平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

最後から二番目の恋~未来に恋していれば、きっと楽しく生きていける。

2012年03月23日 | 恋愛ドラマ
 オトナのラブコメ!

 特に劇的なことが起こるわけではないんですよね。
 千明(小泉今日子)と和平(中井貴一)が特に恋に落ちるわけではないし、真平(坂口憲二)は病気で死なないし、典子(飯島直子)が離婚するわけではないし、万理子(内田有紀)が仕事で悩むわけではないし、えりな(白本彩奈)がグレるわけではない。
 テンポのいいやりとりで淡々と日常を描くだけ。
 これが逆にお洒落!
 鎌倉というロケーションも合っている。

 もちろん主人公たちに葛藤がないわけではない。
 以前も書いたが、<不惑>の年齢なのにみんな迷っている。若い子に好きだと言われて満更でもない。
 これらの背景には、さびしさとか、このままでいいんだろうかという思いや、忘れていたロマンスを求める気持ちなどがあるのだろうが、それが実に人間的だ。
 軽やかで肩の力が抜けていて、千明の言葉を借りれば<ファンキー>で、こういう感じのオトナになりたい。

 そして、こうしたオトナになる処方箋を千明はラストの言葉で語る。

 「人生の終わりは誰とも分かちあえない。だから楽しい時には思いっきり笑いたい。悲しい時にも思いっきり泣きたい。どちらも大切な時間だから」
 「さびしさを埋めるために恋するのはやめよう」
 「月並みな言葉だけど、前を向こう。ちゃんと生きてることが一番大事なんだ。そう思う」←この言葉、好きです。
 「人生って自分の未来に恋することなのかもしれない。自分の未来に恋していれば、きっと楽しく生きていける」←この言葉も好き。
 「もしこれから誰かと恋をするとしたらそれを最後の恋だと思うのはやめよう。次の恋は、最後から2番目の恋だ。その方が、人生はファンキーだ」

 いずれも名言だ。
 これらの生き方が<ファンキー>だというのなら、<ファンキー>に生きよう。
 日曜11時の推理ドラマの<スタイリッシュ>よりは<ファンキー>の方がしっくりくる。

 千明の言葉は脚本・岡田惠和さんのメッセージであろうが、作品中には作家としての自嘲・言い訳もある。
 「オトナのラブコメなんて誰も見ないわよね。中年のおじさんとおばさんの恋なんてイタいだけ」(笑)
 「人が死ぬドラマなんて作りたくないの。重いだけ。あたしはさまざまな人たちの気持ちを描くドラマを作りたい」
 これらはまさにこの『最後から二番目の恋』の世界そのもの。

 それから、知美役の佐津川愛美さんは中井貴一さん、小泉今日子さんといった面々の中で存在感を見せた。
 アニメ声で、座敷わらしで、日本人形で。
 脚本家・栗山ハルカを演じている益若つばささんもよかった。
 いかにもとんがった今の子って感じで。
 こうした新鮮な素材を発掘したという点でも、このドラマはよかった。

 最後に万理子(内田有紀)が脚本の勉強のために読んでいた柏田道夫先生の「エンターテインメントの書き方」。
 僕も読んでいました。
 実になつかしい!



コメント (5)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« 相棒10 「罪と罰」~「君に... | トップ | 平清盛 第12回「宿命の再会... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほぼ 同じ感想でした♪ (megumi)
2012-03-23 15:30:18
コウジさん  

やはり 見てらっしゃいましたね

私も珍しく 
午前中にエンタメのカテゴリーでレビューを書きましたよ

普段ならばコメンテーター専門ですが
1~3月までのドラマで一番面白かったので
ほかのブロガーさんのレビューが待てなかったんです(笑)

「ストロベリーナイト」は ヒロインがイヤ!
「運命の人」は 主演男優が好かん!
「清盛」もイマイチ
そんなこんなで 
リタイア(半リタイア)続出の中
最も 安定し且つ楽しめたドラマでした

こういうの また作って欲しいです
岡田恵和さんは 昔から好きな脚本家でしたが
時々 着地点を誤ります
でも今回はうま~く ゆる~くまとめてくれて爽やかなラストでした

若手のキャピキャピ演技もこのドラマでは
勘に障ることが無く(しだいに良くなった)見ていられました

唯一の不思議ちゃんキャラの内田有紀も 
居るべくして居たんですね

爽やかなラスト (コウジ)
2012-03-24 08:36:05
megumiさん

すべてに厳しいmegumiさんも納得の内容で何よりです。

>今回はうま~く ゆる~くまとめてくれて爽やかなラストでした

そうなんですよね。
ドラマは無理にまとめる必要はない。
クライマックスがあって、劇的である必要もない。
なぜならわれわれの日常もこの作品のように淡々と過ぎていき、ときどき笑って、何気ない瞬間に「ああ、生きるってこういうことなのか」って気づくものなのですから。

それと鎌倉というロケーションが、この作品を一種のファンタジーにしていましたよね。

ちょ ちょ ちょっと・・・ (megumi)
2012-03-24 09:58:40
コウジさん

私は『厳しい』とかそういうエラそうなのではなくて
好き嫌いが激しいだけの我が儘ですよ(笑)


おっしゃるように
鎌倉も良かったんですよね~
行ってみたくなりました
源氏ゆかりの地ですから 
以前から とても興味はありました
1週間ほど滞在して見て回りたいなぁ♪
(チョビ齧り歴女のハシリですからね)

コウジさんは 関東在住のようですから
しばしば行かれるんでしょう?
私は 九州なので決心が要ります
補足です (megumi)
2012-03-24 11:09:10
「運命の人」の主演俳優が嫌いは
本木雅弘さんではなく 弓成亮太です
本木さんは 私の分類分けでは好きな俳優です

