馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

10年目研修 骨折内固定

2018-11-08 | 講習会

北海道NOSAIでは、10年目の獣医師を集めて1週間の研修をしている。

北海道各地で、NOSAI獣医師として10年働いて、また集まる機会があるというのは素晴らしいと思う。

(私たちのときはそのような研修はなかった)

その研修の1日を受け持って、子牛の骨折内固定を指導しに行った。

参加者8名。

生き残っているのは半分ほど、だそうだ。

Synthes Vet の全面協力で、実践的な実習ができる。

AOのcourse に準じた研修と言っても良いだろうと思う。

AOのcourse だと1日5万円ほどの参加費を取られる。この研修は・・・・・・笑

私は、このような実践実習を指導するのは、もう・・・・那須、宮崎、十勝・・・とやってきたので4回目。

今回は、2名ずつの4チームだったので、各チーム人手が足らないくらいだった。

2名とも指導を受けながら、交互に実習できた。

とても濃密な時間だったと思う。

            ー

各地域に骨折内固定機材も導入され始めている。

普及するかどうか、この数年にかかっていると思う。

「プレート固定してでも牛の骨折を治せるようになったのはあの頃からだよ」

と言われるようになるのか、

「あの頃、器材を買い込んだけど無駄に終わったし、むなしい努力だった」

になるのか、

今、現役獣医師であるわれわれにかかっている。

          //////////

研修の朝、研修所周辺を散歩した。

かつては郊外で空き地がいっぱいだったのだけど、今はおしゃれな家が建ち並ぶ住宅地になっていた。

街路樹も美しかった。

いくつかの公園もよく整備されている。

私はこの家畜臨床講習所で臨床獣医師にしてもらったと思っている。

今は、研修所。

家畜臨床講習所研修生の名を刻んだ銅板ははずされてしまい込まれていた。

大動物臨床獣医師の最も充実した卒後教育を行ってきた機関であり、それは現在も継続されている。


 

 

 

 

 

 

コメント (12)