com/ いやもうこれはもたいさんの あのなんとも言えないキャラがあれば十分かと。 一つ間違えたらものすごく退屈な映画に なってしまうぎりぎりのラインで とにかく絶妙の間と笑いを提供してくれる。 加瀬亮くんもとぼけ...
映画「めがね」 (don't worry!な毎日)
 旅にでるとき、私は荷物がかなり多い。 いろいろ心配で、あれもこれも、荷持ちがかさばる。 読みかけの本が読み終わったら?なんて考えると、 もう一冊・・・なんて調子で、 着替えも、新幹線の中は寒いことがあるから、これもって、 でもって、私は汗っかきだから...
めがね・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なんで「めがね」? 昨年、単館系ながら口コミで異例の大ヒットとなった、「かもめ食堂」のスタッフ・キャストによる二匹目の鰌。 監督の荻上直子、主演の小林聡美、もたいまさこは共通だが、舞台は北欧フィンランドから日本
めがね (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
脚本・監督=荻上直子。撮影=谷峰登。音楽=金子隆博。メルシー体操=伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団)。エンディングテーマ=大貫妙子。『かもめ食堂』に続いて荻上監督の脱力パワー(?)がジワ~ッと胸に沁み込む。☆☆☆☆★
「めがね」 (古今東西座)
実はまったりするのが苦手だ。リゾートでリクライニングチェアでうたた寝をしながら一日が過ぎていく…なんてのは無理! 何しろ小学校の通信簿には「落ち着きがない」と6年間書かれ続けた。じっとしてはいられず、回遊魚の如く動き回るしかできない。この映画はそんな自...
めがね (シャーロットの涙)
梅はその日の難のがれ・・・
めがね (そーれりぽーと)
何度でも観たくなる異国での食を通じたコミュニケーションを描いた『かもめ食堂』に続く、荻上直子監督×小林聡美×もたいまさこの『めがね』を観てきました。 ★★★★★ 究極の癒し系ヒューマンドラマ。 俺にとって旅行に行く理由は、非日常に身を置く事(つか逃避)...
めがね 50点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
それは…、メガネくんだーっ!! 公式サイト 『かもめ食堂』でヒットを飛ばした荻上直子監督による最新作。 引き続き小林聡美ともたいまさこが出演しているなどから見ても、上映規模が大きくなっている事も含め、前作ヒットを意識しての商業的な狙いを感じさせられも...
真・映画日記(1)『めがね』 (          )
9月24日(祝・月)◆573日目◆ この日は午前中から。 『めがね』の朝一の回(午前11時)へ。 新宿高島屋タイムズスクエアに着き12階の「タイムズスクエアテアトル」に。 すでに開場していたが行列が出来ていた。 ボクは157番での入場で、最終的には満員に(330人く...
めがね (Diarydiary!)
《めがね》 2007年 日本映画 携帯電話が通じないところに行こうと思ったタエ
「めがね」と舞台挨拶 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
9月23日、京都シネマにて「めがね」舞台挨拶。 小林聡美さん・もたいまさこさんが好きな方、 米米CLUBのフラッシュ金子が好きな方、 たー坊こと大貫妙子が好きな方、 ほぼ日が好きな方、 ワタシはそのどれもが好きで好きで大好きで、 その好きなすべてが合わさるなんて、...
『めがね』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「めがね」□監督・脚本 荻上直子□キャスト 小林聡美、市川実日子、加瀬 亮、光石 研、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、橘ユキコ、中 武吉■鑑賞日 9月24日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★ (5★満点、☆は0.5) ...
【2007-133】めがね (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 何が自由か、知っている。
めがね (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
『 バーバー吉野 』 『 恋は五・七・五 』 『 かもめ食堂 』 に続く 荻上直子 監督作品。 予告では 皆めがねをかけた5人が 海辺で なにやら不思議な体操をしている・・ 一体どんな話なのか・・・? 公開初日のレイトで観たけれど 実は それほど観たかった...
めがね (ぐっち~の映画DAISUKI!)
めがね お見事! ^^ 荻上監督の前の作品である「かもめ食堂」は独特のまったり感があってすごく面白かった。 そして今度は「めがね」を制作したということを知りとても楽しみにしていた。 早速観に行ってきたけれど始まって数分もしないうちにすっかり...
「めがね」を観る (紫@試写会マニア)
「かもめ食堂」再び・・・。と書いちゃっていいのでしょか(同じ荻上監督だからいいか!)。 まったりとした独特な空気感を漂わせる、美味しそうな映画、「めがね」を観てきました。 題名が「めがね」ですが、単にたまたま出演者が全員(!?)‘めがねっこ’なだけで、と...
『めがね』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログminiに投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  夏じゃなくて「春」だからこそ、「かき氷」がより鮮烈に映るのかも。 『めがね』 2007年・日...
