エピローグ

終楽日に向かう日々を、新鮮な感動と限りない憧憬をもって綴る
四季それぞれの徒然の記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

銀杏の実

2015年09月13日 | ポエム
もう銀杏が落果している。
秋が深まりつつあるのだ。

けれど、あの銀杏の実の特有の臭いはない。
風がさわやかに過ぎ去るのみである。



昨日は風があった。
だがしかし、音を立てて落果する気配は感じられないのである。



枝もたわわに実を付けている。
踏まれた実も、全く臭わない。







「風よ吹け明日も銀杏拾えるぞ」







この実が臭いを醸し出す頃、季節は晩秋へと移っていくのである。
そして、この実を拾う人々がシルエットになる。



早朝もしくは夕暮時に大樹の下に集うからである。
拾って直ぐの銀杏は、柔らかくて旨い。



      荒 野人

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 一位の実 | トップ | ほろほろと »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ポエム」カテゴリの最新記事