【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「レイチェルの結婚」:四谷三丁目バス停付近の会話

2009-05-09 | ★品97系統(品川駅~新宿駅)

ここ四谷消防署には、女性防火組織があるのよ。
女性防火組織?
そう。四谷消防署管内に住む女性の自主防災組織で、家庭の安全と地域の安全を女性の立場から推進している組織。
じゃあ、レイチェルの結婚式にもぜひ出動してほしかったな。
なんで?
家庭の安全と地域の安全を女性の立場から推進してほしかったから。
まあ、たしかにアメリカ映画の「レイチェルの結婚」は、結婚式を通して家庭の崩壊していくさまをまざまざと見せつけて、誰かに助けに来てほしいほどだったけどね。でも、デザスター映画じゃないんだから、自主防災組織が出動しても役に立たないでしょう。
家庭のゴタゴタは家庭で解決しろってことか。冷たいやつめ。
だから、そういうことじゃなくて、家族の問題は家族でなきゃ解決できないのよ。
だけど、「レイチェルの結婚」は深刻だぜ。姉レイチェルの結婚式に、麻薬依存症で入院中の妹がやってくるんだから。
しかもこの妹は以前、家族にとって取り返しのつかない過ちを犯している。
徐々に明らかになっていく過去の傷、家族の亀裂、深刻な溝。
昔からアメリカ映画が得意とする、濃密な家庭劇の世界。
そうなんだけど、花婿を音楽家に設定するとか、ふるえるカメラがドキュメンタリータッチで俳優の生の表情を捕らえるとか、ジョナサン・デミのシャープな演出がツボにはまっていて不覚にも堪能してしまった。
いちばんの見どころは、お皿を片付ける競争をするたわいのない場面。みんなでなごやかな時間を過ごしていたのに、あるお皿の存在から、その場が一気に凍りつく。
傍から見ると幸せそうな一家なのに、一皮むけば内部にはドロドロを抱えている。そのマグマが一気に噴出する。
壊れていく家庭。いや、すでに壊れていた家族。その負の側面を一心に背負った麻薬依存症の妹を演じるのが、アン・ハサウェイ。
お姫様のようにかわいかったのに、いつのまにこんなハスッパな役をやるようになってしまったんだろう。
あれ、嘆いてる?
嘆いてない。ただ、汚れを知らないピュアな笑顔が見たかっただけ。
このロリータめ!
ンなわけないだろう。アン・ハサウェイ、立派な26歳だぜ。彼女にイカれてどこがロリータだ?
そ、とっくにお肌の曲がり角を曲がっちゃった。汚れを知らないなんてムリな年齢。この年齢にふさわしい、すばらしい演技を見せて、アカデミー賞候補になっちゃったじゃない。「プラダを着た悪魔」なんて、まだお姫様のしっぽが残っているようなキャラクターだったけど、いまや本格俳優になっちゃった。
彼女が庭のプールに灯篭のような灯をそっと浮かべる瞬間。あれは美しかった。
ヒリヒリと息詰まるような展開が続く中に、ああいう息を飲むほど幻想的なシーンがはさまると、救われた思いになる。うまい演出よねえ。
サリーを身にまとったアン・ハサウェイ、やっぱり、絵になるねえ。
でも、ちょっと煙草吸い過ぎだった。あれじゃ、体に良くない。
そういやあ、痛々しいほどに、やたら吸ってた。
まるで自分の体をいじめているみたいに。
自分の存在が、姉の結婚式にとって災難みたいなもんだって自覚している証拠かもしれない。
災難・・・残酷なことばね。
そういう災難を回避するという意味では、やっぱり必要かもしれないな。
何が?
自主防災組織。
だから、そういう問題じゃないってば。



この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<品97系統>
品川車庫前⇒品川駅前⇒高輪北町⇒泉岳寺前⇒高輪一丁目⇒魚籃坂下⇒古川橋⇒四ノ橋⇒光林寺前⇒天現寺橋⇒広尾橋⇒日赤医療センター下⇒西麻布⇒墓地下⇒青山斎場⇒赤坂高校前⇒青山一丁目駅前⇒北青山一丁目アパート前⇒権田原⇒信濃町駅南口⇒信濃町駅前⇒左門町⇒四谷三丁目⇒四谷四丁目⇒新宿一丁目⇒新宿二丁目⇒新宿三丁目⇒新宿追分⇒新宿駅東口⇒新宿駅西口










コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 「チェイサー」:左門町バス... | トップ | 「ウェディング・ベルを鳴ら... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (keyakiya)
2009-05-10 21:32:27
こんばんは、keyakyaです。
「家族の崩壊」「姉妹の確執」みたいな捉え方が多いようです。
そういわれれば、たぶんそうかと思ったくらいです。

