馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

公獣協研修2013 1日目

2013-01-31 | How to 馬医者修行

P1273661 日曜日、朝4時に起きて相棒と散歩する。

夜明けにはまだ遠い。

「とうちゃんしばらく居なくなるからな。

イイ子にしてるんだゾ」

無理なのはわかってるけど・・・・笑。

                        -

余裕をもって家を出たが、なんとガソリンのemptyランプが点灯している。

やっちまった・・・と思ったが隣町まで行けばたしか24時間営業のスタンドがあるはず。

もし営業していなかったらタクシーで空港へ行って間に合うか?などと考えながら走って、たどり着いたら給油できた。

24時間営業、24時間対応、ありがたいことだ。

                        -

厳寒期の移動になるこの研修。

天候が荒れて飛行機が欠航したら困ると毎年気になる。

貴重な時間を割いて、あるいは遠いところから参加してくださる方々に申し訳ないことになる。

P1273668そのこともあって前日の午前入りしたのだが、もう1つの理由はこのD-Jランチの持田さんの講習に半日でも参加したかったから。

馬に感じさせる。馬に自ら考えさせることで行動させる。とでもいうのだろうか、ナチュラルホースマンシップとも呼ばれる馬の扱い方はとても興味深いし、納得のいくものだった。

まだ騎乗馴致を始めたばかりの若馬が、今日初めて会ったばかりのはずの持田さんの後を追って歩き、体に触れるわけでもないのに後退したり、横方向へだって移動する。

 日高の馬もむかしよりずっと大人しくなった。

馬によく触るようになったからだろうが、まだ扱い方は統一されておらず、間違った扱いもずいぶんみかける。

ハミをつけるようになっても、ガチャガチャとハミをしゃくっているのを観るとこちらがイライラする。

競馬場でもナチュラルホースマンシップを取り入れて現役競走馬を扱う厩舎がある。

馬が子馬の頃から同じ考えで扱ってもらえれば、ずいぶん馬も人を理解しやすくなるだろうし、人と馬の関係もよくなるだろうと思う。

馬医者も仕事しやすくなるだろうし;笑。

                         -

P1273671 夕方、立位での去勢を見せてもらう。

18歳と高齢なので立位でやることになったようだった。

まあ、私は馬を縛り付けて痛いことをするのは感心しないし、

去勢は引張りすぎてはいけないと考えているし、

出血や痛みを少なく済ませるためにも外科侵襲は小さいほうが良いと思っている。

人のやり方を観れるというのも、よそへ出かけていっての獣医修行ならではだ。

                          -

夜、11時すぎまで楽しく会食。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 牛の分娩と子牛の事故について | トップ | 公獣協研修2013 2日目 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナチュラルホースマンシップ。私も機会があったら... (piebald)
2013-01-31 21:12:05
ナチュラルホースマンシップ。私も機会があったら、ぜひ見たいと思っていました。
馬ができるのに、それをさせられないのは、人馬ともに損なことですね。

話は逸れるのですが、鼻ねじは、生まれてどの位から出来るものなのでしょうか?今、必要があるわけではないのですが、小さな鼻には、無理なのかなぁ、と、よく考えてしまいます。
 お留守の間、You Tubeでおんまさんに関す... (はとぽっけ)
2013-01-31 22:27:21
 お留守の間、You Tubeでおんまさんに関する不快な、酷い映像を見て、やるせない気持ちになったけど、今日はhig先生の記事からまた温かい想いに導かれました。ありがとうございます。
 オラ君、いいこにしていなかったのでしょか?(笑)ゴルは一晩中ずっと待っていたことがあって、それ以来、わからなくても言って出かけるようにしていました。すぐ覚えてくれてほっとしたことを思い出します。
>piebaldさん (hig)
2013-02-01 06:11:32
>piebaldさん
 講習に参加する機会があればいいですね。普及してくれると良いと思っています。

 子馬は鼻捻子は成馬ほど効果がないようです。人が抱え込めるサイズの場合は尻尾と自分と反対側の耳を一人で持ちます。それができないサイズになると両耳を捻るか、鼻捻子を使いますが、一番保定しにくい月齢かもしれません。
>はとぽっけさん (hig)
2013-02-01 06:16:37
>はとぽっけさん
 それがなんとイイ子にしていたようです;笑。帰ってきたらお尻ごと尻尾を振って大歓迎してくれてます。まだ、元には戻っていません。
今、軍隊式の指導法とか体罰の問題が取り上げられ... (yu-ko(QHライダー))
2013-02-01 12:44:18
今、軍隊式の指導法とか体罰の問題が取り上げられていますが、馬の調教も同じだと思います。

力で抑え込まれて学んできた馬は、力で解決・解放しようとするので、もし、こわごわ扱う人間が来たら力を使ってくると思います。

きっとその連鎖は、ヒトもウマも(イヌも)本能の一部なのかな~と。変えていかないといけないんじゃないかな~と。
>yu-ko(QHライダー)さん (hig)
2013-02-01 22:21:29
>yu-ko(QHライダー)さん
 体罰や懲戒は馬でも犬でも効果があるか、やらなくてもしつけや調教ができるか議論がありますね。
 持田さんは馬の顔を叩くことがあるそうですが、感情を込めずに馬への合図として叩くようでした。

 馬も、犬も、そして人も、殴られたり怒鳴られたりして良くなることはないのかもしれませんね。
ナチュラルホースマンシップに自馬と共に何度か訓... (遠眼鏡)
2013-02-01 22:46:51
ナチュラルホースマンシップに自馬と共に何度か訓練に参加したことがあります。、大勢の前ではまわりの注目を引くくらい素晴らしいのですがいったん家に帰ってくるとわがまま全開。
そんなことあったっけ?という顔をされます。

馬が好きというより、馬に好かれる人というのがあるような気がします。
体臭でしょうか。
>遠眼鏡さん (hig)
2013-02-01 22:53:53
>遠眼鏡さん
 うちのワンコを観ているとイヌが好きな人がわかるようです。今はイヌは飼っていないけど、以前は飼っていたという人にも反応するので、他のイヌのにおいに反応しているわけではなさそうです。

 持田さんも馬に好かれるので馬がついて行くわけではなさそうです。やはり扱い方でしょう。
 家に帰ってくると・・・・馬が元の習慣に戻ってしまうという面はあるかもしれませんね。
Unknown (zebra)
2015-12-12 08:18:50
ホースマンでHig先生のブログを検索してもあまりかかりませんのでこちらで。
数多のホースマンでも傑出しておられた方の訃報です。
一昨年までかくしゃくと人前に立っておられました。合掌。
Unknown (zebra)
2015-12-12 08:20:50
名前にURL入れてしまいました。
そちらご覧ください。

コメントを投稿

How to 馬医者修行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事