【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「アイム・ノット・ゼア」:寿三丁目バス停付近の会話

2008-04-26 | ★都02系統(大塚駅~錦糸町駅)

「大熊象牙」っていうのもなかなか凄い迫力のある名前だな。
それより私は象の寓話を思い出したわ。
象の寓話?
目の見えない人が集まって、ある人は象の足だけ触り、ある人は象の鼻だけ触り、ある人は象のしっぽだけ触り、それぞれが象をわかったつもりになってしまったっていう話。
でも、みんなのイメージを合わせなければ、ほんとうの象の姿はわからない・・・。
そう、そう。
でも、それって、映画の「アイム・ノット・ゼア」みたいな話だな。
うん、そう思った。「アイム・ノット・ゼア」はボブ・ディランをモデルにした伝説のミュージシャンの姿を六人の俳優が演じ分けているんだけど、それぞれを観ていても、彼の一面しかわからない。六人のイメージが集まって初めて一人のミュージシャンの姿が浮かび上がるっていう話。
その六人が女性もいれば黒人少年もいるという幅の広さな上に、各人の挿話が一話ずつつながっていくという構成じゅなくて、話が入り組んで進んでいくから、観ていて混乱しないかと思ったら、そんなことは全然なかった。
ひとことで言うと、ボブ・ディランの人生と歌をバラバラに解体して、監督の視線でもういちど組み立て直したっていう映画なんだけど、その視線がぶれていないから、映画も思いのほかすっきりした仕上がりになっているのよね。なぜ、こんな幅広い層の役者が演じ分けなければならないのかも納得できてくる。
転がる石のように変化し続ける人物を表現するには、こういう方法論もあったってことだよな。
きっと、ボブ・ディランのファンが観たら納得できるシーンやセリフがいっぱいあって相当盛り上がるんだろうけど、その分、彼に特別関心があるわけでもない私のような人間にはわかりにくいかな、と思ったらそんなこともなかった。あまりボブ・ディランに関心のない人間が観ても、彼の人物像がくっきりと伝わってくる。
ボブ・ディランの伝記ということを脇においても、一本の映画としてよくできているってことだ。
女でありながら男を演じたケイト・ブランシェットの演技なんて、ほんとうに見ものだったもんね。
ボブ・ディラン本人に似ているのかどうかわからないけど、しぐさから表情まで、映画を観る醍醐味を味あわせてくれた。
エリザベス:ゴールデンエイジ」のときも感じたけど、オーバーアクトがよく似合う女優よね。
でも、映画として一番印象的だったのは、リチャード・ギアのエピソードだ。
あら、それは意外。彼が演じたミューシャンのエピソードは、西部劇だか現代劇だか微妙で、映画全体の流れからちょっと浮いていたんじゃないの?
いや、そういうことじゃなくて、リチャード・ギアが列車に飛び乗るとき、行方不明になっていた愛犬が突然現れて追ってくるシーンがあって、ここだけの話、あれがいちばん心に残っている。
案外、ボブ・ディランの心象をいちばん表しているシーンだったりするのかもね。愛するものを残しても、ひとところに留まるわけにはいかないという・・・。
というか、この映画を観てボブ・ディランがわかったと思っても、俺はその手をすり抜けていっちゃうぞ、という目くばせ・・・。
そうねえ、象の全体像を把握するのは、凡人には難しいかもね。
なにしろ、「アイム・ノット・ゼア」、俺はそこにはいない、だからな。






この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<都02系統>
大塚駅前⇒新大塚⇒大塚四丁目⇒大塚三丁目⇒大塚二丁目⇒大塚車庫前⇒茗荷谷駅前⇒小日向四丁目⇒小石川四丁目⇒春日二丁目⇒伝通院前⇒富坂上⇒春日駅前⇒真砂坂上⇒本郷三丁目駅前⇒湯島四丁目⇒湯島三丁目⇒上野広小路⇒御徒町駅前⇒東上野一丁目⇒新御徒町駅前⇒元浅草三丁目⇒三筋二丁目⇒寿三丁目⇒蔵前駅前⇒本所一丁目⇒石原一丁目⇒石原二丁目⇒石原三丁目⇒石原四丁目⇒太平一丁目⇒太平二丁目⇒太平三丁目⇒錦糸公園前⇒錦糸町駅前


コメント   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 「フィクサー」:三筋二丁目... | トップ | 「あの空をおぼえてる」:蔵... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★都02系統(大塚駅~錦糸町駅)」カテゴリの最新記事

