【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「スペル」:東洋大学前バス停付近の会話

2009-11-07 | ★草63系統(池袋駅~浅草雷門)

この大学、ちゃんと英語で表記もしているのね。
スペルは合っているだろうな。TOTO UNIVERSITYなんて、なってないよな。
そんな、トイレの大学じゃあるまいし。
しかし、間違いっていうのはどこの世界にもあるもんだからな。映画の「スペル」もちょっとした判断の間違いから、執拗な報復を受けるハメになった。
住宅ローンの支払いを待ってほしいと訪れた老婆の懇願を拒否した女性銀行員が、その老婆からとんでもない復讐を受けるというホラー。
ホラーというより、ほら話に近い。怖いというより笑える怪奇映画。
女性を襲おうとした老婆の総入れ歯がはずれ、あぐあぐした口で首を噛もうとするなんて、観てるほうまで口をアングリ。もう、笑うしかないわよね。
って、口を開けるな!はえが入るぞ。
はい。
女性のほうも恐怖におののきつつも、反撃も忘れない武闘派女性なんで、同情するというより、老若ウーマン・アクションを楽しむ感覚に陥ってしまう。
広告で「エクソシスト以来、30年待った傑作」なんて言っている評論家がいたけど、「エクソシスト」とはまったく趣を異にする大活劇よね。
たしかに悪魔祓いみたいな儀式もあるけど、悪魔に乗り移られたとたん、妙に安チープな踊りを始める男がいたりして、深刻度は異様に低い。
まったく、悪乗りよね。
うまい!その通り。
途中のトリックも、最後はああなるんだろうな、と想像できちゃうトリックだしね。
そういったずさんさが、映画をつまらなくしているかというと、そうでもないところがこの手の映画のおもしろいところでね。
突っ込みどころ満載。それを楽しんでください、っていう思い切りのよさが、ま、これもありかっていう、おおらかな気分を誘って、肩肘張らずに楽しめちゃう。
とにかく、この超高齢化社会に、しわくちゃばっちゃんが飛んだりはねたり若い女相手に大活躍ていうのだけでも、痛快だよ。
それがまた、住宅ローンを返せない果てのできごとだっていうのも人ごととは思えなくて、涙を誘う。
うそつけ。涙を誘うような映画じゃないよ。
おかしくて、涙をさそうのよ。
あ、それはあるな。
せいぜい、お年寄りは大事にしなくちゃいけないってことね。とってもためになる道徳映画だったわ。
えっ、それが結論かよ。映画の見方、間違ってない?
間違いはどこの世界にもあるわ。





この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<草63系統>
池袋駅東口⇒豊島区役所前⇒上池袋一丁目⇒上池袋三丁目⇒上池袋四丁目⇒堀割⇒西巣鴨⇒新庚申塚⇒巣鴨四丁目⇒とげぬき地蔵前⇒巣鴨駅前巣鴨駅南口⇒本駒込六丁目⇒千石一丁目⇒本駒込二丁目⇒白山五丁目⇒東洋大学前⇒白山上⇒駒込千駄木町⇒千駄木一丁目⇒団子坂下⇒千駄木三丁目⇒道灌山下⇒西日暮里駅前⇒西日暮里五丁目⇒西日暮里一丁目⇒荒川四丁目⇒荒川三丁目⇒荒川区役所前⇒荒川一丁目⇒大関横丁⇒三ノ輪駅前⇒竜泉⇒千束⇒西浅草三丁目⇒浅草公園六区⇒浅草一丁目⇒浅草雷門






コメント (5)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 「母なる証明」:白山五丁目... | トップ | 「わたし出すわ」:白山上バ... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先日は失礼しました。 (タニプロ)
2009-11-08 00:18:50
お気に入りのブログなので、今後ともよろしくお願いします。

ところで別の評論家さんでうまいこと(?)言ってる人がいて、なるほど!と思いました。もしどこかで読まれてたら、以下はスルーしてください。

「ホラー映画では主人公は恐怖にふるえ、ヒロインは立ち尽くして悲鳴をあげる。だとすれば、ライミがホラーを作ったことは一度も無い(中略)その映画は恐怖より興奮をかきたてる。ライミは本質的に活劇をむねとするアクション映画監督」

この映画のヒロインはメチャクチャ戦ってますからねえ。

>老若ウーマン・アクションを楽しむ感覚に陥ってしまう。

僕も。こんな感じでした。
■タニプロさんへ (ジョー)
2009-11-08 21:27:50
なるほど、言い得ている評論ですね。
へ理屈言わずに楽しめばいいと思いつつ、
こういう評を読むと、おもしろさも倍増します。
明らかに恐怖より興奮が勝っていましたよね。
性癖? (タニプロ)
2009-11-09 00:50:37
あと「スパイダーマン」でもやってましたけど、ライミ監督はどうやら女性の服が濡れて胸元が透けるのが好きみたいですね。

ポール・ヴァーホーヴェン監督の映画が、何故か更衣室とかが男女兼用だったりするのが多いみたいな、何かの願望なんでしょうかね?まあ、どこに注目してるんだ・・・って話ですが。
こんにちは~♪ (由香)
2009-11-13 08:41:50
お邪魔します♪
寒くなりましたね~
風邪などに気をつけて下さいね!

