馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

秋の妙な腰痿 エンドファイト中毒か?

2018-10-27 | 馬神経病学

10月半ば、当歳馬が歩様がおかしいとのことで診療依頼。

おかしくなり出してもう1ヶ月近くなる、とのこと。

歩かせると強硬歩様。

小さいストライドで、突っ張って歩く。

後肢は特に広げ気味。

地面を叩くようでもある。

転びそうにもなる。

明らかに、頚椎症の腰痿とは症状が異なる。

しかし、念のために頚椎のX線撮影をし、血液検査もした。

頚椎に疑わしい所見はなし。

血液検査で炎症像はなし。

                -

その日、開業の先生から神経症状の当歳馬の動画を見せられた。

2頭。

頭を小刻みに振っている。

歩きもまともではない、とのこと。

                              -

秋にこのような歩様異常を示す若馬を診せられる年がある。

腰痿?と思われるような症状のこともあるが、見慣れた頚椎症の腰痿とは症状が異なる。

今年の馬は特に頚椎症の腰痿とはまったく症状が違った。

                -

カビ毒(エンドファイト中毒)かもしれない。

カビの生えたものなど与えていない、と言われるが、目で見えるようなカビではなく、

植物の細胞内に増殖して、さまざまな生理活性物質や毒素を産生する。

尋ねると、具合が悪くなってからも草が生えたパドックに出している、とのこと。

生草を食べないようにしたら良いよ。とアドバイスした。

                 -

1週間ほどで症状は良くなったそうだ。

                /////////////

秋、健康なワンコ、至福のとき;笑

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 重症の腸骨体骨折 | トップ | 頚の付け根の膿瘍だった »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2018-10-28 07:21:01
 自然界からの影響は特定は難しいけど、対策はあるものですね。
 確定のために否定する疾患をきちんとできないと、的確なアドバイスにならなかったでしょね。
 オラ君も至福でしょうが、見ているほうも眼福です!
 街の道路わきの汚れた草地に顔を突っ込む短足や小型のわんわんは、草を食べなくても毒気に当たりそう。散歩の後、顔拭くとえらいこと汚れている。
Unknown (piebald)
2018-10-28 18:48:08
今年は、見たことのないキノコを、いくつか見かけましたが、関係あるでしょうか?若馬がそうなるのは、経験不足ということでしょうか?
>はとぽっけさん (hig)
2018-10-29 03:49:37
青草至上主義者の私ですが、毒を含んでいるなら別です。エンドファイト中毒?と疑うことができれば対処できます。
>piebaldさん (hig)
2018-10-29 03:51:45
ほとんどの”毒”は、ある程度までは耐えることができて、感受性が高い個体や、閾値を越えてしまった個体が発症するのでしょう。
馬はキノコ食べるのかな~?多くのキノコは生で食べるとひどいことになると思います。
Unknown (Yoshi)
2018-10-29 14:17:41
他の腰痿のような症例の診断、治療などはどうされていますか。Equine degenerative myeloencephalopathyの可能性はありますでしょうか。
>Yoshiさん (hig)
2018-10-30 03:34:21
VitaminE欠乏が疑われる疾患ですかね?こちらでは白筋症が頻発していた時代も脳脊髄が侵されることはまずありませんでした。
日本ではEPMも輸入馬以外は疑う必要はないようです。
USAで何頭かEPMを観ましたが、やはり頚椎症の腰痿とは症状が違う印象を受けました。
しかし、神経病の診断は難しいですね。
Unknown (Yoshi)
2018-10-30 14:20:42
遺伝性疾患のようで白筋症のようにVitamin E欠乏が直接的な因子ではないようです。神経病は難しいですね。外科であることを言い訳にして勉強がおろそかになっています…
>Yoshiさん (hig)
2018-10-31 19:55:26
遺伝性ですか。らしき症例はこちらでは診たことがありません。
自覚症状がとれない患者さんたちですからね。神経病はとくに難しいです。

コメントを投稿

馬神経病学」カテゴリの最新記事