めがね [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★☆☆☆ http://www.megane-movie.com/
めがね (C note)
超ハイテンションタラちゃん祭りから一転、ゆったりまったり癒しのひととき。レッツ
ひねもすのたりの不思議空間。~「めがね」~ (ペパーミントの魔術師)
公式サイトはコチラ。http://www.megane-movie.com/ いやもうこれはもたいさんの あのなんとも言えないキャラがあれば十分かと。 一つ間違えたらものすごく退屈な映画に なってしまうぎりぎりのラインで とにかく絶妙の間と笑いを提供してくれる。 加瀬亮くんもとぼけ...
めがね (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『何が自由か、知っている。 今度は5人で、南の海辺。 一瞬のようで永遠のような、 たそがれどきの物語。』  コチラの「めがね」は、昨年大ヒットし多くの方のハートをじんわり癒した「かもめ食堂」のスタッフとキャストが再結集した癒し系のヒューマン・コメデ...
『めがね』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:荻上直子出演:小林聡美、市川実日子、加瀬亮、光石研、もたいまさこ、橘ユキコ、中武吉、荒井春代、吉永賢、里見真利奈、ケン、薬師丸ひろ子公式サイトはこちら。<Story>春の浅い頃、タエコ(小林聡美)はとある海辺の町の空港に降り立った。大きなト...
めがね  称号:佳作 (映画細胞~CinemaCell)
南の海辺の町を訪れたタエコは、重いトランクを引きずりながら、小さな民宿にたどり
映画 【めがね】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「めがね」 『かもめ食堂』の監督・荻上直子やスタッフが結集し、またまた穏やかなヒューマンドラマを綴る。 おはなし:海辺の小さな町にやって来たタエコ(小林聡美)は、素朴で小さな宿・ハマダに到着。宿の主人・ユージ(光石研)とその愛犬、さらには不敵...
めがね を観ました。 (My Favorite Things)
思いつきで旅は始まるけれど、永遠には続かない…。
「めがね」  足るを知る (明日へのヒント by シキシマ博士)
あの「かもめ食堂」の荻上直子監督の最新作と聞いた時から、絶対に観ることに決めていました。 しかも、出演者には「かもめ食堂」の小林聡美、もたいまさこが引き続き登場。 もう、これは期待しないわけにはいかないでしょう!
めがね(*^^)vたそがれるって? (銅版画制作の日々)
   何かいいねぇ~~メルシー体操音楽のリズムも最高   そしてサクラを演じるもたいまさこも、あの飄々とした雰囲気の存在感がたまらなくなんだよね。タイトルの『めがね』は皆めがねをかけているからなのかな?と色々なことを思いながら鑑賞した。10月16日...
終日のたりのたり哉~『めがね』 (真紅のthinkingdays)
「梅はその日の難逃れ」って言葉、知ってました?『かもめ食堂』のスタッフ、一部 キャストが再結集して製作された本作は、携帯の繋がらない南の島が舞台。風変 わりな宿「ハマダ...
めがね /自由&存在 (マダム・クニコの映画解体新書)
技術的な世界解釈である「近代形而上学(科学文明至上主義)」と対極にあるテーマ「脱構築」を孕む。常に根拠(始まり)を追及して、結末をつけようとする「理論中心主義」に疑問符を突きつけ、「自由」と「存在」の真の意味を考えさせる力作だ。 goo 映画 私たちは、...
mini review 08287「めがね」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
海辺の町を訪れた主人公の女性を中心に、そこで旅館を営む宿の主人、旅館に集う人々などの穏やかな人間模様をつづったヒューマンドラマ。監督の荻上直子を始め、大ヒット作『かもめ食堂』のスタッフが結集。主人公の女性・タエコを『かもめ食堂』にも出演していた小林聡美...
「めがね」普通に面白かったけど、こんな宿はイヤだ(苦笑) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
普通に面白かったんだけど、細かい部分で、私とは合わなかった・・・。 この旅館に泊まりたいと思わなかったことかな(^^;
【映画】めがね…騙されませんし萌えませんよ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}暑いですねぇ{/ase/}{/ase/} 現在、少しならお金も暇もある週末を過ごしているピロEKですが、 …暑くて外に出る勇気がありません{/face_hekomu/} …家で27時間テレビ{/tv/}観てます{/face_ase2/} さて、今日も映画鑑賞記録の消化です{/ase/} 「めが...
映画評:めがね (映画と写真のブログ)
春が巡ってきた。 ある晴れた日。青い空を、一機の航空機が横切る。 「来た」 季節が巡るように、サクラさんはやってくる。 季節が巡るようにサクラさんはやってくる。 長回しの多い映画だが、編集の速度は一定している。このカットスピードが、『めがね』が持つ魔...
『めがね』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ春の浅い頃、タエコは大きなトランクを一つ提げてとある海辺の町の空港に降り立ち、民宿「ハマダ」にやって来た。観光する所もない田舎町だが、ハマダの近くには不思議な人々が集っていた。毎朝、浜辺で行われる「メルシー体操」、近所でぶらついている高校教師の...