馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

2017年診療実績

2018-11-01 | 日常

遅ればせながら、2017年度の診療実績を記録しておこう。

診療件数は、1,302件。おそらく過去最多だ。

「年間1,000頭の馬が来ます。」と言ってきたのだが、そろそろ言い換えた方が好いかも。

全身麻酔の頭数は733頭。これも過去最多だろう。

近年は、以前は全身麻酔していた手術も立位でできるようになり、全身麻酔の頭数は減少気味だったのけれど、

それでも一気に増加した。

(あとでも書くが、この増加は他の馬の二次診療施設の閉鎖によるものではない)

そのうち開腹手術は125頭。これもこの10年で最も多かった。

関節鏡手術は213頭。これも過去最多だ。

喉頭形成手術が27頭。これはだいたい安定している。

外傷治療93頭。これは倍増した。

怪我が多かったのかもしれないが、大怪我でなくても連れて来られることが増えたように感じている。

                      -

今年になって隣町の二次診療施設が稼動しなくなったので、今年度はさらに増加しているだろうと思う。

土曜日曜も平日と変わらず予定診療も急患も受け入れてきた。

1年間で最も暇な季節になって、やっと空き時間ができるようになって、前年度を振り返ってみた。

                      ---

きのうは、

午前中、当歳馬の第一趾骨の骨折のスクリュー固定。

底側突起の骨折、と思っていたが、背側まで骨折はつながっていた。

狙い定めてスクリューを良い位置に入れるのに神経を使う。

                   -

昼に当歳馬の剖検。

回虫多数寄生。

馬回虫はフルモキサールで駆虫を!!

                   -

午後は、血液検査業務をして、

1歳馬の橈骨の骨膿瘍・瘻管と腕節の滑液嚢腫。

傷が開かないように丁寧に切除し、丁寧に縫合するのに時間がかかる。

                    -

夜は、当歳馬の盲腸結腸重積。

盲腸は腹側結腸に完全に飲み込まれていて引っ張り出せない。

回腸を腹側結腸へバイパスする。

もう当歳馬も葉状条虫の駆虫をした方が良い!!

 

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 去勢後の出血 | トップ | 凶悪事件 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (zebra)
2018-11-01 07:28:37
皆さんで頑張っているのですね。
スタッフというのが申し訳ないぐらいではないかと。
hig先生の所の診療センターは決して小さいと思っていませんが、その数をこなすには手狭ではありませんか。
共済制度を逸脱する診療も多いことと存じますが、収益以上に地域性を維持するために必要なことなのだろうと考えます。
隣の診療施設が閉じる事が出来たのもhig先生の所の診療センターをあてにしての事でしょうし、一度行政とその存在意義について確認されては如何でしょう。
犬猫の病院みたいに商売成立するからそこにあるのだ位に考えられては、非自由診療の診療所としてはたまったものではないと思います。

フルモキサールは色々な駆虫薬が製造中止になった挙句の万能薬化しているみたいですね。
抗生剤より高次の生命体を相手にしているから開発も認証も大変なのでしょうけれども、新しいアプローチが必要な段階なのだろうと思います。
飼養環境で爆発的に感染拡大する要因なんかも感覚に頼らず人工知能に助言を求める時代なのかも知れません。
誰かやって下さい。。
Unknown (はとぽっけ)
2018-11-01 07:40:44
 確か獣医さん増員になったのですよね。
 診てもらえるようになっておんまさん、牛さんにもよかったことで。
 お医者さんの指導は具体的で短いのがいいなぁと常々思っています。
Unknown (るい)
2018-11-02 00:54:26
個人経営の自由診療なら笑いが止まりませんね。
ビルを建て、ついでに動物ナース学校を作った
小動物専門の獣医さんが南のほうにいます。ビルの屋上には祠があって(笑)
>zebraさん (hig)
2018-11-02 04:34:29
今年から私は執刀数は大幅に減らしました・・・つもりでしたけど、全体が増えたのでは執刀率だけかもしれません;笑
緊急手術が重なることがあるので、手術室が二つ欲しいところですが、その場合はあと1-2名獣医師と準備・片付けをやってくれるスタッフが必要です。こっちで終わらせたら、あっちで次を始める。
こちらの研修センターも解剖場も、町営です(でした)。敷地は町有地です。その点では支援はしてもらってはいます。もっと直接的な運営資金の援助をもらっている地域もあるようですね。

フルモキサールもいつまで馬回虫に効くのかわかりません。賢い駆虫が求められる時代になっているのだと思います。獣医師の指導が必要でしょう。
>はとぽっけさん (hig)
2018-11-02 04:37:35
獣医師が5名になったのは2017年度の3月からなので、2017年度の実績には影響していません。2018年度はこの数割増しでしょうから、忙しいはずです;笑

指導や指示は、短く明瞭に。鉄則ですよね。
>るいさん (hig)
2018-11-02 04:45:42
金儲けが目的なら、でしょうね。獣医療も”仁術”であるなら、数をこなしてももうかるはずはありません。
でも、自社ビルで、医療設備とスタッフを整えてレベルの高い診療ができるのはうらやましいです。
祠は何でしょうね。神頼み?懺悔部屋?隠し金庫? 大動物診療施設のそばにもしばしば畜魂碑はあります。

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事