馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

去勢後の出血

2018-10-30 | その他外科

去勢したら出血が止まらない、とのことで開業獣医さんから診療依頼。

術後出血は去勢手術の併発症の代表的なもののひとつ。

しかし、たいていは特別な処置をしなくても自然に止まる。

私もせいぜいガーゼを入れておくことしかしたことがないので、自分の経験からはどのくらいの出血が危険か知らない。

古い外科の教科書を見ると、

滴下している出血は自然に止まるが、線状につながっている出血は止血処置しなければならない、

というようなことが書かれている。

しかし、来院する頃には止まっているだろう・・・と考えながら待った。

                 -

線状につながって出血してる・・・・・

フラッシュ撮影すると途切れているように写るが、人の目には紐状。

去勢してからすでに3時間。

口粘膜はやや貧血。PCV27%。これでは全身麻酔はしたくない。

                -

鎮静処置して、枠場に入れて、鉗子を術創へ入れて、精索らしきものをつかんで引っ張り出して、

さらに何本か鉗子をかけたら、なんとか血は外へは出てこなくなった。

創内で出血しているかどうかはわからない。

血腫が大きくなってこないように鉗子をかけなおして・・・・・

1 monocryl で精索を何度も貫いて、しっかり締めながら1本ずつ鉗子をはずした。

なんとか血は落ちなくなった。

                    -

Henderson式と呼ばれる捻転式去勢は、2005年にAAEPで発表された。

全身麻酔して、総鞘膜ごと、自然に捻り切れるまで回転させる、というのが大事な手技だ。

つい不安を感じて、結紮しておいたり、鉗子をかけてから捻転させたくなるが、

そんなことをすると結紮したり、鉗子をかけた部位で切れてしまいやすいだろう。

そして総鞘膜ごと捻ることで、総鞘膜に絞扼されて止血されるのだろう。

開放(総鞘膜も切開してしまう手技)でやると術後出血のリスクが高まるはずだ。

工夫してアレンジを加えることは悪いことではないが、その方法を間違うと危険だ。

                   -

危なかったのだ。

貧血するほど出血した馬も、

育成馬の股に手を入れなければならなかった私も;笑

                ///////////////

家の裏の林で見つけた秋。

滴るような”赤”を観るなら、こっちの方がイイね。

 

 

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 頚の付け根の膿瘍だった | トップ | 2017年診療実績 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2018-10-30 06:57:59
 基本をはずしちゃったのですか?輸血馬さんの出番かとひやひやして読みました。
 綿状につながって出血は、じわじわ出て、固まりかけて落ちてくるというイメージですか?それなら凝固系に異常がないという目安になるかも。出血=もったいない。というイメージを持つはとぽっけは、採血されるのもにがてです。 
 馬も、犬も、見え方が違うから脳への刺激やアウトプットも違うはず。紅葉をめでることができるのも、そういうことなんだなと思いながら、小一時間の森林ドライブした。美しい景色にリフレッシュできるいい季節ですねー。
>はとぽっけさん (hig)
2018-10-31 07:43:39
基本と申しましょうか、何とも。去勢手術の過誤は、USAでも馬の診療過誤の中で最も多いのです。

”線”状とは、途切れずつながって出血している、という意味です。

動物には風流を愛でる心があるかどうか・・・赤は血の色として認識しているかもしれませんね。
Unknown (はとぽっけ)
2018-10-31 20:53:44
線状かぁ線状3時間
 わんこもおんまさんも赤は赤く見えないのですよね。でも匂いでわかるでしょね。
 風流をどう定義するか、ですかねぇ。
 赤く見えなくても、季節などの変化には、わんこもいろいろ感じてはいるように思います。鳩なんかもときにはとぽっけより繊細で、感情豊かだと思うことさえありますが、風流はどうなんでしょ。はとぽっけも風流となると疑問符ですが。
 
>はとぽっけさん (hig)
2018-11-02 04:24:01
とぎれているなら大丈夫で、つながっているのは危ない。というのは学術的根拠ではないのでしょうが、古い家畜外科学の成書に書かれています。経験的な記述なのでしょうし、現代の教科書には書けませんが、役に立ちます。

わび、さびは、わかりませんが、寂しさや厳しさは感じているのではないでしょうか。ただ、野生動物はハードボイルドですよね。

コメントを投稿

その他外科」カテゴリの最新記事