住んでる香港、旅はタイランド

香港
ときどき
タイ

台湾食堂

2020-10-01 | 香港 食べ物
朱色の円筒形の郵便ポスト、写真のような絵で描かれた映画のポスター、大戯院… 初めて見ても懐かしい、そう思わせる台湾の風景。そんなだまし絵のような装飾が施された台湾料理の店が、香港島炮台山(フォートレスヒル)にあります。

路地が分かれる交差点の角にある小さな店で、小学校の教室みたいな小さなテーブルと背もたれがない椅子が並んでいます。店の中もレトロな広告看板があって台湾にいるような錯覚に陥ります。

事務所の近くなので持帰りにしました。頼んだのは台湾の代表的な丼もの、魯肉飯です。

魯肉飯はご飯の上に細かく切った煮込んだ豚肉がのっているもので日本で言えば牛丼のようにポピュラーなメニュー。私も台湾に行ったときに何度か食べました。最初なので小さいサイズを頼みました。ご飯茶碗一杯ぐらいの量です。ひと口食べてみると、しっかり味のしみ込んだ肉とご飯の組み合わせが絶妙です。ごはんの真ん中ぐらいまでタレがしみ込んでいるので最後まで飽きずに食べられました。一切れだけですが沢庵がついているのもうれしい。

土曜日の午後に前を通ったら午後3時近くというのに行列ができていたので、平日の時間のある時にしか行けそうもないですが、次回は店内に大きくメニューが張り出されていた排骨飯を食べてみたいです。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 災難は続くよ~今度はパソコンが | トップ | 隠れメニューがあった »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

香港 食べ物」カテゴリの最新記事