馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

バナミンペーストの功罪

2018-08-19 | 急性腹症

金曜日、2日続きのTieback&cordectomy。

昼、外傷縫合。

午後、2歳競走馬の腕節骨折の関節鏡手術。

夕方、繁殖雌馬の疝痛の来院。

あちこちぶつけ、ひどい顔をして馬運車から降りてきた。

PCV58%、乳酸値4.0mmol/l。

鎮静剤投与しても寝そうになる。

「ダメかもしれないけど手術してみますか?」

と訊くと、オーナーにもう一度確認を・・・と言ってる間に、右前腕節が腫れて、曲がってきた。

馬運車から降りて歩いてくるときも、跛行しているのは気になっていた。

「ダメだね。あきらめましょう。」

                -

剖検したら、結腸捻転で、大結腸は完全壊死。

腕節は手根骨が粉砕骨折していた。

肝臓は右葉がとくに小さくて、大腸による長年の圧迫を物語っていた。

いつか結腸捻転で死ぬ運命の馬だったのだろう。

                -

朝、8時に疝痛が始まって、バナミン(フルニキシン)ペーストを与えたらすっかり疝痛は落ちついたのだそうだ。

昼にまた疝痛が始まって、来院したのが4時。

午前中に来院していれば手遅れになることなく助かっただろう。

激痛で転がりまわる中で手根骨を粉砕骨折することもなかっただろう。

再発防止のcolopexyがうまく行けば、結腸捻転で死なずに寿命を全うできたかもしれない。

                -

馬の疝痛にフルニキシンは特異的に効く。

しかし、気軽にバナミンペーストをフルドーズ(最大用量)与えていると、変位疝の診断が遅れることにつながる。

獣医師が注射でフルニキシン製剤を投与するときも、「半量にすべきだ」と述べている海外の先生も居た。

そして、獣医師なら、超音波検査と直腸検査などで変位疝ではないか診断できる(べきだ;笑)。

バナミンペーストは便利なものだが、疝痛を手遅れにする危険もある。

             /////////////

あっかるいね~

長年、馬のそばにいても、

こんな風に馬をとらえたり、

こんな馬の像をつくろうなんて思ったことはない。

だから芸術なんだろうな。

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 腱断裂 | トップ | サラブレッドが変なんだよ »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (zebra)
2018-08-19 07:54:32
手術について盲目的では無いから予後を査収する別の要素も見逃さないのですね。

馬は痛みセンサーとしてcox1を発達させたのでしょうか。
結果として胃潰瘍が起きやすく、さらにスポイルするフルニキシンはリスクファクターとならないのでしょうか。
牛はcox2の方が優勢のようですね。ストレスばかりではなく新世代のNSAID投与すると簡単に胃穿孔します。

画像は韓国人の作品なので全く意識されていないと思いますが、軍需をクライマックスとして高度経済成長時急速に失われた日本の馬産とクロスするように米国で芽生えた反戦のモチーフがフラワーパワーです。
これを一つにしたストゥーパであると解釈すれば、花の一つ一つもまた馬に見えて来ませんか。
写真見てへぇ現物見てふぅんでも十分楽しいですが、ここまで理屈こねれば世界中の馬好きさんに訴求すると思います笑
Unknown (はとぽっけ)
2018-08-19 09:34:27
 添付文書によると、そもそも「馬の運動器疾患による炎症と痛み」にとなっていて、疝痛に、とはなっていないようですね。
 これまで何度か受診するタイミングがあったかもしれないと思うとほんとに気の毒なことだったと。
 ついに登場!ここまでお花なおんまさんにはさすがのhig先生も、「馬ってのは違うんだよなぁ。そうじゃないんだよなぁ、、、」とはならないでしょね。
 はとぽっけも3度目にしてやっと会えました。この馬は大きいから、小さな子が「足がふたつしかないねぇ」って言ってたのがおもしろかった。道路を挟んで草間さんのかぼちゃもあった。通りを歩いて鑑賞できるんですね。喫茶コーナー、売店も入館料いらない感じ。オノヨーコさんのリンゴの木はたくさん実がついて、短冊もたわわ。今回は生きてる馬のほうに合う時間がなかった。次は雪が積もったら、ライトアップされたところを見に行きたいなぁ。
>zebraさん (hig)
2018-08-19 19:05:48
あいにく曇り空だったのですが、青空の下で見るとひたすら明るい作品でしょうね。おまけに飛び出さんばかりのポーズです。この感性に脱帽です。
>はとぽっけさん (hig)
2018-08-19 19:08:38
疝痛だと、輸液とか、ほかの治療もされてしまいますからね。それで治療試験ができなかったのでしょう。跛行で承認をとってしまえば、疝痛にも当然使われる、という判断があったのだと思います。

現代美術館、行けましたか!?なかなか見ごたえありますよね。
仙痛 (Mana)
2018-08-23 07:57:37
昔、獣医に産後の腹痛でもすぐにはFinadineを注射するなって教わりました。

別の所から来る症状を隠してしまう可能性があるからって。
あと、麻酔が効きづらくなるって聞きました。
>Manaさん (hig)
2018-08-23 20:27:40
麻酔が効きづらくなるかどうかわかりませんが、症状をマスクしてしまうのは確かです。
痛みも、発熱も。
対症療法より診断を。基本なんですよね。

コメントを投稿

急性腹症」カテゴリの最新記事