平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

ソロモンの偽証~自分の罪は自分で認めて、背負っていくしかない。そして前に進む!

2016年05月29日 | 邦画
 テーマは、自分の罪を認め、向き合うこと。
 人は誰でも弱い心、醜い心を持っている。

 たとえば、三宅樹理(石井杏奈)。
 彼女の罪は、次の3つだ。
・大出俊次(清水尋也)を憎むあまり、ウソの告発状を送ったこと。
・ウソの告発状を送った樹理を責めた親友の浅井松子(富田望生)が激情に駆られ、交通事故で死んでしまったこと。
・学校裁判で、「死んだ松子が告発状を書いた」とウソの証言をしたこと。
 3つの罪を背負った樹理の苦しみは相当なものだっただろう。
 実際、それで声が出なくなってしまった。
 では、樹理はどうやって救われたか?
 それは保健室で、藤野涼子(藤野涼子)に本当のことを泣きながら話したことだった。
 話したことで、樹理は自分の罪を認め、向き合うことが出来たのだ。

 以後、登場人物たちはこの作業をおこなっていく。
 神原和彦(板垣瑞生)は裁判で自分の罪を語り、藤野涼子もいじめられていた樹理たちを助けず、逃げた罪を語った。
 いじめと暴力の大出俊次は和彦に問い詰められたことで、自分の罪を覚った。
 教師たちも裁判を通して、自分の罪を認めた。
 元校長の津崎(小日向文世)は、事件を曖昧に処理してしまった結果、松子を死なせ、生徒たちを苦しめたことを悔いた。
 元担任の森内恵美子(黒木華)は、柏木卓也(望月歩)が苦手で、早くいなくなってくれればいいと思い、教師として生徒に向き合う覚悟がなかったことを語った。

 キリスト教には<懺悔>というシステムがありますが、こうやって罪を認め、語ることは大切なんですね。
 そうすることで、新しい人生を歩んでいくことが出来る。
 罪を見つめることから逃げてばかりだと、心から笑えなくなるし、いずれ自分が崩壊する。

 この罪を語る作業が出来たのは、涼子たちが子供で、純粋だったからだろう。
 彼女たちは、自分の気持ちをうやむやにし、ごまかすことが出来なかった。
 一方、大人たちはどうか?
 23年後の城東第三中学校の校長(余貴美子)はこう語った。
「大人になると、自分が傷つかないように自分をごまかすことが上手くなるのよね」
「自分の見たいものしか見なくなり、自分の信じたいものしか信じなくなるのよね」

 というわけで、この作品をせっかく見たのですから、僕たちも自分の心の中に押し込めている過去の罪を見つめてみますか。
 生きていれば、ひとつやふたつは必ずあるはず。
 自分の弱さや醜さがわかってイヤなんですけどね。

 ……………………………………………………………

 なお、この作品の生徒たちは、全員オーディションで選ばれた子たちらしい。
 主人公・藤野涼子を演じた女の子(=蒼井優・武井咲に似ている)は、そのまま<藤野涼子>が芸名になった。
 以下、Wikipediaより引用。
『主人公・藤野涼子役をはじめとする1クラス分の生徒役を選ぶため、日本映画史上最大規模のオーディションが開催され、1万人のオーディションを勝ち抜いた新人女優が2014年8月8日の午前8時8分に発表された。この時点では主演女優の名は明かされず、その後10月31日に役名と同じ藤野涼子の名でデビューすることが発表された。藤野は発表当時14歳の中学3年生で、芸能事務所に所属してはいたがエキストラ以外の演技経験はなく、オーディションを受けたのも3度目であった。役名でのデビューは成島とプロデューサーの提案によるものである』

 生徒たちの純粋さを表現するには、シロウトに近い子たちの方がいいという判断だったのだろう。


コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 伊勢志摩サミット~悲報 安... | トップ | 真田丸 第21回「戦端」~... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
前編後編が増えすぎ (ゆりパパ)
2016-06-02 17:08:01
前編後編で2部作にしないと、今の邦画は儲けが出ないのかもしれない。
とりあえず、興行収入が倍くらいにはなりますから。
ドラマからそのまま映画化だと、ドラマでの視聴率で興行収入も予測つくから、2部作にしなくてもいいのでしょうけど。

でも、見る側からしたら、この映画を2部作にして2回見に来させるほどの映画では無かったです。
DVD見て、映画館で見なくても良かったと思いました。
悪い作品ではないのだけど、もう少し内容を詰めて、まとめて1作品ならまだ見応えもあったように思います。
そうか、大昔のように5時間の大作のように、途中トイレ休憩があったような、長時間映画にすればいいのですが、
やっぱり、倍の収入が欲しいのでしょうね。
今の人は、昔の長時間映画を知らない人ばかりでしょうね。たまに、懐かしの名作を上映することもありますが、
殆どマニア向けですし、結局昔見た人がもう一度見るケースが多いから、今の若い人に人気のある作品を、
商業主義に走らず4時間5時間の大作にして、1日を映画に費やすような経験をさせて欲しいです。
ただただ収入のみ考えず、収入も上がる長時間大作の制作に挑戦していただきたいものです。
超大作 (コウジ)
2016-06-02 19:51:02
ゆりパパさん

いつもありがとうございます。

僕はテレビで見た口なので何にも言えませんが、確かに映画館で見た人は同じことを思うでしょうね。
特に前半を見た人は、「一番いい所で……!」と誰もが思ったことでしょう。

4、5時間の超大作。
昔はありましたよね。
おっしゃるとおり、その映画のためだけに一日を費やすことにワクワクしていました。
間の休憩も、何か贅沢な感じでしたし。

僕は最近、ほとんど映画館に行っていませんが、映画館と家でのDVD鑑賞の違いがほとんどなくなりましたよね。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

ソロモンの偽証 後篇・裁判 (のほほん便り)
後半も前編をひきつぐ緊迫感と、怒涛の展開。 意外な結末だったけれど「なるほど。これは、思春期ならではのエネルギーと真摯さ…」と、清々しさと、感動覚えました。 特に主要生徒さん達、熱演! 良い作品でした。 裁判が、その後の学校の為にも、良い経験にな...
劇場鑑賞「ソロモンの偽証 後篇・裁判」 (日々“是”精進! ver.F)
裁判、閉廷… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504110000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【コミック・書籍全巻セット】【3倍】宮部みゆき「ソロモ...価格:5,000円(税込、送料込)
『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」□監督 成島 出□脚本 真辺克彦□原作 宮部みゆき□キャスト 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生       小野真千子、松重 豊、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世■鑑賞...
「ソロモンの偽証 後篇・裁判」真実が明らかになった先にみた答えは1つしかなかった被害者の心の闇と身勝手な被告人の数多くの余罪... (オールマイティにコメンテート)
「ソロモンの偽証 後篇・裁判」は宮部みゆき原作のソロモンの偽証を映画化した作品で後篇では裁判の概要が描かれ、中学生たちによる裁判で真実が明らかになっていくストーリーで ...
ソロモンの偽証 後篇・裁判 (Akira's VOICE)
中学生の中学生による自分と大人達のための裁判。