微生物酵素で野菜作りの土づくり、高品質に多収穫【ジオ バンク メソッド】で解説。

オリジナルで農業生産資材の「微生物酵素」を製造と販売をしています。高品質に多収穫を【ジオバンクメソッド】で解説。

野菜作りの土作り「微生物酵素」

2021年07月01日 | 土作りと野菜作り
「ジオ バンク メソッドで解 説」
安 全 , 安 心 , 美 味 し い
      高品質の野菜作りメソッド !

◇ こ ん な 方 に !
  1. 微生物の多彩な機能性で、
        肥沃な土づくりを目指す方
  2.  酵素の活性機能触媒で、
       高品質な野菜作りを目指す方
  3. 高機能で安全,安心,美味しい、
        野菜の多収穫を目指す方

生 産 者 が「つ な ぐ」モーメント

 微 生 物 酵 素 で
    野 菜 の チ カ ラ を 活 力 活 性

「高品質に多収穫」は、 モ-メント

※ 夢のある / 豊かな / 潤いある
        農業 ビジネス ライフ

■ 儲 か る 農 業 メ ソッド !
       がんばる日本の、生 産 者へ

■ 稼 ぐ 栽 培 メ ソッド !
       がんばる日本の、経 営 者へ

■ ブ ラ ン ド 作 り メ ソッド !
       がんばる日本の、消 費 者へ


生産者の チ カ ラ で 叶える!

高 機 能 性 野 菜 は・・・
        作る、育てる、食する !

「 ミ ッ シ ョ ン 」

1)肥沃大地に、
    土着菌の微生物を元気に土作り

2)機能性野菜に、
     酵素の触媒で元気な野菜作り

3)肥料(五大栄養素)機能を
     最大限に有効活用する

ブ ラ ン ド で 稼 ぐ !

グローバルな食文化に、
 高たんぱく質に
 高品質の高機能性野菜で勝負

 高タンパクに
 高機能性野菜を多収穫で、高収益

※ 高 機 能 性 野 菜 で 販 路 拡 大



ブランド ” ” の高級感で儲ける
  • 安 全 を 作 る 生産者の 喜び
  • 安 心 を 売 る 販売店の 喜び
  • 味 わ う 消費者の 喜び
フレバーに、こだわり
 高機能性野菜作りで、稼ぐ

フレバーを重視した、栽培メソッド

◆ こ だ わ る !
  1. 農産物を高タンパクや高品質に
    2) 農産物を、多(増)収穫に、
    3) オリジナルやブランドで、高収益に
夢 の あ る 豊 か な 潤 い あ  る
         農 業 ビ ジ ネ ス



※ 微 生 物 酵 素 で、元 気 な 土 作 り

1)土作り(土壌改良)で、
       作物を ” 多(増)収穫”
  命を宿す場(栽培環境改善)作り。
微生物/酵素の活動 / 繁殖力を活性

2)植物活力で ” 高機能性の野菜作り”
   肥料(微量要素)の機能性や特性を
       有効的に活かすことが重要

3)9_9 ストアー で
    大切な命をつなぐ、チカラ を実感。

  あふれるエネルギーを体感 / 効果を実感。

・エポック ジャパンは
     「食農と美」をテーマに

あふれるエネルギーを体感 / 効果を実感。
    食(野菜のチカラ)の大切さを伝える。



よ く あ る ご 質 問

◆「高品質に多収穫」について
Q. 「安全,安心,おいしい」食からの健康ビジネスの確立
A. 土壌が健全であれば、栄養豊富の高品質な野菜に育ち、
  人の健康に貢献する。

Q. 「微生物酵素」で、生産性の向上を目指す
A. 肥料は効率よく微生物が溶解(分解)と、酵素の(触媒)
 で効率的かつ安定生産。

Q. グローバリゼーションの流れをリードする、ブランド作り
A. 「SDGs」の自然循環機能(環境保全)を図り、持続可能な
 農業の発展を提案。

◆ ジオ バンク メソッドについて
Q. ジオ バンク メソッドとは
A. 「土,野,菌,酵」(つち,の,きん,こう)
 ■ 土を肥やす、
   作物を元気にする一つ手法(メソッド)
 ・土作り微生物
 ・野菜作り酵素