>悪魔に乗り移られたとたん、妙に安チープな踊りを始める男
これ、、、笑いました。あの悪魔祓いのシーンは笑いのツボが満載でした(笑)

とっても怖い映画を観るつもりでいたので、途中から自分がこの映画を観るスタンスに混乱しました~ホラー?コメディ?って(笑)
■由香さんへ (ジョー)
2009-11-14 11:22:32
安チープ?
そんな言葉あるのかどうか、知らずに書いてしましましたが、安チープに見えてしまったもので・・・。
恐怖映画で売っている宣伝には偽りありですよね。でも、決して嫌いにはなれない映画でした。

コメントを投稿

★草63系統(池袋駅~浅草雷門)」カテゴリの最新記事

25 トラックバック

劇場鑑賞「スペル」 (日々“是”精進!)
(CD)スペル/ChristopherYoung「スペル」を鑑賞してきました「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督が久々に手掛けた痛快エンタテインメント・ホラー。ローン返済に苦しむ老婆に心ならずも無慈悲な対応をしたばかりに100倍返しの怨みを買ってしまったヒロインが...
『スペル』 (めでぃあみっくす)
ホラー映画も1周すればコメディ映画になる。まさにその通りの映画でした。とにかくホラー映画なのに笑える、ワクワクする、楽しい気分になるというこの場違いな感覚。ただしこれは昨今のホラーよりも昔のB級ホラーが好きな映画ファンに限る特別な感覚です。ですから映画...
スペル [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:DRAG ME TO HELL公開:2009/11/06製作国:アメリカ上映時間:99分鑑賞日:2009/11/07監督:サム・ライミ出演:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、ローナ・レイヴァー、ディリープ・ラオラム・ジャス、アドリアナ・バラーザ何故?どうしたら?解けなければ...
映画「スペル」@九段会館 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1~2階席はほぼ満席、3階席は未確認。  スペル/ChristopherYoung 映画の話 ライバルに勝ち、銀行で昇進したいクリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、上司に仕事ができることをアピールする必要に迫られていた。そこへ、ジプシー風の老人(ロ...
『スペル』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
今日はGAGAの携帯サイトで当たった『スペル』の試写会で、シネマート六本木に行ってきました。 スタートが11時からの試写会。 平日に午前中から開催される試写会なんて、初めて参加したかもー。 そして、ゲストのトークイベント付きの特別試写会でもありました。 **...
2009-86『スペル』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-86『スペル』(更新:2009/11/07) * 評価:★★★★☆ かなり怖いです。 『エクソシスト』以来のサム・ライミ監督のホラー作品。 スペル(禁句)と言うか呪文ですね。 ジプシーの呪文でこんな酷...
「スペル」“映画史上最恐の婆さん”登場! (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2009年10月26日21:52 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  サム・ライミといえば、今や「スパイダーマン」シリーズの監督として、すっかり有名になっちゃいましたが、本来の姿は“青春ヒーロー映画の巨匠”ではなく、“スプラッ...
[映画☆☆☆☆★]サム・ライミ監督映画の思い出と「スペル」 (タニプロダクション)
サム・ライミ監督の名前には、個人的に思い入れがあります。 昔は、怖そうな映画は観ないタイプだった。なのでホラーも怖そうなタイトルの映画も絶対観ないということにしていました。 しかし19歳か20歳くらいの頃、友人何人かと食事をしていたら、その中の一人が突...
「スペル」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
鉄人シェフの小粋な一品。S.ライミがホラーに帰ってきたというのが話題の作品。タイトルクレジットなんかを見ると、どこかT.バートン的な要素も見え隠れして、商業的成功を経て職人としての充実度が増したことは明らかである。作り方はいたってシンプル。観る側の恐怖と不...
スペル (だらだら無気力ブログ)
『死霊のはらわた』や『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督が 脚本・監督を手がけたホラー。 逆ギレした老婆に怨まれ、呪いをかけられたヒロインが、その呪いの呪縛 から逃れようとする3日間を描く。銀行でローン担当の仕事をしているクリスティン・ブラウン...
スペル■帰ってきたB級印サム・ライミ (映画と出会う・世界が変わる)
「スパイダーマン」シリーズというハリウッド大作の監督になってしまったかのようなサム・ライミが以前のB級ホラーの世界に戻っての新作。彼の職人技がきちんと発揮されて最後まで退屈せずに楽しめるのであるが、怖がらせるシーンのほとんどが音響効果によるものというの...
