【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「重力ピエロ」:新宿三丁目バス停付近の会話

2009-05-23 | ★品97系統(品川駅~新宿駅)

ティファニーって、新宿三越に入っているのか・・・。
仙台にもあるわよね。
たしか、仙台でも三越の中にあったはずだ。
仙台にあって、壁に落書きはされていないの?
そんな、仙台中が落書きされているようなこと、言うなよ。
ごめん、ごめん。さっき、「重力ピエロ」を観ちゃったもんだから。
伊坂幸太郎の小説を「Laundry」の森淳一監督が映画化した作品か。
仙台のあちこちで落書きと放火があり、その謎を若い兄弟が解き明かしていくというミステリー映画。
ちょ、ちょっと待て。たしかにミステリー仕立てのストーリーではあるけれど、謎を解くのが主眼じゃなくて、謎を追ううちに浮かび上がってくるひとつの家族の在り方がテーマの映画だからな。誤解するなよ。
そんなこと、観ていればわかるわよ。最強の家族の物語でしょ。
そう。最強の家族の物語。って言ったって、ウルトラマン一家の話じゃないぞ。
だから、わかってるって。伊坂幸太郎がそんな小説を書くわけないじゃない。
そして、森淳一がそんな映画をつくるわけがない。
重力ピエロのエピソードをはじめ、物語に散りばめられた、琴線に触れるエピソードの積み重ねが、家族の絆、家族の姿とは何かを知らず知らずに教えてくれる。
いつもどおり、伊坂幸太郎の原作は、ギミックを利かせながらも、共感を覚える人物造型とウイットを利かせた会話に富んで、人が生きていくことに対する、いとおしいほどの思いが浮かび上がってくる。
そのエッセンスを丁寧に映像化して、後味のさわやかな家族映画ができあがった。
「Laundry」に通じる、森淳一監督独特のほわっとした空気感が原作と相性が良かったのかもしれないな。
中心にあるのは血のつながりとは何かという、結構ドロドロしたテーマなんだけど、出演者たちがまた、みな、軽やかに演じていて、みごとに好感の持てる映画に仕上がった。
血のつながる絶対悪との対決っていうギリシャ悲劇のようなディープで重たいシーンもあるのに、ふわっと明るい感覚で見終わることができるのは、原作者、監督を中心とするスタッフ、出演者のアンサンブルがいいからとしか言いようがない。
重たいものを軽々しく、ではなく、軽やかに表現して違和感がない。
そうそう。それはこの物語が言いたいことそのものだ。軽々しく生きるな、軽やかに生きろ!
最強の家族を演じるのは、父が小日向文世、母が鈴木京香、兄が加瀬亮、弟が岡田将生。
なかでも、「最強の家族だ」と笑顔で言い続けなければならない小日向文世の胸の内を想像すると、こちらまで息苦しくなってくる。
カツラ姿までがいとおしい。
そして、岡田将生。父、母、兄を演じる俳優陣がそれぞれいい仕事をしているのはあたりまえとして、弟を演じる岡田将生がこんなにいいとは思わなかった。
大胆さと繊細さを兼ね備えていて、いちばん輝いていたころの窪塚洋介をほうふつとさせる。彼が登場するだけで、画面にさわやかな風が吹いてくるから不思議ね。
「春が二階から落ちてきた」という、原作の有名な書き出しに呼応するようにスローモーションで登場する印象的な場面から、映画の空気感を一発で決めてしまった。
私のようなおばさんとしては、無節操にテレビドラマに出てつぶれてしまわないことを願うのみだな。
俺のようなおじさんとしては、お前みたいな無節操なおばさんファンがキャーキャー騒いで、逸材をつぶしてしまわないことを祈るのみだな。
大丈夫。この胸に輝くティファニーのアクセサリーのように大事にするわよ。
ちょ、ちょっと待て。買ってやるとは言ってないぞ、そのティファニー。



