【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ぐるりのこと。」:深川一丁目バス停付近の会話

2008-07-09 | ★門33系統(豊海水産埠頭~亀戸駅)

ここは、深川閻魔堂って言ってな、本堂の左側の建物の中に閻魔様がいるんだ。
閻魔様って、あの恐ろしいエンマ様?
ああ、エンマ様だ。
じゃあ、こんなところでうっかりしたこと、言えないわね。
死んだ人が、地獄に行くか極楽に行くかを決める究極の裁判官みたいなヤツだからな。
でも、リリー・フランキーは明らかに極楽行きよね。
なんだ、いきなり話が飛ぶな。
だって、「ぐるりのこと。」のリリー・フランキーは、何が起きてもあわてず騒がず、静かに妻を見守る、夫のかがみみたいな存在だったじゃない。明らかに極楽行きよ。
「ぐるりのこと。」かあ。ごく平凡な夫婦の10年に渡る物語。子どもが死んだり、そのせいで妻がうつ病になったりはするけど、とくに大きなドラマがあるわけでもない。淡々と時間は流れていくのに、飽きる瞬間がない。
妻を演じるのがこれまで脇役が多かった木村多江、夫を演じるのが俳優が本職じゃないリリー・フランキー。それだけに、色のついていない新鮮な組み合わせで、夫婦の情愛が、なんとも自然に感じ取れたわ。
リリー・フランキーの自然体も見ものだけど、この木村多江がとうとう本領を発揮した素晴らしさ。
ちょっと影が薄い隣の若奥さんみたいな役が多かったんだけど、その影の薄い若奥さんも、本人に照明を当てれば、これだけいろいろな葛藤を抱えているなかでなんとか生きているのよ、っていう感じが伝わってきて、ドキドキした。
また、撮り方がやたらきれいに魅力的に撮るもんだから、身を乗り出しちゃったぜ。
リリー・フランキーとじゃれあうシーンを延々と撮ったりしているんだけど、ああいう何げないシーンがどういうわけか、感動的なのよねえ。
人のセックスを笑うな」にも、同じように男女がじゃれあうだけのシーンがあったけど、あっちは恋人同士、こっちは夫婦同士。その違いがまた、いかにもって感じで、見比べてみるとおもしろいよな。
「ぐるりのこと。」のほうが全体に、おとなっていうか、しっとりしている。
夫の職業が法廷画家っていう設定がまた効いている。
夫婦という単位の小さな世界のお話なんだけど、その間に夫が法廷で被告たちの似顔絵を描くシーンが出てきて、小さな話の中に日本の社会を揺るがした大事件の犯人たちが裁かれるという大きなエピソードがはさまってくる。
エンマ様に言わせりゃ、地獄行きの人たち。
ああいう大きな世界と、夫婦だけの小さな世界。どちらも等価で、それで世の中、ぐるりはできているっていう、とても深みのある映画になった。
歩いても歩いても」とか「ぐるりのこと。」とか、最近は家族の日常を丁寧に描く秀作が立て続けに出てきたけど、日本映画に何か起こっているのかな。
映画人たちもきっと気づいたのよ、空虚な嘘ばかり重ねていると、エンマ様に舌を抜かれちゃうって。
なーるほど。って、ほんとか?


この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<門33系統>
豊海水産埠頭⇒月島警察署前⇒新島橋⇒勝どき三丁目⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島駅前⇒越中島⇒門前仲町⇒深川一丁目⇒深川二丁目⇒平野一丁目⇒清澄庭園前⇒清澄白河駅前⇒高橋⇒森下駅前⇒千歳三丁目⇒緑一丁目⇒都営両国駅前⇒石原一丁目⇒本所一丁目⇒東駒形一丁目⇒吾妻橋一丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋⇒押上⇒十間橋⇒柳島⇒福神橋⇒亀戸四丁目⇒亀戸駅前



コメント   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 「クライマーズ・ハイ」:門... | トップ | 「火垂るの墓」:深川二丁目... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

