地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

米朝会談でベストな方向は

2018-06-12 01:13:00 | 日記
自分の国の専用機では、会談会場まで飛べず。中国に寄って飛行機を借りてシンガポールに・・・

確かに専用機は古いソ連制で、航続距離はスレスレで危ない。途中で故障しても、古すぎて何処にも修理する部品もない。

やはり、全てにおいて何処かで中国の力を借りなければゴールまでは行く事が出来ないのを表しています。

また、経済面では会場での費用が自分では払えず、開催地のシンガポールに出してもらう。
これも北朝鮮の現状を表しているのでしょうか・・・・

自分が連れている多数のガードが食事を摂ったり、寝泊まりする事も自分で出来ない。
、、、そんな国家元首が居てるんですねぇ~。

日本にとり一番大事なのは、言うまでもなく拉致問題の進展。

可能性が少し出てきましたネ‼

北朝鮮にとり最大のカードは核。
それを捨てるにはそれなりの大きな見返りを求めます。

これは当然。それ以上の大きなカードは無いのですから、可能な限り多くの見返りを得たい。

その為には小出しにして、それに応じて見返りを求めます。そして、流れの途中で見返りを余分に求めます。それに応じなければ、全ての約束は破棄すると・・・・

もちろんアメリカは認めません。

そこで中国やロシアの出番があり、アメリカも簡単に意見を通す事が難しくなります。

これがアメリカが一番避けたい核の段階的廃棄と、それに伴う経済制裁の段階的解除です。

これは両者の間に落とし所は有りません‼

後はトランプ大統領の顔が立つかどうかだけになります。
そして、核の問題は実質的な先送りになります。その引き換えに、回りに有る小さな事柄の解決です。

北朝鮮と韓国や日本との問題。

これらの対処で、ある一定の会談効果を出し、未解決になった本題を薄める。

この流れになると拉致問題もテーブルに乗ります。
トランプ大統領にとり、会談成功が必要な状況に成ってる現在、それが弱点となっています。

日本の安倍首相は、世界の中で一番トランプ大統領を支持している態度をとり続けています。

まぁ、その事の良し悪しは別にして、トランプ大統領が外交で困れば困るほど、安倍首相の出番が増えます。

つまり、米朝会談で本題が余り上手く進まなければ、拉致問題の進展の可能性が大きくなります。

日本にとり、期待はそこだけですね‼
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第二の梅田さんを出さない為に | トップ | 本田選手は必要なのか❓ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事