【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「クィーン」:東京湾合同庁舎前バス停付近の会話

2007-04-26 | ★虹01系統(浜松町駅~ビッグサイト)

「綱吉の湯」って何だ?
温浴施設の「大江戸温泉物語」の犬部門。
犬部門?
そう。犬専用の温泉てことよ。
へー、そんなのがここにあるのか。それで「綱吉の湯」か。たしかに、徳川綱吉がいま生きていたら考えそうな施設だな。
まあ、ときの権力者っていうのは、何でもできるからね。
権力者ねえ・・・。英国王室の女王陛下っていうのも、権力者って呼ぶのか。
「クィーン」なんていう映画を観てると、権力者を装っている無力なおばあさんっていう言い方が正しいかもね。
ダイアナ王妃が事故死した直後の一週間の英国女王の言動をめぐる話なんだが、当初、ダイアナはもう離婚したあとで王室とは関係ないという立場で、女王は何のコメントも出さなかったのに、国民感情が許さず、結局屈辱のうちに哀悼の意を述べることになるという物語。
首相になったばかりのブレアが、女王に忠告したりするんだけど、女王は自分は首相に忠告する立場で忠告される立場じゃないという強気の姿勢を崩さない。
ただの強がりなんだけど、その強がりを通すのが王室だというゆるぎない信念がある。王室の歴史を背中に背負っているんだ。
でも、国民の反応を知るにつけ、その信念が揺らいでくる。
王室の威厳を保つためには、女王がとった態度のほうが正しいんだろうが、あのとき、ダイアナを悲劇のヒロインに祭り上げた英国国民の動きは、集団ヒステリーのようになっていったからな。理屈の通る冷静な状況じゃなくなっていた。
王室としての尊厳を保つなんてことに、誰も耳を貸さない状態になっていたってことね。
逆にいえば、国民の声が届かないほど、王室が硬直化していたともいえる。
あら、私たちにしては珍しく、筑紫哲也のニュース23の解説者みたいな社会派の会話になってない?
たまには知性のあるところも見せなきゃな。フィクションなんだけど、当時のニュース映像をうまく取りこんでいるから、臨場感というか、緊張感というか、話にリアリティが加わって、なんともいえない存在感のある映画になった。
しかも、主役のヘレン・ミレンがいかにもそれらしい雰囲気で女王を演じているから、いっそ高級な再現ドラマみたいな趣も出たわね。
我々アジアの片隅の、英国女王なんて遠い存在の日本人が見ても、実物の女王にそっくりだなあ、って思うんだから、アカデミー賞を取ったのも当然かもな。
イッセー尾形が演じた天皇陛下みたいなものね。
太陽」だろ。でも、あの映画は初めて天皇を人間的に描いたって話題になったけど、まだ我々とは違う色の血が流れているんじゃないかと思わせるところがあった。それに対して「クィーン」は女王だって我々と同じ赤い血が流れている人間だというスタンスの映画だった。
嫉妬もすれば、悪態もつく。
自分で車を運転してどこへでも行く、犬好きのおばあちゃん。綱吉の湯なんて見たら飛び上がって喜んじゃうんじゃないか。
やはり、英国と日本じゃ王室に対する距離感が違うのかしら。ブレア首相と女王の丁々発止のやりとりなんて、日本でいえば、小泉前首相と天皇陛下のやりとりみたいなもんでしょ。そんなものを映画にするなんて恐れ多くて絶対できないと思うけど。
太陽」だって、結局日本ではつくれず、ロシア映画だったもんな。日本と西洋とは、王室に対する考え方とか接し方とかが歴史的に違うのかもな。
それにしたって、こんなに王室の姿をあけっぴろげに描いた映画によく上映の許可が出たわね。まだ実在の女王なのよ。
でも、女王陛下もいろいろあってつらいんだなあ、というのが伝わってきて、近親感が沸く。かえってこの映画によって王室の人気が上がったんじゃないのか。
そうね、今度女王が日本に来たら大江戸温泉物語でゆっくり手足を伸ばしてもらいたいわね。
愛犬たちは綱吉の湯でな。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<虹01系統>
浜松町駅⇒浜松町駅前⇒海岸一丁目⇒竹芝桟橋⇒日の出桟橋⇒芝浦埠頭駅入口⇒お台場海浜公園駅⇒フジテレビ前⇒台場駅前⇒船の科学館駅前⇒日本科学未来館前⇒東京湾合同庁舎前⇒テレコムセンター駅前⇒パレットタウン前⇒フェリー埠頭入口⇒東京ビッグサイト

