平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

軍師官兵衛 第29回「天下の秘策」~わからぬのか! 今、最も天下に近いのは羽柴秀吉様ぞ!

2014年07月21日 | 大河ドラマ・時代劇
 軍師官兵衛の本領発揮!
 官兵衛(岡田准一)は<中国大返し>を取り仕切る。

 まずは京への道。
 炊き出しをし、たいまつの支度をする。
 それを姫路に伝える使者になるのは黒田長政(松坂桃李)。
 途中、後藤又兵衛(塚本高史)に出会ったが、これから長政は又兵衛と二人三脚で歩んでいくのだろう。

 もうひとつは毛利対策。
 安国寺恵瓊(山路和弘)にすべてを話して味方につける。
 毛利家での恵瓊の発言力を考えれば、彼を味方にしておくことは有効だ。
 暗躍して毛利家の行動方針を誘導してくれる。
「面白い。その賭け、わしも乗った! 我ら2人で天下を動かす。これ以上に面白い事はない!」
 恵瓊も楽しそうだ。

 一方、小早川隆景(鶴見辰吾)の説得には神経を使った。
 信長の死を伝えず、「信長が来れば大いくさになり、多くの兵が死ぬ」、だから今のうちに和睦しようと説く。
 信長の死がバレると、
「わからぬのか! 今、最も天下に近いのは羽柴秀吉様ぞ!」
 と、秀吉に味方する利を語り、羽柴秀吉に「運を任せろ」と説く。
 確かにここで秀吉に乗るか、光秀に乗るかは大きな決断、賭けだろう。
 これに対し、小早川隆景は面白い反応をした。
 隆景の判断根拠は、毛利元就の遺訓だ。
<毛利家は版図を広げない>
 そして
<大義なき者(=明智光秀)につかない>
 官兵衛が毛利元就の遺訓までを計算して交渉したかはわからないが、人の判断基準というのはさまざまだ。
 吉川元春も同様で、小早川隆景とは別の論理、「毛利がコケにされて黙っていられない。織田に一矢報いる」という感情的な論理で動いている。

 さまざまな人物が別々の論理で生きている。
 大河ドラマの面白さはこれですよね。
 官兵衛、恵瓊、隆景、元春……決して同じ人物がおらず、それぞれが主張し、絡み合って歴史が動いていく。

 あとは<大義>。
 光秀(春風亭小朝)は<朝廷>を大義の拠り所にした。
 しかし、細川藤孝が味方にならなかったように、<主君を殺した謀反人>という大義の方が強く、拠り所にはならなかったようだ。
 歴史は<大義>のもとに動いていく。

 最後に光秀が家臣に与えた信長の茶器。
 生前の信長が愛し、大切にしていた物がいとも簡単に。
 諸行無常を感じます。
 同時に、光秀は「信長の持っていた物を自分から遠ざけたい」といったせりふを言っていたが、光秀の<信長コンプレックス>は相当なものだったようだ。
 光秀も荒木村重も信長を乗り越えようとしたが、かなわなかった。
 本当は彼らは信長に愛されたかったんでしょうね。
 でも、愛されなかったから憎しみに変わってしまった。
 ギリシャ悲劇のテーマに<オイディプス・コンプレックス>というのがありますが、信長を乗り越えられなかった光秀と村重、これもまた悲劇ですね。


コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 戦車と戦闘機に乗って喜ぶ安... | トップ | HERO 第2話~痴漢にも格差... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もっと早くから (TEPO)
2014-07-21 17:23:27
信長パート不要論を唱えておられた方が本能寺後本作が格段に良くなったと言っておられます。しかし私は、

>信長を乗り越えられなかった光秀と村重、これもまた悲劇ですね。

この光秀と村重の心理を説得的に描く上で信長パートには意味があったと思います。
でも本能寺以後本作が格段に良くなったとの感想には私も同感します。
それは本能寺後、「黒だ!官兵衛」になってから、官兵衛がようやく「軍師」らしくなってきたからです。

ところで今作の大胆さは、前回官兵衛が本能寺の秘密を恵瓊に明かしてしまった、とする設定にあります。
恵瓊を完全な盟友に、また隆景をもある程度味方につける、というのが今回のメインでした。

好敵手がしのぎを削る中で互いの手の内を知ってゆき、やがては親友並みの相互理解に達したところで、事情が変わって本当の盟友となる、という展開は私も好きなパターンです。

