地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

詐欺と恐喝

2017-04-06 03:40:03 | 日記
詐欺師の武器は「魅力」です。
その「魅力」として使われる小道具は多種多様です。

その「魅力」中で、金と性は古典的ですが、その小道具は強力で、 これからもその「魅力」を使った詐欺は無くならないでしょう。

一見、詐欺とは縁遠いような感じがしますが、詐欺に恐喝は付き物なんです。

それどころか 、恐喝を 詐欺的に行って 、商・ 取引に偽装する場合が 多いんです。

この手を使うプロが弁護士なんて言うと問題かも知れませんが、責められる方にすれば、ほぼ恐喝と同じ感じになります。

少し下火になって来た森友学園騒動ですが、これも詐欺と恐喝です。

脅かした方は籠池とその弁護士の何れかで、責められた方は近畿財務局…これが最大のポイントで、首相夫人を含めたそれ以外の事は、彩りの道具の一つにしか過ぎません。

財務局も脅しに屈したと、認める事は出来ないので、 当時の記録を隠してしまい 、ややこしい話になってしまった。 

小役人が 自分のために、隠し事をした 、と いう話より は、首相夫人のために 隠し事をした 。

そう言う ストーリー を望んだ人が多かったのです。

事件としてとらえれば、一番に解明するべき ポイント なのに、ここに疑いを持つ事が抜け落ちていたんです。

詐欺と恐喝のセットが盲点になった典型的な出来事です。。

まぁ、暴力を使っていない恐喝を立証するのは難しいんですけどネ。

この森友学園の問題が、政治家にとり、大きくなったのは、安倍首相から野党に出されたニンジンですネ。

国民は籠池がズルをして、大きな利益を得たことに不満が増大しましたが、籠池の資産が差し押さえられたりして、なんとなく怒りが小さくなってる様子です。

ベッキー騒動、スマップ騒動に続き、森友学園騒動も寒くて外に出たくない時期の話。 テレビ局は大助かりだったでしょネ。

この話、、、最初からその程度の話で、国会議員が関わって時間と経費を使う出来事じゃなかったんでしょうねぇ~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 枝豆作り | トップ | 悔しいぃぃ~ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事