コメント (4)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« 「神童」:日本科学未来館前... | トップ | 「バベル」:テレコムセンタ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は☆★ (mezzotint)
2007-05-12 19:45:07
ジョーさん
今晩は
そうなんですよ
でも憶えていません。
シモンズという役で登場して
いたようです。ちょっと気になるところですね。
デカプリオやコネリーの印象が
強いので・・・・。押されちゃって
いるのかも知れません。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-05-13 19:13:42
■mezzotintさんへ
シモンズという役?うーん、まったく覚えていませんが、先に「クィーン」を観てから「ブラッド・ダイヤモンド」を観れば気づいたかもしれませんね。
Unknown (ケント)
2007-12-23 20:54:25
こんばんはTBお邪魔します。
女王は孤独なんですね。半世紀以上も君主を続けている人は珍しいし、それを維持するのも大変なものでしょうね。歴史の重みさえ感じます。長生きして欲しいものです。
ヘレン・ミレンはさすがに貫禄でした。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-12-24 09:06:27
■ケントさんへ
あれだけの重圧の中でしゃんとしているなんて、
やはり女王というのはたいした人物ですね。
感心しました。

コメントを投稿

★虹01系統(浜松町駅~ビッグサイト)」カテゴリの最新記事

31 トラックバック

クィーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アカデミー賞主演女優賞受賞のヘレン・ミレンを観に劇場へ―【story】1997年8月31日。ダイアナ元皇太子妃がパリで自動車事故によって急逝した―事故直後、英国国民の関心は一斉にエリザベス女王(ヘレン・ミレン)に向けられ、好奇心の対象となった。民間人となったダイア...
「クィーン」映画感想 (Wilderlandwandar)
今年のアカデミー賞で(記事)ヘレン・ミレンさんが主演女優賞を獲得した時から気にな
『クイーン』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
人はやはり、畏怖するものをもとめているのだろうか。物語は、ブレアがイギリスの首相として、就任し、エリザベス女王と謁見するところから始まる。その後すぐにチャールズと離婚した元プリンセスのダイアナの事故。イギリスは国中が彼女の死を悲しみ、政府と王室は彼女の...
THE QUEEN クィーン (心のままに映画の風景)
1997年8月31日“英国の薔薇”とうたわれた英国王室のダイアナ元皇太子妃が、 パリで交通事故に遭い逝去してしまう衝撃的なニュースが全世界に流れた。 ダイアナ元妃の訃報を悼み、その日から全世界は悲しみに包まれる。
クイーン(2006) (萌映画)
ヘレン・ミレンといえばrukkiaにとってはモルガン(@「エクスカリバー」)でディープソート(@「銀河ヒッチハイクガイド」)なわけだが、ここでは女王である。 しかも、御存命で現職の女王である。 これまたすんごいものに挑戦したなぁ。 そして、主演女優賞総なめ、と...
★クィーン(THEQUEEN)★ (CinemaCollection)
世界中が泣いたその日、ただひとりだけ涙を見せない人がいた映時間104分製作国イギリス/フランス/イタリア公開情報劇場公開(エイベックス・エンタテインメント)初公開年月2007/04/14ジャンルドラマ【解説】離婚後も絶大な人気を誇ったダイアナ元皇太子妃の突然の事故死....
クィーン(映画館) (ひるめし。)
世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなかった人がいた
真・映画日記『クィーン』 (          )
4月19日(木)◆416日目◆ 終業後、三田線で日比谷へ。 シャンテ・シネで『クィーン』を見る。 6割ほどの入り。 女性客、会社帰りのリーマンが客層の中心。 ボクの右隣は外国人の野郎二人組。 1997年8月に起きたダイアナ元皇太子姫の自動車事故→急逝。 ...
映画~クィーン (きららのきらきら生活)
 「クィーン」公式サイト本年度アカデミー賞主演女優賞受賞作品1997年8月31日に交通事故で他界したダイアナ元妃をめぐって、揺れ動く英国王室の内実を描いた衝撃のドラマ。1997年8月31日、“英国の薔薇”ともうたわれた英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故に...
クィーン (悠雅的生活)
21世紀の英国女王、エリザベス2世。
クィーン つぶやいてみた 281 (ナナドはちぶ の 映画と日常のつぶやき.)
{{{'''[http://queen-movie.jp/ クィーン]'''}}} ''THE QUEEN''                                          2006年 英/仏/伊 エイベックス・エンタテインメント ...
【2007-63】クィーン(THE QUEEN) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ショッキングなニュースが世界中を震撼させた 1997年8月31日 ダイアナ元妃 突然の死 世界中が泣いたその日、 たった一人涙を見せなかった人がいた 世界中が注目したひとりの女王 その時─ 英国王室に何が起こったのか あれから10年 今、真実が...
クィーン(2006年) (勝手に映画評)
ヘレン・ミレンが、2007年度アカデミー賞主演女優賞を受賞した作品。1997年8月31日のイギリス王室ダイアナ元皇太子妃の死後一週間のイギリス王室(と言うより、エリザベス女王と就任まもない首相のトニー・ブレア)の動きを追った作品。ちょっとネタバレありです。全国公...