この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<品97系統>
品川車庫前⇒品川駅前⇒高輪北町⇒泉岳寺前⇒高輪一丁目⇒魚籃坂下⇒古川橋⇒四ノ橋⇒光林寺前⇒天現寺橋⇒広尾橋⇒日赤医療センター下⇒西麻布⇒墓地下⇒青山斎場⇒赤坂高校前⇒青山一丁目駅前⇒北青山一丁目アパート前⇒権田原⇒信濃町駅南口⇒信濃町駅前⇒左門町⇒四谷三丁目⇒四谷四丁目⇒新宿一丁目⇒新宿二丁目⇒新宿三丁目⇒新宿追分⇒新宿駅東口⇒新宿駅西口







コメント (12)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
« 「ブッシュ」:新宿二丁目バ... | トップ | 「チョコレート・ファイター... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
天然 (miyu)
2009-05-23 20:38:39
コケッコーで目をつけたものの、
ドラマはあまり見ないのでその後ちょっとごぶさたしていた
岡田くんがおっしゃるようにこんなにいいとは思わなかったですよね。
最近やけに映画出演も多いみたいなので、
本当無節操に出てつぶされないことには気をつけてもらいたいですね。
三越って。。。 (rose_chocolat)
2009-05-23 20:39:42
そう絡むんですか(笑)
ちょっと面白過ぎですw
■miyuさんへ (ジョー)
2009-05-23 22:03:49
あ、コケッコーの男の子でしたか。まあ、大きくなって・・・て、
その、近所のおばさんみたいな見方がよろしくないんですよね。
もっと真剣に応援しなければ。
■rose_chocolatさんへ (ジョー)
2009-05-23 22:09:38
そういえば、仙台が舞台のわりに
仙台三越も伊達正宗像もケヤキ並木も出てこなかったですね。
「ゴールデンスランバー」の映画化では
どうなっているのか楽しみです。
こんにちは (まりっぺ)
2009-05-24 11:31:50
役者陣がみないい味を出してましたね。
こんにちは~♪ (由香)
2009-05-24 17:30:42
お邪魔します♪
実は無節操なおばさんファンになりそうです(汗)
未見だった『天然コケコッコー』のDVDを借りてきました・爆

>ディープで重たいシーンもあるのに、ふわっと明るい感覚で見終わることができる
そうでしたね~原作の雰囲気を損なわず、映画の良さも出ていたいい作品でしたね♪
■まりっぺさんへ (ジョー)
2009-05-26 20:35:52
大スターはいないけれど、
理想に近い配役かもしれませんね。
よかったです。
■由香さんへ (ジョー)
2009-05-26 21:34:13
「天然コケッコー」、この映画とは全然違いますが
ほわっとした気分になれる映画でしたね。
岡田君、結構いい映画に出ているのかな。
いつも楽しく拝読しております (真紅)
2009-05-28 13:36:40
ジョーさん、こんにちは!
私も、この映画から「生きろ!」というメッセージを感じました。
岡田くん、いいですよね? 逸材をつぶすおばさんにならないように気を付けます(笑)。
いい映画でした。
■真紅さんへ (ジョー)
2009-05-31 09:57:40
岡田君が大きく伸びるよう、吉高由里子のようにこっそり応援してあげましょう、と相方も申しております。

