馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

空腸回腸重積

2016-09-15 | 急性腹症

夕方からひどい疝痛を示し、フルニキシンを2回うったが鎮痛されない、という2歳競走馬。

来院したら、痛みは無いように見えた。

汗ビッショリだったらしいが、それもひいている。

血液検査でも、PCV41%、乳酸値1.4mmol/l。

治ったのかな?

超音波検査していると・・・・

特徴的な重積像が見えた。

正中部頭よりからも、右腹部腹側、右腹部中位からも。

右腹部背側では膨満した小腸も見えた。

手術しないと死にます。

ということで、全身麻酔を始めようとしたが、馬主の意向であきらめることになった。

                          -

そこへ、別な4歳休養馬も疝痛で来院。

朝からの疝痛で、直腸検査で結腸の便秘塊に触るが、痛みをコントロールできなくなってきた、とのこと。

来院したら疝痛は治まっていた。

直腸検査したら、結腸骨盤曲の便秘塊はかなり軟らかくなっている。

午後に投与した流動パラフィンと電解質液が軟化させたのだろう。

入院して、様子を観ることになった。

                         -

先の馬を剖検した。

空腸下部が回腸に飲み込まれ、さらに盲腸へも入り込んでいた。

その部分の長さは1mほど。

引張っても抜けてこない。

一人が盲腸の中から押し出そうとし、空腸を強く引いても引き出せなかった。

実習生に、千切れてもいいから引張ってみ、と言ったらなんとか引き出せたが、締め付けられていた空腸の一部は破れてしまった。

もし手術になっていたら・・・・・

引き出すのはあきらめて、回腸を切断し、中の空腸は盲腸内へ押し込む。

回腸は盲端にする。

空腸下部を廃液ホースに使って、上位を膨満させている腸内容を捨てる。

空腸の健康な部分を盲腸に吻合する。

腸間膜を縫い付けて裂孔をなくす。

という手順だっただろう。

                             -

翌早朝、便秘の馬がまた疝痛をするという。

フルニキシン半量と曳き運動で治まった。

直腸検査では、まだ骨盤腔に骨盤曲が押し込まれていて、また固めの内容を触った。

ゆうべはたまたま軟らかい部分が来ていたらしい。

また、流動パラフィンと電解質液を経鼻投与する。

しばらく様子を観たが痛みは出なかった。

退院して様子を観てもらうことにする。

もう通過し始めているので、ひどく痛くなったりしないだろうし、あとは牧場で治療と管理できるはずだ。

                           /////////////

シュワッチ!・・・・・失敗!

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 側頭骨舌骨関節症の角舌骨摘... | トップ | 中手骨外顆掌側chip fracture... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2016-09-15 21:58:51
 ぽんぽん痛いも悲喜交交ですね。
 実習生さんの感想はどんなでしょネ。
 秋の疝痛の原因に気温の低下や日照時間の変化というのもあるのでしょうか?
 オラ君、そもそもフリスビーは好きじゃなかったかと。なのにすごいくらいつきっぷりですね。リオ・パラのゴールボール、患者さんと応援してました。そんなときだってあるよね、オラ君。
 
>はとぽっけさん (hig)
2016-09-16 04:44:18
健康だったのに突然腹痛が始まり、その日のうちに生死に関わるようになる。馬の疝痛はとても悲惨な病気です。
馬医者が夜でもそれに対応しなければ馬は苦しみぬいて死ぬしかありません。
たいへんすぎると感じるか、やりたいと感じるか、職業選択の自由です;笑

物を追いかけて取ってくる、そのレトリーヴァーの本能はすごいな~と思います。
Unknown (anko)
2016-09-16 23:01:14
こんなに重積が長くなることもあるんですね。
手順の「中の空腸は盲腸内へ押し込む」というのがいまいち想像できないのですが。。。
>ankoさん (hig)
2016-09-17 05:06:18
腸管がものを飲み込む能力というのはすさまじいですね。

この回腸を切断すると、中の空腸も切断されます。反転して2重になっていますが、放っておいても盲腸へ送られ、壊死して腐って排泄されるはずです。
Unknown (anko)
2016-09-20 08:28:57
ありがとうございます。

捨てる部分で無駄に汚染しないということですね。
牛でも機会があればトライしてみます。

地区学会、受賞おめでとうございます。
>ankoさん (hig)
2016-09-20 20:19:48
重積部はひっぱって解きたくなりますが、締め付けている部分も、締め付けられている部分もダメなことがあります。引っ張り出すときに、液体がこぼれることもありますが、あの液体には炎症性サイトカインや壊死細胞からのケミカルメディエーターが豊富にふくまれているのではないかと思います。丸ごと切除してしまえば、腹腔内を汚さずに済みます。それでも、簡単に引き抜けないかいつもやってみるのですけど;笑

ありがとうございます。立場上、今まで何度も辞退してきたのですが、私の職場も合併で一旦歴史を閉じます。記念にいただくことにしました。
Unknown (瞳)
2016-09-30 00:21:03
疝痛、この夏は我が家のポニーも久しぶりに発生し、固い固いボロが一日半後に出るまでは、こちらも生きた心地がしなかったです。ひき運動と痛み止でしのげました。経鼻からの処置は慣れてないと難しそうですね。
後輩が九州で馬飼養研修に参加し、6歳のポニーの開腹事例を聴いてきて、手術にチャレンジした飼い主さんに感嘆しました。是が非でも助けたい可能性にかけてもらったポニーも幸せな最期だったろうな、と勝手ながら想いを馳せました。
馬の獣医さんあってこそ、ですが。いつも貴重な話題をありがとうございます!!
>瞳さん (hig)
2016-09-30 18:46:41
便が固くなって疝痛を起こすのは便秘なのでしょうから、疝痛が起こる前に、水を飲む量が増えるようにしてやることです。

開腹手術のチャレンジは残念な結果に終わったのですね。仕方ないこともありますが、みなで成功体験を増やしていかなければなりません。でないと、やっても無駄、ということになってしまいますので。

Who can save colic horses ?
Who can save the colic horse in front of you ?
講演して問いかけてきました。

コメントを投稿

急性腹症」カテゴリの最新記事