平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

軍師官兵衛 第36回「試練の新天地」~割れた茶碗は以前にも増して趣が出た

2014年09月08日 | 大河ドラマ・時代劇
 伴天連追放令。
 この中で、信仰と現実の折り合いをいかにつけていくか。
 右近(生田斗真)は信仰を取った。
 官兵衛(岡田准一)は現実を取った。
 信仰を貫けなかった官兵衛は言う。
「私は弱い人間です」
 これに対して右近。
「人にはそれぞれデウスに与えられた使命があります。それを全うして下さい」
 この右近の言葉で官兵衛は救われたことだろう。

 言葉は人を救う。
 それは利休(伊武雅刀)が語った言葉は右近を救った。
 利休は、継ぎ接ぎだらけの茶碗を見てこう語る。
「以前にも増して趣が出た」
 継ぎ接ぎだらけの茶碗とは右近のことだ。
 現実の中で翻弄され、ボロボロになりながらも信念を貫き、何とか<高山右近>という形を保っている右近。
 その姿は全く壊れていない茶碗よりも趣がある。
 継ぎ接ぎだらけの美しさ。

 そんな継ぎ接ぎだらけの人間の対極にいるのが、若き者たちだ。
 長政(松坂桃李)を始めとする黒田家の若き者たち。
 彼らはまだ壊れていない。
 自分を疑うことを知らない。
 それはそれで若さの特権で美しいのだけれど、危うい。
 経験が足りない分、間違った方向に生きやすい。

 長政は待てない。
 時をかけて言葉で説得しようとするのではなく、すぐに武力で解決しようとする。
 長政には父親コンプレックスがあるのだろう。
 偉大な父親を追い抜けないジレンマ。
 自分のやることなすことがことごとく父親に否定されるつらさ。
 この父親コンプレックスは、秀吉讃美や家康讃美に向かう。
 官兵衛より立場が上の秀吉や家康に心酔すれば、父親を追い抜けるという思い。
 この心情は醜いですね。
 器として美しくない。

 というわけで、今回は、継ぎ接ぎだらけの器の美しさ。
 官兵衛もまた継ぎ接ぎだらけ。
 信仰を貫けなかったし、結果として宇都宮鎮房(村田雄浩)をたばかってしまった。
 人は罪を犯してボロボロになりながら生きている。
 そんな官兵衛の器を形作っているのは、何とか<平和な世をつくりたい>という思いだ。
 このことが右近の言う、官兵衛がデウスに与えられた使命なのだろう。

 継ぎ接ぎだらけの器を美しいと思える感性がほしい。


コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« TVタックル~アニメ表現規... | トップ | 経団連、政治献金を呼びかけ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
継ぎ接ぎだらけ (TEPO)
2014-09-12 01:02:45
再び旅の連続、今回はネット視聴する時間的余裕もなかったので今日になりました。

>継ぎ接ぎだらけの器を美しいと思える感性がほしい。

若い頃の官兵衛はどうにも「青臭さ」「綺麗事」の匂いが鼻についていましたが、「継ぎ接ぎだらけ」となってからの官兵衛は本当に主人公らしくなり、味がでてきたように思います。

ただ、おそらく今後官兵衛の苦労が続くのかと思うと少ししんどいのですが。
たとえば、秀吉がおねに語ったところの官兵衛を九州に置いた「いずれ分かる」真意とは「朝鮮出兵」のことでしょうし。
秀吉は完全におかしくなって行くのでしょうし、そのベクトルと茶々、三成が絡んでゆくのでしょう。

>そんな継ぎ接ぎだらけの人間の対極にいるのが、若き者たちだ。

WAKASAはVAKASAとしか言いようがないですね。
「城井谷に兵がいない」のは誘いの罠だ、ということは視聴者にも見え見えなのに。
そうした若者たちの中で又兵衛だけが「一日の長」ぶりを見せていたのが印象的でした。
ますます (コウジ)
2014-09-12 07:37:43
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>「継ぎ接ぎだらけ」となってからの官兵衛は本当に主人公らしくなり、味がでてきたように思います。

同感です。
同時に継ぎ接ぎだらけの器が何とか形にしているのは、それぞれの信念なんでしょうね。
官兵衛は「平和な世をつくる」という信念。
高山右近は「信仰」。

官兵衛を九州に置いた理由は、おっしゃるとおり「朝鮮出兵」なのでしょうね。
これからは秀吉との亀裂がますます大きくなり、官兵衛は継ぎ接ぎだらけのボロボロになっていくのでしょう。
最近の大河ドラマはどうも後半が息切れしてしまうのですが、官兵衛の場合は、なかなかドラマティックですね。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

大河ドラマ「軍師官兵衛」第36回 (日々“是”精進! ver.F)
長政、勝手に出陣… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409070001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】ユスト高山右近 [ 古巣馨 ]価格:756円(税込、送料込)
【 軍師官兵衛 】第36回 「試練の新天地」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
秀吉(竹中直人)からキリスト教信仰を捨てよと命じられた右近(生田斗真)は、 身分や領土など全てを投げうち信仰に生きることを決意、官兵衛(岡田准一)に 別れを告げる。 一方、黒田家は新たに豊前に領地を与えられ播磨から九州に移り住むが、秀吉 からの本領安...
軍師官兵衛 第三十六回 (レベル999のgoo部屋)
『試練の新天地』 「試練の新天地~播磨を去り激動の戦地へ」 内容 九州平定後、秀吉(竹中直人)は、バテレン追放令を発すると告げ、 官兵衛(岡田准一)らを困惑させる。 しかし納得出来ぬ右近(生田斗真)は、官兵衛に別れを告げ。。。 一方で、官兵衛は、秀吉から....
軍師官兵衛~第三十六話「試練の新天地」 (事務職員へのこの1冊)
第三十五話「秀吉のたくらみ」はこちら。 前回の視聴率はなんとなんと14.3%と黄
大河ドラマ「軍師官兵衛」 #36 試練の新天地 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
いよいよ黒田家が九州に入ります。 しかし、その前途は多難のようで・・・。
「軍師官兵衛」 第36回、試練の新天地 (センゴク雑記)
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第36回、試練の新天地。 秀吉による九州の国替え。 黒田家は豊前に国替えとなる。 新たな地でのスタート。
軍師官兵衛第36話(9.7) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
バテレン追放令を下す豊臣秀吉@竹中直人、 あくまで信心を貫く高山右近@生田斗真は大名を捨てる 一方、黒田官兵衛@岡田准一は豊前の大名となるが、 肥後の大名となった佐々成政@大谷亮介が一揆に悩むのと同じ頃、 転封を拒んだ豊前の元領主宇都宮鎮房@村田雄浩が黒田...
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術36官兵衛秀吉のキリシタン禁止令を止められず更に豊前での火種に苦悩の連続が訪れた (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第36話は官兵衛はキリシタン禁止令により高山右近が追放された。キリシタンを個人として信仰する事は許されたものの、官兵衛にとってはこの一件でしこ ...