コメントを投稿

★品97系統(品川駅~新宿駅)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

43 トラックバック

森淳一監督 「重力ピエロ」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
アチャチャチャ~~~!(><:) 給料日前でお小遣いがピンチなのに、今日公休で… 尚且つ、観たいと思ってた伊坂幸太郎原作の「重力ピエロ」↓ (本のレビューはコチラ⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/72124bec79c86cbb3b0f494884f93f69) その映画化作品(...
重力ピエロ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『俺たちは最強の家族だ』  コチラの「重力ピエロ」は、「アヒルと鴨のコインロッカー」をはじめ「陽気なギャングが地球を回す」、「フィッシュストーリー」と映画化が続く伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化した5/23公開の感動ミステリーなのですが、早速観てき...
『重力ピエロ』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:森淳一原作:伊坂幸太郎出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、鈴木京香、渡部篤郎試写会場 : 京橋テアトル試写室公式サイトはこちら。<Story>遺伝子を研究する大学院生・泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春(岡田....
重力ピエロ (だらだら無気力ブログ)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化。 仙台を舞台に連続放火事件とその現場近くで見つかるグラフィティアート。 ある兄弟が、事件に興味を持ち、その謎を解いていくが、その過程で兄弟の 家族の過去が明らかになっていく。大学院で遺伝子の研究を行っている泉水と芸術的な絵...
『重力ピエロ』舞台挨拶@新宿バルト9 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w三木聡×麻生久美子の『インスタント沼』も観たかったのだが、今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、 伊坂幸太郎原作の『重力ピエロ』伊坂作品は、今年に入って2作目の...
重力ピエロ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』は、私が最初に読んだ伊坂作品です。大好きなお話なので映画化を楽しみにしていました~【story】遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では謎...
レビュー:重力ピエロ (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[人間ドラマ][ミステリー][遺伝子][連続放火事件][実写][邦画][ビスタ] 話の重さ:★★★☆☆ 家族の絆:★★★☆☆ 出演: 加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香 兄と弟と父の3人暮らしの家族にはつらい過去があった...
重力ピエロ (to Heart)
家族の愛は、 重力を 超える。 製作年度: 2009年 上映時間: 119分 原作 伊坂幸太郎 『重力ピエロ』(新潮社刊) 脚本 相沢友子 監督 森淳一 出演 加瀬亮/岡田将生/小日向文世/吉高由里子/岡田義徳/渡部篤郎/鈴木京香 作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説である、...
重力ピエロ (あーうぃ だにぇっと)
監督: 森淳一 キャスト 奥野泉水☆加瀬亮 奥野春☆岡田将生 奥野正志☆小日向文世 夏子☆吉高由里子 山内☆岡田義徳 葛城由紀夫☆渡部篤郎 奥野梨江子☆鈴木京香 他 【ストーリー】 遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生...
試写会「重力ピエロ」 (日々“是”精進!)
「重力ピエロ」の試写会に行ってきました切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った人気作家・伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見つかるグラフィティアートの謎を追う兄弟が、やがて家族...
映画「重力ピエロ」@京橋テアトル試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写会は「Yahoo!映画/ユーザーレビュアー試写会」だ。会場となった試写室は満席で補助椅子も稼動された。映画上映後には森淳一監督を招き観客とのティーチインが行われた。  映画の話 大学院で遺伝子の研究をする兄の泉水と、自分がピカソの生まれ変わ...