女王の涙 【クィーン】 (犬も歩けばBohにあたる!)
2007年、アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞したヘレン・ミレン。 彼女は映画「
クィーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE QUEEN) 【2006年・イギリス/フランス/イタリア】試写会で鑑賞(★★★★☆) 離婚後も絶大な人気を誇ったダイアナ元皇太子妃の突然の事故死という事態に直面し、その対応に苦慮する英国王室の内幕に迫る実録政治ドラマ。 主演のヘレン・ミランは、第79回...
『クィーン』 (映像と音は言葉にできないけれど)
あの事件を思い出します。パパラッチという言葉も流行語のように乱用されてました。最初、パパラッチが誘発した事故...のはずだったのですが、後に飲酒運転だったのでは?とか様々な憶測もあって...。
旅行の部屋す五六 (大江戸温泉物語が、ゴールデンウィークに大人気です)
大江戸温泉がGWの密かに人気に!ゴールデンウィークの、お出かけしたい、テーマパークのランキング11位と、なかなかの人気です。
【劇場映画】 クィーン (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来関係のないことであった。女王はコメントを避けるが、ダイアナを称える国民の声は次第に高まっていく。や...
QUEEN☆エリザベス女王の“本当の姿”とは?そしてダイアナとの確執の行方?! (銅版画制作の日々)
  エリザベス女王にそっくりなので、いやあ~です。(ちなみに、このヘアースタイルの名前はキャベツヘアーだとか)よく似た人がいるものだと感心していたところ、先日「キネマ旬報」でヘレン・ミレンの素顔を見て、あまり似ていないことに気づきました。それにしても、...
「クィーン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Queen」2006 UK/フランス/イタリア パリでパパラッチに追いかけられた末、自動車事故で亡くなったプリンセス・オブ・ウエールズ。彼女の突然の死に苦悩す女王一家と、就任したばかりのトニー・ブレア首相の姿を描いたヒューマン・ドラマ。 エリザベス二世を演...
特別な存在であり続ける事の難しさ。『クィーン』 (水曜日のシネマ日記)
英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故に遭い、逝去してからの王室での一週間を描いた作品です。
★「クィーン」 (ひらりん的映画ブログ)
クィーンといえば、英国のエリザベス女王。 ダイアナ元妃の事故死事件時の王室を描いた作品・・って、よく作ったねぇ。 主演のヘレン・ミレンがオスカーの主演女優賞に輝いた作品。
クィーン(イギリス/フランス/イタリア) (映画でココロの筋トレ)
アカデミー賞主演女優賞受賞作品だからね。 やっぱ観ておこっと。。。ということで「クィーン」を観てきました。 ( → 公式HP  ) 出演:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ 上映時間:104分 ...
『クィーン』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『クィーン』(本館) 【監督】スティーヴン・フリアーズ 【脚本】ピーター・モーガン 【時間】104分 【出演】...
映画「クィーン queen」全部事実の様な錯覚を・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
存命中なのに、こんな映画が出来ちゃうことが、まず、びっくり。 日本なら、絶対有り得ないもんな。
[ クィーン ]母性に目覚めた女王 (アロハ坊主の日がな一日)
[ クィーン ]を新宿武蔵野館で鑑賞。 格調高い作品な気がして、どうも僕向きではないと観る前は思っていたが・・・・これが、予想外に面白かった。 1997年8月におきたダイアナ元皇太子妃の事故死によるロイヤルファミリーの混乱や女王とダイアナとの確執など、舞...
クィーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1997年8月31日、ダイアナ元妃の突然の死。 その時、王室に何が起こったのか。 世界中が泣いたその日、 たった一人涙を見せなかった人がいた』  コチラの「クィーン」は、ダイアナ元皇太子妃の事故直後の7日間のイギリス王室とブレア政権を描いた4/14公開になっ...
「クィーン」を観る (紫@試写会マニア)
観たいな、観たいな、と思いつつ機会をいしていた今作品、近所のシネコンの心憎い再演で観賞出来ました、流石ヘレン・ミレン、流石アカデミー賞、納得の秀作でした。 さりとて、イギリス王室やダイアナに全く興味のない人には、如何なものか。 私といえば、身分の高い...
クィーン (小部屋日記)
The Queen (2006/イギリス=フランス=イタリア)【DVD】 監督:スティーヴン・フリアーズ 出演:ヘレン・ミレン/マイケル・シーン/ジェームズ・クロムウェル/シルヴィア・シムズ/アレックス・ジェニングス/ヘレン・マックロリー 世界中が泣いたその日、たった一...
God Save the Queen (「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所)
5月15日のベストヒットは、克也さんの日記にもあったように、最初から最後までイギ
クィーン  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  1997年にダイアナ元妃が事故死したとき、世論にバッシングされて揺れ動く英国王室の内実を描いた衝撃のドラマである。 エリザベス女王を演じたへレン・ミレンは、この作品で第79回主演女優賞に輝いている。彼女は容貌だけではなく、その佇まいにおい...