馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

関節鏡ウィーク

2014-01-27 | 日常

P1265734日曜日は、

前日泳いだとは思えないような雪降り;笑。

P1265740
相棒は反省した風もない。

どこへでも入っていって、

呼んでもなかなか戻ってこない。

P1265742
湿って、エルビスで雪玉になる雪質だった。

今朝はまた冷え込んで-10℃。

キシキシなるようなアスピリンスノー。

北海道のスキー場が雪質が良いっていうけど、

寒いだけなんだよね。

                            -

今朝は7時すぎから除雪。

大して積もっていないが、中途半端に融けた雪が残って凍るといつまでも無くならなくなる。

午前中、1歳馬の飛節OCDの関節鏡手術。

午後は、2歳馬の大腿骨滑車のOCDの関節鏡手術。

今週だけで、9頭の関節鏡手術が予定されている。

                          -

今週から全国公営競馬獣医師協会の研修が始まっている。

私も週末から行く。

今年は馬の輸液の話や実習。

それに剖検馬で、腹腔探査や、四肢近位部の確認をしたいと考えている。

どうなりますやら。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 暖かかったので・・・ | トップ | 脛骨内果のOCD »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
hig先生、寒い中おつかれさまです☆ (kinako)
2014-01-27 22:28:09
hig先生、寒い中おつかれさまです☆

 お体ご無事でまことによかったです!!お忙しいのですね、道中もお気をつけてください。
 
 今年はこちらは雪は積もっていません、朝は山のほうでは馬場が凍る寒い日もあるようですが、晴れると空気が澄んでいるのでしょうか、もう日差しが強くなってきたように感じます☆・・・小学校ではインフルエンザが流行ってきたようですーー;
もしかして、接骨木ですか? (piebald)
2014-01-28 00:04:35
もしかして、接骨木ですか?
オラ君も来るなら、まきばでお預かりします。凍った池があり、ボートもあります。
>kinakoさん (hig)
2014-01-28 02:41:16
>kinakoさん
 また冬に戻りました。

 今から思えば、大阪には冬はありませんでした。
>piebaldさん (hig)
2014-01-28 02:42:47
>piebaldさん
 そうですニワトコです。相棒を連れて行こうか考えたのですがあきらめました。
 しばらく凍った川や池には近づかないようにします;笑。
システムを維持するコストや関係者の方々のご苦労... (zebra)
2014-01-31 07:41:23
システムを維持するコストや関係者の方々のご苦労も大変なものでしょう。
門戸がずいぶん広いと以前からお見受けいたしますが、ならば参加者にこの辺の意識がないとみるみる砂上の楼閣になってしまいます。
何をしてきて何をしていくかは参加者の自由なのかもしれませんが、システムの評価と方向性を決定します。

NOSAIは臨床教育のイニシャルコストもランニングコストも丸投げされそうになっていますが、ここは対価を正確に要求していかなければならないでしょう。
大学がただの学生ディーラーとして学費を要求する国家試験予備校になってしまったらお終いです。
獣医業界は転職率が低くないとみますが、学生の受ける教育ばかりではなく社会経験のまずさがあることも間違いないでしょうね。

何やっても助けてくれるご主人様がいてくれて千人力。
ますます大暴れ。などとならなければいいのですが。
犬の話です。
 門戸を広げていただいた物江先生には本当に感謝... (kinako)
2014-01-31 10:27:31
 門戸を広げていただいた物江先生には本当に感謝しております。
 レベルの高い講義、実習をしてくださるhig先生にも、もちろん大感謝です☆☆☆
>zebraさん (hig)
2014-01-31 19:38:24
>zebraさん
 卒後教育は業界の課題ですね。学生実習もそうなのかもしれません。その点では日本では獣医科大学に問題があるのかもしれませんが、臨床と乖離しているようでは予算や人手の不足だけではないのでしょう。
>kinakoさん (hig)
2014-01-31 19:39:59
>kinakoさん
 まあ、できることから楽しくやりましょう。というのが物江イズムでしょうか。
臨床現場にも人手と金がないのに、大学では手に負... (zebra)
2014-02-03 07:44:26
臨床現場にも人手と金がないのに、大学では手に負えないのでよろしくねではいけないでしょう。
そんな職場に就職する希望学生が減るだけの悪循環になりそうです。
学生をゆだねる獣医師を非常勤講師として雇い、みせる職場環境を平準化する努力に協力する姿勢がいまの大学にはあるでしょうか?

できることから楽しくやるという環境を作るのは容易ではないにもかかわらず、曲解して楽しくできることだけやるというミクロ人間は獣医業界にも多いと思います。
職場でそれを実践すると間違いなく崩壊しますね。要求されていることに優先順位すら考えないのであれば崩壊する以前のビルドアップすらなされていません。
セレブオアスレイブなら成立するかもしれません。そう考えている輩も少なくないです。

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事