※ 高品質に多収穫「微生物酵素」



Q. 多彩な微生物のモーメント
A. 有用微生物を活かす
 ・嫌気性菌(酵母菌)は、
    腐敗→分解が得意です。

 ・有機物や化学物質を発酵の前に
  「腐敗・腐食」の働きが重要で、
    無酸素でエネルギー効率よく分解。

 ・好気性菌(乳酸菌,枯草菌,納豆菌,
   有胞子乳酸菌,根粒菌)は、発酵が
   得意で,どちらも窒素を供給します。

 ・好気性微生物が多い土壌は、短期的に
   いい土壌になります。

※ 経年では、効果が薄くなります。



Q. 多様な酵素のモーメント
A. 豊富な生理活性物質(酵素)の活用で、
  肥料を活かす

 ・地力窒素の主要な給源は、微生物に由来
  するタンパク態と考えられます。

 ・土壌中の窒素の無機化は、主としてタン
  パク質のプロテアーゼ分解によるアミノ
  酸生成と、それに続くアミダーゼ,リアー
  ゼ,オキシダーゼなど酵素の働きによる、
  アミノ酸からのアンモニア生成。

Q. 微生物酵素で、高品質に多収穫
A. 「地力窒素」が、生産量向上の土台

 ・化学(窒素)肥料は効き目が早く、野菜
  の収穫や品質に大きく関わり、酵素で
  ミネラルを素早く効かして、タンパク質
  に転換する生産者の葉面散布が必須。  

Q. 「トラブル回避」が、多収穫には必須
A. 「土壌病/連作」の軽減と予防

 ・土壌中には、小動物や藻類や糸状菌
  (カビ)放線菌.細菌などの微生物が生
  息して、有機物を栄養分に分解,吸収し
  やすいようにしている。

 ・植物が自力で、ミネラルや肥料を活用
  するには、限界がある。
  栽培層には、施肥した肥料が残らないよ
  うに、微生物酵素でアミノ酸や核酸分解
  物や、植物ホルモン生理活性物質を効率
  よく生成させる。



◆「高品質に多収穫」の 実 践
Q. 「葉面散布」を使いこなす
A. 葉面散布の目的とは
 ・根だけでなく葉や茎、果実表面からも
  養分を吸収する能力を持っている。
  この特性を活用することが、葉面散布
  での施肥技術です。  

Q. 葉面散布の特徴 
A. 速効性 … すばやく効かせられる
 ・体質改善(飢餓/欠乏/過多/防除/駆除)
  が容易にできる。

 ・根や葉の光合成/生合成が鈍った時に、
  養分補給ができる。

 ・単肥で、必要な量/生育ステージ事に
  ダイレクトに施用できる。

 ・旺盛な生育で、高品質に多収穫が可能



Q. 葉面散布のタイミング
A. 異常気象による、高温,低温,過湿,乾燥,
          低温,日照不足など
 ・施肥,土壌環境による、養分の吸収能力
  が低下した場合。

 ・収穫,摘採.成疲れなどで、植物が弱った
  場合。

 ・花芽分化促進、徒長抑制などの生育を
  コントロールする場合。

 ・台風など風水害、霜害や雹害などの早急
  な回復を行いたい場合。

Q. 酵素の葉面散布で、ミネラル有効活用
A. 酵素の触媒作用は
 ・必須ミネラル成分が、アルギン酸、アミ
  ノ酸、ビタミン類、多糖類など植物成長
  維持物質と共に、植物エネルギー源の補
  給や転換を活性化する。

 ・植物を即効,相乗効果で、順調な花芽形成
  に色鮮やかな花やミネラル豊富のジュー
  シーな果実、日持ちのいい野菜に導く。



Q. 炭酸同化作用の強化に、葉面散布
A. 高品質には
 ・どんな野菜,果物も、ビタミンやミネラル
  の微量栄養素をはじめ、酵素の働きが
  なければ、正常には機能を果たさない。

※ 未消化の硝酸態チッソに見合う、ミネ
  ラル 供給が重要です。

Q. 光合成と生合成の活力活性は、相互作用
A. 受光性の向上で
 ・表皮細胞や茎葉も強化され、病害虫耐病
  が向上します。
  枝ぶり,受光体性の向上、栄養成分の
  スムーズな吸収などにより増収も期待
  できる。

・土壌微生物相が、バランスよくなる。

 ・植物の根が、大幅に伸長する。

 ・有機物の発酵分解が、促進される。

 ・作物の温度、水ストレス耐性が向上。

 ・肥料が、効率よく効くことで増収穫。

 ・ミネラルが効いた形状が、顕著に。

 ・年々、地力が上りバランスのいい土に。

 ・冷蔵した植物の休眠打破と、活力活性。

 ・表皮細胞、クチクラ細胞が充実し、
       光合成(受光性)が高まる。



◆ 微 生 物 酵 素 について、
        お問合せください。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 失敗しない慣行農法で「高品... | トップ | 「微生物 酵素」よくある質問(FA... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

土作りと野菜作り」カテゴリの最新記事