=118 ~木の因数分解~(家具工房つなぎブログ)

南房総でサクラの家具を作っています。ショールーム&カフェに遊びにおいでください。

そう、時として

2011年02月03日 | 【道具】愛してやまない伴侶たち
道具というものは、

作った者が全く意図しない使われ方をすることがある。


今日は、製材のバイト先でそんな体験をしてしまった。



かねてより、
こちらの製材所のあちこちに「鎌」が置かれていることが気になっていた。
そう、あの草刈りの鎌です。

木工に鎌はあまり使うことがないと思っていたので不思議だっただが、
今日はその鎌の威力に脱帽!

今日の仕事は、この鎌を使っての、
「杉の皮むき」

この皮むき作業、結構な重労働で、
2人がかりで午前中いっぱいかかりました。

しかし、もしもこの鎌がなかったら、もっと時間がかかっていたことは必至。

鎌のあの微妙なカーブが皮むきに最適なんです。

きっと鎌を作った人も、まさか皮むきに使われるとは思っていなかったのではないでしょうか。



それにしても、
今日の材木は、見事な山武杉でした。
幅広な4メートルの板に節がひとつもなく、きれいな木目が出ていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 工房の場所が決まりました! | トップ | 鬼は外、福は内 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【道具】愛してやまない伴侶たち」カテゴリの最新記事