それから 
無理にまとめる必要は無いということは
「ソウル」にも言えると思います
(しつこくてすみません)
宙ぶらりんのヘギョンで
朝鮮戦争の理不尽さを訴えたかったのだと解釈しています
鎌倉 (コウジ)
2012-03-24 12:14:00
megumiさん

鎌倉いいですよね。
でも近いと逆に足が遠のくのも事実で、1回くらいしか行ったことがありません。
逗子に親しい人がいるので、そのついでに行こうと思えばいけるのですが。
ちなみにその親しい人は酔うと「鎌倉とキャバクラは似ている」とオヤジギャグをとばしています。
すみません……。

「ソウル」はラストの数回をもう一度見てみようかな、とも思っています。
後半は一気見したので、「何か行ったり来たりで同じことばかりをしているな」という印象もあったので。

コメントを投稿

恋愛ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

最後から二番目の恋 最終回 (ぷち丸くんの日常日記)
江ノ電に乗っていた千明(小泉今日子)と和平(中井貴一)は、窓越しに道端で たわむれるように喧嘩をしている真平(坂口憲二)と知美(佐津川愛美)を目撃 する。 千明と和平はどこかほっとするが、そんなこともつかの間、いつものように勢い 良く言い合いを始めてし...
最後から二番目の恋 「まだ恋は終わらない~最終回」 (のほほん便り)
最後は千明(小泉今日子)の味わい深いモノローグで余韻をもたせつつ、爽やかに…  いやぁ、本当にヨカッタですね。若いケンカップル、知美(佐津川愛美)と真平(坂口憲二)の初々しさ見てるうち、千明(小泉今日子)と和平(中井貴一)は、モテ期を愉しんでた、ちょ...
「最後から2番目の恋」 第11話 (最終話) まだ恋は終わらない (トリ猫家族)
 『寂しくない大人なんていない。 人生はいつか終わってしまうことに、大人は気づいているから。 その終わりは、誰とも分かち合えないから。 だから、楽しい時には思いっきり笑 ...
最後から二番目の恋 第11話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
第11話「まだ恋は終わらない~最終回」3月22日 木曜 夜10時 電車で帰宅途中だった千明(小泉今日子)と和平(中井貴一)は、真平(坂口憲二)と知美(佐津川愛美)が路上で口論しているのを目撃する。千明たちが駅に降りると、真平と知美がやってきた。知美の自転車が故...
『最後から二番目の恋』 最終回 (美容師は見た…)
「まだ恋は終わらない」。。。最後にこう来ましたかぁ。『まだ恋は始まらない』から、こんな日が来ることを想像してたでしょうかねぇ。最後から二番目の恋って何?45や50になっても、気持ちは変わってないってこと。色んな経験をして来たからこそ、共感したり痛みが分かっ...
最後から二番目の恋 最終回 感想 (ドラマとアニメの感想日記)
「最後から二番目の恋」の最終回(第11話)の 感想いきまっす! ネタバレ注意ですv もう最終回か~、もっと観ていたかったなあ、このドラマ。 言い合いはやめようと言い合う和平と千明だけど、会話をしているうちにどうしてもヒートアップしてしまう二人。 こりゃも...
最後から二番目の恋 第11話(最終回) まだ恋は終わらない (レベル999のgoo部屋)
『まだ恋は終わらない~最終回』 内容 帰宅途中、同じ電車に居合わせた千明(小泉今日子)と和平(中井貴一) 2人は偶然にも、路上で口論する知美(佐津川愛美)と真平(坂口憲二)を目撃。 その後、電車を降りた後、口論しないつもりの2人だったが、 つい、いつもの調...
最後から二番目の恋最終話(3.22) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
「一人でどうぞ」「一人は嫌です」 「私だって一人は嫌です」「じゃあ、二人で行きましょうよ・・・」 吉野千明@小泉今日子は真平@坂口憲二に別れを告げ、 和平さん@中井貴一と仲良く口喧嘩する日々が続いて、めでたしめでたし このドラマの醸し出す雰囲気が好きでした...
《最後から二番目の恋》☆最終話 (まぁ、お茶でも)
江ノ電に乗り合わせた和平と、千明。 顔を合わせると言い合いになるから控えますと和平の提案で、千明も少し控えると言った。 車窓から見えた真平と知美のケンカ。これが2人に与えた衝撃は大きかった。 これからロケ地の許可を取るのに、何で役所は、あっち行けって言っ...
ハングリー!最終回&最後から二番目の恋最終回感想 (NelsonTouchBlog)
■ハングリー!最終回 納得のいく最終回だったなあ。。なんか元気がでる感じは、このドラマのいい所だったね。。よくも悪くも、前向きな考え方は人生を楽しくする要素だと。なんとかなるさ!っていう姿勢は、大切なことなのかもね。 でも、この向井理達メンバーは、決し...
最後から二番目の恋 (最終回・第11話 3/22) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
1/12からフジテレビで始まったドラマ『最後から二番目の恋』(公式)の最終回『まだ恋は終わらない~最終回』の感想。 子供にゃわからない秀逸な「大人の青春ドラマ」だった! いやぁ、「そう来た...
大人なドラマ (笑う学生の生活)
ドラマ「最後から二番目の恋」を見ました。 フジにて 木曜10時にやってました いやー 面白かったです まさにアンサンブルの妙といいますか キャストも年齢層高めの大人のドラマですが 皆 ハマっていて、好演でした 特に 中井貴一は もうこの役は彼しか考えられないと....