★門33系統(豊海水産埠頭~亀戸駅)」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

映画『ぐるりのこと。』 (健康への長い道)
久々に映画をハシゴしました。 まずはシネリーブル梅田にて昨日から公開の『ぐるりのこと。』 朝一番の10:40からでしたが、老若男女、幅広い客層で盛況でした。ある夫婦の1993年からの10年間を追った作品ということもあってか、カップルも多かったようです。 Stor...
「ぐるりのこと。」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
不器用はほどほどに、無神経は論外。1993年はぼくが就職した年。だから、その前後に起きた出来事っていうのは結構自分の中で線引きされていて、特に就職後の事件・事故は印象に残っているものが多い。主人公の翔子とカナオはそんな93年にいわゆる「デキ婚」で結ばれた。JU...
ぐるりのこと。 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいたい。』  コチラの「ぐるりのこと。」は、6/7に公開された「ハッシュ!」の橋口亮輔監督の6年ぶりの復活作となるヒューマン・ドラマです。なかなか評判がよさげだったのですが、評判に違わずいい作...
ぐるりのこと。(映画館) (ひるめし。)
めんどうくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい。
決して逃げず、引き受け、愛し、寄り添う~『ぐるりのこと。』 (真紅のthinkingdays)
 法廷画家で甲斐性のないカナオ(リリー・フランキー)と、小さな出版社に勤める しっかり者の翔子(木村多江)。学生時代からの腐れ縁の...
ぐるりのこと■センスの良い社会派 (映画と出会う・世界が変わる)
「渚のシンドバッド」を見たときは、それほど感じなかったが、「ハッシュ!」を見たときには橋口亮輔という監督は、もしかしたら社会派ではないかと思った。今回の「ぐるりのこと」を見たときに、これはまさにそうだとほぼ確信に至った。しかし、強烈にメッセージを投げか...
「ぐるりのこと。」 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ぐるりのこと。」□監督・原作・脚本・編集 橋口亮輔 □キャスト 木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明■鑑賞日 6月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満...
【2008-151】ぐるりのこと。 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 時代が激変した 90年代初頭 悲しみは心の闇を広げていく 希望はどこにあるのだろう これは ある夫婦の10年の物語 そして 今を生きる私たちの物語 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にい...
『ぐるりのこと。』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督:橋口亮輔出演:木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明公式サイトはこちら。<Story>「お、動いた!」小さく膨らんだお腹に手を当て、翔子(木村多江)は夫のカナオ(リリー・フランキー)とともに、子を身籠...
【ぐるりのこと】 (日々のつぶやき)
監督:橋口亮輔 出演:木村多江、リリー・フランキー、倍償美津子、寺島進 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいたい。 ~ 一組の夫婦の10年の物語 ~ 「靴の修理のバイトをするカナオと結婚した出版社に勤める翔子。、間もなく
ぐるりのこと リリー・フランキー、映画初出演! (銅版画制作の日々)
 ぐるりって?→自分の身の周りのこと。または、自分をとりまく様々な現境のこと。   7月17日、祇園祭りの最中・・・・。京都シネマにて鑑賞しました。お客さん、さすが少なかった?みんな祇園祭で巡行見学みたいです。私は母の入院の手続き終了後、いそいそシ...
mini review 08318「ぐるりのこと。」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
前作『ハッシュ!』が国内外で絶賛された橋口亮輔監督が、6年ぶりにオリジナル脚本に挑んだ人間ドラマ。1990年代から今世紀初頭に起きたさまざまな社会的事件を背景に、困難に直面しながらも一緒に乗り越えてゆく夫婦の10年に渡る軌跡を描く。主演は『怪談』の木村多江と...
『ぐるりのこと。』 (カエルノセカイ)
小さな出版社で編集者として働いている翔子(木村多江)と、法廷画家のカナオ(リリー・フランキー)。 何事も几帳面で生真面目な妻と、女にだらしがない夫は、お互い些細な不満ははあるけれど、それなりに幸せに暮らしていた。 しかし、やがてその平穏な生活に翳りが見え...
【映画】ぐるりのこと。 (新!やさぐれ日記)
■動機 一度見逃したレアもの映画だから ■感想 良い映画だなっと思った。 ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを授かった幸せをかみしめて...
ぐるりのこと (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  初めのうちは、どことなく頼りなく、はっきりせず、女の尻ばかり追っている夫役のリリー・フランキーいらいらしていた。だがストーリーが進むうちに、だんだんこの男の好感度がアップしてゆくのが不思議だった。 このあたりは、リリー・フランキーの演技のな...
ぐるりのこと。 (悠雅的生活)
君が好きだから。
「ぐるりのこと。」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
じんわり心に響きました
『ぐるりのこと。』 (めでぃあみっくす)
なんか夫婦っていいなぁ~。結婚してから改めてこの映画を見たらもっといいんだろうなぁ~。そう思える映画でした。別に劇的なことが起こる訳ではないのですが、一緒に育てたトマトを食べる、手を繋いで歩く、決め事をカレンダーに記すという、何でもないことが凄く羨まし...
その先の自分がどう生きていくのか・・・。『ぐるりのこと。』 (水曜日のシネマ日記)
2008年6月に劇場公開された映画。美大出身の同級生夫婦で、真面目で几帳面な妻と自由奔放な夫の絆を描いた作品です。