スペル / Drag Me to Hell (我想一個人映画美的女人blog)
怖いだけがホラーだって、誰が決めたの? こんなに笑えるホラー、初めてかも{/eq_1/} タランティーノが、最近、最高にテンション上がった2本の映画のうちの1本として絶賛してた作品{/atten/} ちなみにもう1本はアダム・サンドラーの「Funny People」(←観たい♪) ...
地獄への呪文~『スペル』 (真紅のthinkingdays)
 DRAG ME TO HELL  銀行で融資係として働くクリス(アリソン・ローマン)は、ある日ローンを滞納 した老婆(ローナ・レイヴァー)から支...
スペル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近、劇場で観たい映画がないので、、、思い切って、“ホラー系映画の一人劇場鑑賞”に初チャレンジ―【story】クリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、上司に仕事ができることをアピールする必要に迫られていた。そこへ、老女(ローナ・レイヴァー)が不動産...
【スペル】お婆さんには親切にしよう (映画@見取り八段)
スペル~DRAG ME TO HELL~ 監督: サム・ライミ    出演: アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、デヴィッド・ペイマー 公開: 2009年1...
映画「スペル」は、いつまでも終わらないババ抜きマネーゲームを... (映画と出会う・世界が変わる)
前半はクリスティンと老婆との追いかけっこ。老婆の追撃は情け容赦ない。この追いかけっこだけを見ると「トムとジェリー」を連想させる。後半はクリスティンのコートから引きちぎった呪いをかけられたボタンを一体、誰に渡すかというババ抜きゲームである。ヒロインが銀行...
スペル (to Heart)
何故?どうしたら? 解けなければ、 死。 原題 DRAG ME TO HELL 製作年度 2009年 上映時間 99分 監督 サム・ライミ 出演 アリソン・ローマン/ジャスティン・ロング/ローナ・レイヴァー/ディリープ・ラオ/デヴィッド・ペイマー/アドリアナ・バラーザ 銀行のローンデス...
スペル 婆がきょえ~~~~Σ(゜口゜;)// (労組書記長社労士のブログ)
【 61 -13- 1ヶ月フリーパスポート=9 】  昨日は大失敗。 参加表明していた社労士有志の勉強会の日程を間違って携帯のスケジュールに登録していたせいで、不連絡で欠席してしまった! 仕事だったのだが、その仕事流れで飲みに行った店から出て携帯を観たらその勉強会に...
スペル (Sweetパラダイス)
やっちまった。ライアゲーに間に合わなかった あの「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督が手掛けたというからこれはもう見るきゃないでしょホラーだから楽しみでもいまいちだったかなあんまり怖くなかった劇場予告編から期待大ホラーというよりブラックコメディ...
映画「スペル」 (おそらく見聞録)
監督:サム・ライミ(死霊のはらわた、スパイダーマンでお馴染み) 出演:アリソン・ローマン(◎)ジャスティン・ロング ローナ・レイヴァー(最高☆婆さん) 出演:ディリープ・ラオ デヴィッド・ペイマー アドリアナ・バラーザ チェルシー・ロス  ほんの...
スペル (小部屋日記)
Drag Me to Hell(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:サム・ライミ 出演:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、アドリアナ・バラッザ きっかけは、ほんの小さな不親切。 さかうらみで言い渡された呪文(スペル) 『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ...
Disney's クリスマス・キャロル(3D) (小部屋日記)
A Christmas Carol(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー/ゲイリー・オールドマン/コリン・ファース/ボブ・ホスキンス/ロビン・ライト・ペン/ケイリー・エルウィズ 未来は、まだ変えられるかもしれない・・ 文豪...
スペル(2009)★DRAG ME TO HELL (銅版画制作の日々)
この指は貴方に呪文をかけるかも・・・・・。  パンフレットのこの写真に何か惹かれ、購入・・・・。 人には親切にしましょう取り返しのつかない大事件になるかもです フリ―パスポート鑑賞第4弾は「スペル」です。スペル(SPELL)とは呪文、呪縛にかけられている状...
「スペル」 (或る日の出来事)
笑えて、びっくりハラハラ怖い、悪趣味な味わいもうまく少し利かせた、一級品のB級感覚ホラー。
スペル (Drag Me to Hell) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 サム・ライミ 主演 アリソン・ローマン 2009年 アメリカ映画 99分 ホラー 採点★★★ 中学の時かと思いますが、通いましたねぇ『死霊のはらわた』。最初に観た時散々怖い目に遭ったんで、2度目以降は同じ目に遭わせてやろうと、同級生たちを道連れに。併映の『悪魔...