しかし、今回の前提となる恵瓊や隆景と官兵衛との信頼関係という点に関して言えば、「しのぎを削る」部分の描写がやや弱かったように思います。
つまり、「有岡城以前」の官兵衛には「青臭い善人」のイメージばかりが強すぎて、「軍師」らしく恵瓊や隆景と渡り合った印象がないのです。
調略合戦でも、官兵衛はいつも恵瓊に出し抜かれてばかりだったように見えました。

要するに、有岡城以前からある程度官兵衛に軍師らしい活躍をさせておくべきだったのであり、そのための史実的材料もあったのではないか、というのが私の思いです。
行間を読む (コウジ)
2014-07-21 20:31:54
TEPOさん

いつもありがとうございます。

おっしゃるとおり、「黒だ!官兵衛」になるまでの過程はもうワンエピソードほしかったですね。
せりふにしてしまうとイマイチなのですが、「事を成すためには、相手を騙すなど、汚い手も使わなくてはならない」みたいな。
竹中半兵衛は清廉潔白な感じがあるので、これを宇喜多直家あたりから伝授されると、半兵衛+直家で、官兵衛最強みたいな感じになったと思うのですが(笑)

恵瓊との絡みでももうワンエピソードほしかったですね。
1回くらいは策で恵瓊を出し抜くみたいなエピソードがあると、いいライバル関係になったと思います。
あとは毛利の3人の描き分け。
今回、隆景と元春の違いがわかりましたが、そうだったのかという感じ。

破綻のない前川脚本でしたが、最近は描かれなかった部分、行間を補完しながら見ています。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

軍師官兵衛~第二十九話「天下の秘策」 (事務職員へのこの1冊)
第二十八話「本能寺の変」はこちら。 前回の視聴率は17.5%と、番宣バシバシだっ
大河ドラマ「軍師官兵衛」第29回 (日々“是”精進! ver.F)
毛利と、和議を結ぶ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407200000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】軍師官兵衛(3) [ 前川洋一 ]価格:1,512円(税込、送料込)
【 軍師官兵衛 】第29回 「天下の秘策」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
秀吉(竹中直人)の天下取りのため、官兵衛(岡田准一)は真っ先に京に戻り謀反人 ・光秀(春風亭小朝)を討つ策を巡らす。 そのために信長の死を隠したまま、目前の敵・毛利との和睦を進める。 一方の光秀も、新たな天下人として地位固めに躍起になる。 大混乱の中...
軍師官兵衛 第二十九回 (レベル999のgoo部屋)
『天下の秘策』 内容 信長(江口洋介)の訃報を知った官兵衛(岡田准一)は、 そのことを秀吉(竹中直人)に伝えるとともに、 運が開けたと。。。光秀(春風亭小朝)討伐を、誰よりも早くなすべきと進言。 そしてすぐ官兵衛は、毛利との和睦交渉に挑むのだった。 深夜に...
大河ドラマ「軍師官兵衛」 #29 天下の秘策 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
信長死す。 そして動き出す官兵衛の秘策。
軍師官兵衛 第29回「天下の秘策」 (あしたまにあーな)
前回大きな転換点となる本能寺の変が起こり織田信長はこの世を去っていくのですが、今回はその出来事があったのは既に過去に出来事になってしまったかのような存在感のなさに少し驚きを覚えてしまったのですが、主人公はあくまで官兵衛なので、ここはやむを得ないと気持ち...
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術29官兵衛の交渉術に恵瓊と隆景が同意し秀吉の天下取りの道は完全に開かれた (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第29話は官兵衛は秀吉に天下の好機と進言した直後恵瓊に信長は光秀に討たれた事を告げる。恵瓊は驚いたが、官兵衛はこの状況で無益な戦をするよりも光 ...
軍師官兵衛第29話 &おやじの背中第2話(7.20) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
・軍師官兵衛第29話(7.20) 織田信長@江口洋介の非業の死を知り、 羽柴秀吉@竹中直人の天下取りの好機と悟った黒田官兵衛@岡田准一は 小早川隆景@鶴見辰吾や安国寺恵瓊@山路和弘との交渉の末毛利と和睦、 明智光秀@春風亭小朝を討つため、中国大返しを開始したと...
「軍師官兵衛」 第29回、天下の秘策 (センゴク雑記)
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第29回、天下の秘策。 織田信長、死す。 黒官兵衛と秀吉の天下取りが始まる。
【軍師官兵衛】第29回感想と視聴率「天下の秘策」 (ショコラの日記帳・別館)
「天下の秘策」 第29回の関東の視聴率は、今までの最高だった初回の18.9%を遂