平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

花燃ゆ 第37回「夫の忘れがたみ」~みんなが見たかった明治という新しい時代を私は歩んでいきます

2015年09月16日 | 大河ドラマ・時代劇
 新しい時代、新しい国づくりの始まりです。
「父祖伝来の土地はどうなる?」
「奥御殿はどうなるのじゃ?」
「お家を潰す気か!」
 当然、既得権者は動揺し、怒りますよね。

 これに対し、美和(井上真央)は前向きだ。
「みんなが見たかった明治という新しい時代を私は歩んでいきます」
 未来をつくることにシフトチェンジしている。
 これは松陰や久坂や高杉の考えていたことだから。
 そのDNAが美和に引き継がれている。
 おそらく夫・久坂玄瑞(東出昌大)が美和に遺したものとは、「新しい日本をつくる」という遺志だったのだろう。

 脚本は小松江里子さん。
 四人目の脚本家。
 いきなり美和のモノローグが出て来たのには驚いたなぁ。
「私はまだ知りませんでした。その子が久坂の遺した子だったとは」
「みんなが見たかった明治という新しい時代を私は歩んでいきます」
 本来なら、これ、ナレーション(語り)の池田秀一さんが語るべきこと。
 自由だなぁ、作品の統一性がなくなるし、モノローグっていうのは便利な手法ですが、こういう使い方だと格調が下がる。

 まわる風車っていうのもね。
 秀治郎の風車が回ることで、辰路(鈴木杏)の心の動揺を表したのだろうが、隠喩としてはイマイチのような気が……。
 これくらいの隠喩だったらやらない方がいい。

 偶然も……。
 無法者の男たちに追いかけられて、美和は辰路に助けられ、広い京都で、偶然、出会ってしまう。
 まあ、1時間ドラマで、1回くらいの<偶然の使用>はありなんですけどね、男たちに追いかけられて……っていうのは、どうだろう?
 薬を届けるために京都に行くくだりといい、手法としてはちょっと安易。
 いかにも段取りっぽい気がする。

 脚本家の皆さん、もう少しがんばって下さい。
 役者さんにもっと芝居をさせてあげて下さい。

 

コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 悲報! イスラム国が「日本... | トップ | 戦争法案強行採決~この男に... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今の日本のタイミング (TEPO)
2015-09-19 15:32:59
昨日帰国しました。今回は途上国(東ティモール)だったのでネット視聴の余裕も無く、再放送を見ました。
日本に戻ってみると、洪水、地震、そして安保法案がついに成立してしまうなど、災難続きのようです。

まず、このタイミングで「新しい日本をつくる」といったモチーフが展開することにイデオロギー性を感じてしまいました。
もっとも、いくら何でも法案をめぐる攻防の山場となる時期を最初から計算していたとまでは考えにくいのですが。

>作品の統一性がなくなるし、モノローグっていうのは便利な手法ですが、こういう使い方だと格調が下がる。
>秀治郎の風車が回ることで、辰路(鈴木杏)の心の動揺を表したのだろうが、隠喩としてはイマイチのような気が……。
>1時間ドラマで、1回くらいの<偶然の使用>はありなんですけどね、男たちに追いかけられて……っていうのは、どうだろう?

素人の私から見てもご指摘の点には同感です。

しかし、あの「天地人」の小松さんなのですから、私は最初から多くは期待していません。
むしろ、他の三人の脚本家さんたちが積み上げてきたものと、全体の大枠についての共通前提の縛りのおかげで、あの時(「天地人」)の時ほど支離滅裂にならずに済んでいるのではないかと思います。

>役者さんにもっと芝居をさせてあげて下さい。

このような脚本の中で、井上さんたち俳優陣は頑張って健闘しているように見えます。
長州の政治家 (コウジ)
2015-09-19 21:23:43
TEPOさん

お帰りなさい。
東ティモールだったんですか。
僕の弟も海外関係の仕事をしていて、結局ボツになりましたが、東ティモール赴任の話がありました。

「新しい日本をつくる」
TEPOさんは否定的でしたが、僕にはどうもこれが安倍首相と重なるんですよね。
あの人は山口県出身で、単純だから、自分を幕末の長州の政治家たちになぞらえて「新しい日本」をつくろうとしているのではないか、と。
久坂たちになぞらえて、どんな苦難があろうともやり抜こうと思っているのではないかと。
本当に迷惑な話です。

小松さんのこと、おっしゃるとおりですね。
第三者に近いから、作品を客観的に見られて、うまくまとめている。
まあ、ここに魂が入っているかは別の問題なのですが。
魂が入っていれば、役者さんの芝居ももっとよくなるはずなんですけどね。
とても残念です。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

花燃ゆ #37「夫の忘れがたみ」 (昼寝の時間)
公式サイト 倒幕をかけた鳥羽伏見の戦いが始まった。美和(井上真央)は戦火の中、京
【花燃ゆ】第37回 「夫の忘れがたみ」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
倒幕をかけた鳥羽伏見の戦いが始まった。美和(井上真央)は戦火の中、京に亡き夫・久坂玄瑞の遺児を探しにくる。そして互いの素性を知らぬまま、芸妓の辰路(鈴木杏)と夫の忘れ形見・秀次郎に偶然出会う…。ついに幕府は倒れ、新政府が樹立、日本は明治時代を迎える。...
花燃ゆ 第三十七回 (レベル999のgoo部屋)
『夫の忘れがたみ』 「夫の忘れがたみ~まさかの出会いと新時代への決意」 内容 京で戦う長州・薩摩連合軍の元徳に薬を渡すことを理由に、 都美姫(松坂慶子)銀姫(田中麗奈)の許しを得て、京へ発った美和(井上真央) 高杉に知らされた亡き夫の忘れ形見を捜すためだ....
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹37美和は辰路と偶然対面し知らぬまま別れ長州は敬親のそうせい!の一言で版籍奉還が決定した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第37話は京で薩摩・長州連合軍と旧幕府軍との戦になっている最中に美和は京で玄瑞の忘れ形見を探しに訪れていた。素彦もこの件についてはこの時初めて知っ ...
珍大河『花燃ゆ37』と史実◆高杉晋作と海国長州 (郎女迷々日録 幕末東西)
 珍大河『花燃ゆ36』と史実◆高杉晋作と幕長戦争の続きです。 2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」続・完全読本 (NIKKO MOOK)クリエーター情報なし産経新聞出版  なんとも、ふざけたお話です。  世子の持病のお薬が京にはないから、美和さまがお届けがてら、久坂の落とし...