心地いい音楽、センスのいい服装デザインを堪能しました。
いろんな人たちが登場し、それぞれが自由に生き、そして、それぞれが多様な表現力を見せてくれたことに、びっくりです。
■keyakiyaさんへ (ジョー)
2009-05-11 20:09:14
こんばんは。

>いろんな人たちが登場し、それぞれが自由に生き、そして、それぞれが多様な表現力を見せてくれたことに、びっくりです。

なるほど、そういう見方をすると、また違った映画に思えてきますね。
シビアな物語なのに、ほのかに希望の匂いがするのは
そういうところから醸し出されるのかもしれません。
目からうろこでした。

コメントを投稿

★品97系統(品川駅~新宿駅)」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

レイチェルの結婚 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『家族の運命を変えたあの出来事。 人生最良の日に明かされた秘密とは─』  コチラの「レイチェルの結婚」は、主演のアン・ハサウェイが第81回アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた4/18公開のヒューマン・ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪うん...
レイチェルの結婚 (Art- Mill)
http://www.sonypictures.jp/movies/rachelgettingmarried/ この映画は『レイチェルの結婚』というタイトルだが、アン・ハサウェイ演じるキムを中心に物語は展開する。 アン・ハサウェイ(キム)
レイチェルの結婚 (LOVE Cinemas 調布)
アン・ハサウェイ主演の昨年度アカデミー賞主演女優賞ノミネート作品。監督は『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ。アン演じるキムの母親役に同じくアカデミー賞主演女優賞ノミネート3度のデブラ・ウィンガーも出演。実はタイトルは原題・邦題ともに『レイチェルの結婚』...
「レイチェルの結婚」 (It's a wonderful cinema)
 2008年/アメリカ  監督/ジョナサン・デミ  出演/アン・ハサウェイ      ローズマリー・デウィット      デブラ・ウィンガー  アン・ハサウェイがアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされた作品。監督は「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミ。 ...
*レイチェルの結婚* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2008年  アメリカ バックマン家の次女キムが9ヶ月ぶりに更生施設から帰宅する。2日後に姉レイチェルの結婚式を控え、手作り挙式の準備で大わらわの自宅には新郎の友人ら見知らぬ人々が溢れ、所在無さと疎外...
レイチェルの結婚・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ジョナサン・デミと言えば、やはり傑作心理スリラー「羊たちの沈黙」であり、人間の心の深層に隠れた本音の部分を浮かび上がらせるのはお手...
水よりも濃く~『レイチェルの結婚』 (真紅のthinkingdays)
 RACHEL GETTING MARRIED  矯正施設で治療中のキム(アン・ハサウェイ)は、一時帰宅を許される。最愛 の姉、レイチェル(ローズマリー・...
『レイチェルの結婚』・・・家族の絆とは (SOARのパストラーレ♪)
姉レイチェルの結婚式を前に、ドラッグ依存治療の施設から里帰りしてくる妹のキム(アン・ハサウェイ)。そんな彼女を迎える娘思いの父親。離婚して新しい生活を送る母親も帰って来る。こうして長女の祝福のために集結したバックマン家の面々だったが、知人たちを招いての...
レイチェルの結婚 / RACHEL GETTING MARRIED (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 『プラダを着た悪魔』以降、出演作が続くアン・ハサウェイが 本作でアカデミー賞主演女優候補に{/ee_3/} タバコ プカプカ{/m_0164/} アバズレ風、これま...
レイチェルの結婚 (Diarydiary!)
《レイチェルの結婚》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - RACHEL GE
【レイチェルの結婚】 (日々のつぶやき)
監督:ジョナサン・デミ 出演:アン・ハサウェイ、ローズマリー・デウィット、ビル・アーウィン、トゥンデ・アデビンペ、マーサー・ジッケル、デブラ・ウィンガー 「更生施設から、姉レイチェルの結婚式の為に9ヶ月ぶりに帰宅するキム。 手作り結婚式の準備で大忙し
mini review 09426「レイチェルの結婚」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『クライシス・オブ・アメリカ』などのジョナサン・デミ監督が手掛けた珠玉の人間ドラマ。ある一家の結婚式を中心に、優等生の姉と問題児の妹の抱える問題や、彼女たちを取り巻く人々の微妙な関係を包み隠さず映しだす。気性の激しい妹を演じるのは、『プラダを着た悪魔』...
レイチェルの結婚 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】キム(アン・ハサウェイ)は、姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式に出席するため依存症の施設から退院する。家に到着した彼女は、結婚式の準備でごった返す家の中を抜け、2階でドレスの着付けをしていた姉と友人のエマ(アニサ・...