「重力ピエロ」モニター試写会にて。 (ペパーミントの魔術師)
春が二階から落ちてきた。 このシーンを撮るために使われた校舎はもうないそうですが、 原作冒頭のこの一行。忠実に再現してましたね。 いい感じでした。 実は原作本を最後まで読みきらないうちに 見てしまったのですが う~ん、ミステリーじゃね~じゃん。がまずひと...
重力ピエロ (加瀬亮さん&岡田将生さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆加瀬亮さん(のつもり) ◆岡田将生さん(のつもり) 映画『重力ピエロ』に加瀬亮さんは奥野泉水 役で、岡田将生さんは奥野春 役で出演しています。 昨日よりついに全国公開されました。 ●導入部のあらすじと感想
重力ピエロ (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎のベストセラー小説の映画化。ちなみに同じ伊坂幸太郎原作では最近公開された『フィッシュストーリー』や『アヒルと鴨のコインロッカー』があります。主演は『犬と私の10の約束』や『パコと魔法の絵本』などヒット作に多数出演している加瀬亮。共演に『ホノカ...
重力ピエロ (悠雅的生活)
本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ。
映画 【重力ピエロ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「重力ピエロ」 伊坂幸太郎の同名小説の映画化。 おはなし:遺伝子研究をしている大学院生の奥野泉水(加瀬亮)は、弟の春(岡田将生)から奇妙な話を聞く。春は街の落書き消しを仕事にしていたが、その現場と最近続いている連続放火事件のそれが、すべて共通...
重力ピエロ◆悲劇を逆転させた家族のファンタジー (好きな映画だけ見ていたい)
     「重力ピエロ」 (2009年・日本) 「春が二階から落ちてきた」という印象的なフレーズではじまるこの物語は、生きることの“重力”と、その重力を奇跡のようにはねのけた、ある家族の生きざまをミステリー仕立てで描いている。彼らがそれぞれに背負ってきたも...
[映画『重力ピエロ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆深く重いが、いい作品だった。  私は、ミステリには非常に詳しかったのだが、原作の伊坂幸太郎がデビューした頃から、なかなか読書の時間が取れなくなり、伊坂作品には詳しくない。  でも、先日観た伊坂原作の『フィッシュストーリー』には非常に感心した口だ。  ...
【重量ピエロ】 (日々のつぶやき)
監督:森淳一 出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、渡部篤郎、鈴木京香、岡田義徳      家族の愛は、重力を超える。 「遺伝子を勉強する大学院生の兄泉水と絵の才能を持つ弟春は母親を亡くし父親と三人の家族。 家族の住む仙台市内で連続放火
重力ピエロ (Diarydiary!)
《重力ピエロ》 2009年 日本映画 グラフィックアートが描かれた近くで放火事件
「重力ピエロ」世の中で裁けなかったDNA事件を裁かなければならなかった悲劇の運命 (オールマイティにコメンテート)
「重力ピエロ」は伊坂幸太郎原作の重力ピエロを映画化した作品で連続放火事件が多発する事件の謎を追う大学生とフリーターの青年が事件を追ううちに家族の過去の秘密にたどり着くストーリーである。原作は未読ながら鑑賞しているうちにこの家族の境遇から事件への経緯が2...
【重力ピエロ】楽しそうに生きていれば重力なんて消える (映画@見取り八段)
重力ピエロ 監督: 森淳一 原作: 伊坂幸太郎 出演:  加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子       公開: 2009年5月 ...
愛はDNAを超える。『重力ピエロ』 (水曜日のシネマ日記)
伊坂幸太郎の小説を映画化した作品。大学院で遺伝子の研究をする兄と落書き消しの仕事をする弟の物語です。
最強の家族~『重力ピエロ』 (真紅のthinkingdays)
  「春が二階から落ちてきた」  大学院で遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と、美し過ぎる容姿を持つ春(岡田将生) は仲のよい...
【重力ピエロ】★加瀬亮★岡田将生 (猫とHidamariで)
春が、二階から落ちて来た。重力ピエロ HP重力ピエロ シネマトゥデイスタッフ監督:森淳一原作:伊坂幸太郎企画・脚本:相沢友子キャスト加瀬亮  : 奥野泉水(兄)岡田将生 : 奥野春(弟)鈴木京香 : 奥野梨江子(母)小日向文世 : 奥野正志(父)吉高...
『重力ピエロ』 (You got a movie)
監督   森 淳一 キャスト 加瀬 亮      岡田将生      小日向文世      鈴木京香      渡部篤郎 ほか      アヒルと鴨のコインロッカーや死神の精度の伊坂幸太郎が書いたベストセラーミステリーの映画化。仙台のある町で起こった連続放火...