23 トラックバック

アイム・ノット・ゼア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『詩人・無法者<アウトロー>・映画スター・革命家・放浪者・ロックスター 全てボブ・ディラン 6人の豪華キャストが演じる、生ける伝説』  コチラの「アイム・ノット・ゼア」は、まさに生ける伝説、っつ~か生ける神様?ボブ・ディランをモデルにした6人の人物を...
『アイム・ノット・ゼア』 (ラムの大通り)
(原題:I′M NOT THERE) ----この映画って話題になっているよね。 確か、ボブ・ディランをいろんな俳優が演じているんでしょ? 「そう。 なかでもケイト・ブランシェットね。 全米映画批評協会賞を始め、 数多くの助演女優賞を受賞している」 ----へぇ~っ。女優まで...
アイム・ノット・ゼア (eclipse的な独り言)
 東京に行ってきました。目的はシティ・ボーイズのライブです。しかし、映画ブロガー
アイム・ノット・ゼア/I'M NOT THERE (我想一個人映画美的女人blog)
え~?リチャード・ギアがボブ・ディラン{/eq_2/} なんて最初聞いた時はびっくりしたけれど、 よくよく聞くと、クリスチャン・ベールやヒース・レジャー、ベン・ウィショーはいいとして 黒人の子供{/eq_1/} 果ては女まで(ケイト・ブラシェット)いるよ{/eq_1/} ...
「アイム・ノット・ゼア」 答えは風に舞っている (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 あらゆる芸術の中で“詩”というものは言葉の壁がもっとも高いジャンルだと思います。 ボブ・ディランといえば、名前は知っているし、有名な曲は「あぁ、あれね」と思いつく程度に何曲かは知っています。 ただ、彼がこうまで高い評価を得ている...
真・映画日記(1)『アイム・ノット・ゼア』 (          )
JUGEMテーマ:映画 4月27日(日)◆788日目◆ 日曜なのに朝8時前に起きて、 8時半には家を出る。 もう少し寝ていたかったが映画がある。 今年のGWはタイトなスケジュールなんだから、 これくらいは慣れなくては。 9時半に「シネカノン有楽町2丁目」に到...
アイム・ノット・ゼア (It's a Wonderful Life)
ホブ・ディランはすごく好きという訳ではなく、 まぁ代表曲をちょいちょい知ってる程度なんですけど、 このトッド・ヘインズ監督作は思った以上にユニーク な伝記映画でした。 いやこれを伝記と言っていいのか。 今年のアカデミー賞でケイト・ブランシェットが助...
アイム・ノット・ゼア~イ奄はネ申 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェット、リチャード・ギア、クリスチャン・ベイル。まるで死ぬ瞬間に見るという自分の人生の巻き戻しの夢を映像化したようなボブ・ディランの伝記ドキュメンタリーのようなモキュメンタリーのような。
【映画】 アイム・ノット・ゼア (Coffee and Cigarettes)
今回は、映画「アイム・ノット・ゼア」 1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行...
『アイム・ノット・ゼア』 (めでぃあみっくす)
この映画はボブ・ディランに心酔した人以外には難解すぎる映画だと思います。私なんぞはボブ・ディランといえば様々な分野に影響を与えた偉大なるミュージシャンで、彼の音楽は「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」ぐらししか知りませんでしたので、正直最後までこの映画に...
『アイム・ノット・ゼア』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:I'MNOTTHERE監督・原案・脚本:トッド・ヘインズ出演:ケイト・ブランシェット、クリスチャン・ベイル、リチャード・ギア、マーカス・カール・フランクリン、 ヒース・レジャー、 ベン・ウィショー鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<Story>195...
アイム・ノット・ゼア(映画館) (ひるめし。)
詩人・無法者・映画スター・革命家・放浪者・ロックスター 全てボブ・ディラン
アイム・ノット・ゼア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
詩人、無法者(アウトロー)、映画スター、革命家、放浪者、ロックスター全てボブ・ディラン__ 6人の豪華キャストが演じる、生ける伝説! 1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行く。社会派フォーク歌手...
アイム・ノット・ゼア (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”I’m not there”監督=トッド・ヘインズ。脚本=トッド・ヘインズ、オーレン・ムーヴァーマン。撮影=エドワード・ラックマン。6人の俳優によって演じられる様々な人格のボブ・ディランが登場。☆☆☆☆
「アイム・ノット・ゼア」映画館レビュー 何故に (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕は夢の中で、この映画に出てくる、世間からは総じてボブ・ディランと呼ばれる人物について、なぜ共感できないのかと、多くの人を敵に回していた。
映画「アイム・ノット・ゼア」について (イロイロ興味のあるお年頃)
暇なので気になっていた映画「アイム・ノット・ゼア」を観に行こうと思い。口コミを集めてみた。
アイム・ノット・ゼア (小部屋日記)
I'm Not There(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本: トッド・ヘインズ 出演:クリスチャン・ベイル/ケイト・ブランシェット/マーカス・カール・フランクリン/リチャード・ギア/ヒース・レジャー/ベン・ウィショー/シャルロット・ゲンズブール 詩人・無法...
「アイム・ノット・ゼア」トッド・ヘインズ (Mani_Mani)
I'm not there. 2007アメリカ 監督:トッド・ヘインズ 脚本:トッド・ヘインズ、オーレン・ムーヴァーマン 出演:クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、マーカス・カール・フランクリン、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、ベン・ウィショー、ジュリア...
He is there.~『アイム・ノット・ゼア』 (真紅のthinkingdays)
 I'M NOT THERE  音楽界の生ける伝説、ボブ・ディランの半生を、6人の俳優によるアンサンブル で独創的かつ多面的に、時間も空間も飛び越...
アイム・ノット・ゼア♪6人のボブ・ディラン (銅版画制作の日々)
6人のキャストが演じる、それぞれのボブ・ディラン 5月8日、京都シネマにて鑑賞。そういえば、ボブ・ディランは今も健在なのだ!実は私もボブ・ディラン世代?でもファンではなかったが。日本のフォークシンガーにとっては神様のような存在だったので、彼のことを歌...
アイム・ノット・ゼア■確かに面白いが・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
この映画は面白いかと問われれば、それは断然、「面白い!是非、見に行け!」と答えるだろう。確かに、ボブ・ディランという人物が持つ様々なイメージを6人のキャラクターが演じて、大胆な構成で作られた映画であり、ボブ・ディランについての様々なエピソードが満載のよ...
アイム・ノット・ゼア (Addict allcinema 映画レビュー)
詩人・無法者(アウトロー)・映画スター・革命家・放浪者・ロックスター 全てボブ・ディラン 6人の豪華キャストが演じる、生ける伝説
『アイム・ノット・ゼア』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行く。社会派フォーク歌手として人気が出たジャックだがシーンから消えた20年後、牧師としてキリスト教の布教にいそしんでいた。伝記映画の主役を演じ成功し...