地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

四者会談〔笑〕

2015-02-08 02:40:28 | 日記
恵美さん、40才・女性、一人生活歴・15年、、、結婚歴有り

志乃さん、40才代後半・女性、一人生活歴・20年余り、、、結婚歴無し

モトさん、60才代半ば・男性、一人生活歴・5年、、、結婚歴有り、子供有り

そして、一人生活歴一年程度、新人の私との4人でのくんだらです。
※くんだら・・しょお~もない雑談

子供がいてるのはモトさん一人、後は気楽な独身生活とも言えるのですが、、、

恵美さんは若くして結婚して、短期間の結婚生活で離婚したそうです。
志乃さんは高校を卒業と共に水商売に飛び込んだつわもので、バブル景気の夜の街の経験者です。
モトさんは熟年離婚なのでチト話しが重く暗い感じは未だにします。

私は・・・・自分の事は解らないですね。

そんな四人が酒を呑みながらの雑談ですが、一人生活にまだ慣れていない私は不自由な事が多くて、話の内容が一人生活のリスクばかりになるのですが、他の三人からは私の考えに否定の嵐になります。

私が「身体の調子が悪い時なんか一人だと不安だ。」と言うと
志乃さんは「そんなんどうしてもダメな時は救急車を呼べは良い。」と言う。

そしれに対して「そこまでの状態じゃなくて・・・」と言うと

志乃さんは「友達とか兄弟とか近くにいてる人にメールなり電話なりして、来てもらうとか暫くして、もう一度確認の連絡を相手にしてもらうとか頼めば良い。」

彼女の場合は夜働いているので、深夜に異常事態になっても起きている友達は居てるだろうし、昼間なら別の人にも連絡しやすい。

しかし私は遊びで夜更かしはするけど、深夜に起きてる兄弟も友達もいない、、、と言うと
「ほな、私に連絡してきな」で、片付けられてしまう。

そう言ってくれるのは嬉しいけど、現実的じゃないよね。
深夜に彼女でもない女の人に「今からこっちに来て」なんて言えますか・・。

そんな事が通用するなら、、、、別の事で使いたいですよねぇ~。

私が始めて自宅で一人焼き肉をした話をしました。
外での一人焼肉は経験済みですが、自宅での一人焼肉は初体験です。


経験して一番感じた事は、、、、こんなん最低です。
準備や後始末が嫌なんじゃありません
一人でエサの様に食べるのが、余りにも虚しいし酒もまずいんです。
通りすがりのオッチャンでも良いから一緒に会話をしながらの食事の方がずっと良い。

そん事を言うと、、、、一人生活のベテランさん、、特に女性陣からは猛反発
「そんな贅沢は無い。好きなだけ食べて、好きなだけの時間をかけて、好きなように焼く、そんなん、、、、最高でぇ~。何の不満があるの、おかしいワ。」

女の人はたくましい、亭主が亡くなっても長生きするお婆さんが多いのが解るような気がします。

「じゃあ、、、Hの方はどんなん」と聞くと
一人生活の一番長い志乃さんは
「拒否してる訳じゃないけど、そんな気持ちにならない。」と言い
40才の女性の恵美さんは
「私もあんまりならない。」と、、、、少しニアンスが違った。
男のモトさんは
「一人になった当初だけで、今は欲求が無い。」・・・らしい

私の場合は男として、、、性欲が無くなるのは、まだチト・・・辛い。
枯れた生活も悪いとは思わないけど、もう少し後で良い・・・って感じです。

まだまだ一人生活の未熟者です
ただ、自分で自分が解らないのは、、、、、
心の中の何処かに女を作るのが、、、、「めんどくさい」って言う感覚があることです。
寂しさ」と「面倒だ」と言うのが波打っている状態みたいです。


コメント