重力ピエロ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     = 『重力ピエロ』  (2009) = 食あたりだと思い病院へ行った父(小日向文世)から、ガンを宣告された泉水(加瀬亮)と春(岡田将生)。 一方その頃、仙台市内では連続放火事件が発生。 落書き消しの仕事をする春は、自分が落書きを消した場所の近...
重力ピエロ (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目。 あたりかはずれか、不安を感じながらも、「ホノカアボーイ」でちょっと気になった岡田将生さんが出ているし。 加瀬亮さんと小日向文世さんといえば、「それでもボクはやってない」の、因縁の(?)コンビ。 終わるのが2時過ぎで、眠気との...
重力ピエロ・リベンジ。 (ペパーミントの魔術師)
SometimesS.R.S 山口卓也 いしわたり淳治 トイズファクトリー 2009-05-20売り上げランキング : 585おすすめ平均 無題新鮮なノスタルジーAmazonで詳しく見る by G-Tools 映画の宣伝と別に CDの宣伝も流れるようになりました。PV見たんですが 岡田将生くんが映画に出てる...
重力ピエロ (Diarydiary!)
《重力ピエロ》 2009年 日本映画 グラフィックアートが描かれた近くで放火事件
~『重力ピエロ』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、森淳一監督、加瀬亮、岡田将生主演。
重力ピエロ (★ Shaberiba ★)
連続放火事件&落書きに隠された真実とは?
重力ピエロ、ミステリーだったとは知らず・・・・。 (銅版画制作の日々)
 重力を背負った家族の、“愛”と“謎” 「重力ピエロ」公開開始からお客さんが多いそうです。年齢層もぐ~んと下がって若い人たちが観にやって来るようですね。私は伊坂幸太郎という小説家がいるのは知っていましたが。どんな小説を書いているかを知りませんでした。大...
【映画】重力ピエロ (新!やさぐれ日記)
▼動機 駄作だと思ってた小説の映画化 ▼感想 そういうことだったのかっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では...
『重力ピエロ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”があった。その原因をもたらした“ある男”が街に戻ってきた。そ...
『重力ピエロ』 (カエルノセカイ)
ある春の日、奥野泉水(加瀬亮)は二歳違いの弟である春(岡田将生)に、頼まれ事をされる。 春の高校まで、ジョーダン・バット――父が買ってきたそのバットには、なぜかマイケル・ジョーダン(?)のサインが入っている――を持ってきて欲しいというものだった。 バット...
『重力ピエロ』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「重力ピエロ」□監督 森淳一 □脚本 相沢友子 □原作 伊坂幸太郎 (「重力ピエロ」新潮社刊)□キャスト 加瀬 亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香■鑑賞日 5月30日(土)■劇場 109CIN...
重力ピエロ (墨映画(BOKUEIGA))
「ターミネーター4」の先行上映の日。いい席が取れなかったので1本遅らせて見る事に。 時間が空いたので、タイミングがよかったから観ました。 ところが、なんと言うこと。 泣きました。よかった。とっても、得した気分。 昔、「二本立て」などということをよくやっていた...
「重力ピエロ」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
辛いほど、苦しいほど強くなる。家族だから。先日、ひさしぶりに実家に電話をしたら、母が映画のロケが来ているという話をし始めた。「伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」という作品で、大河ドラマで将軍さんを演った人が来てたみたい」・・・って、それ今大人気の堺雅...
重力ピエロ / 73点 / 良い映画やけど非常に文章的なんよなー・・・ (FUNNY GAMES?)
原作がエエからエエ映画になってるっつー感じで、映画単体としては・・・ 『 重力ピエロ / 73点 』 2009年 日本 119分 監督 : 森淳一 脚本 : 相沢友子 出演 : 加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香 【
「重力ピエロ」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
連続放火事件と謎のグラフィティアート。
「重力ピエロ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
配役が良かったなぁ。子役との流れも完璧でした
「重力ピエロ」ドロドロなのに透明感 (ノルウェー暮らし・イン・London)
久しぶりに邦画を見た。 さすがの伊坂幸太郎原作もの。 深刻な内容なのに、どこか透明感のあるピュアな雰囲気。 すべてのキャストが、最高にマッチして、無駄な人物はひとりもいない。 人目をはばからず、声を上げて泣きながら見ている私がいた。