平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

軍師官兵衛 第45回「秀吉の最期」~天下とはその器たるべき者が治めるべきと存じまする

2014年11月10日 | 大河ドラマ・時代劇
 秀吉(竹中直人)の最期。
 官兵衛(岡田准一)との別れのやりとりで、変に感傷的にならなかった所が新しい。
 普通なら回想シーンも交えて、かつての楽しかった交流を描くはず。
 しかし、やりとりはこんなふうにシビアだった。

「秀頼を、豊臣を頼む」
 秀吉の手を解く官兵衛。
「断ると申すか? 秀頼ではいかぬと申すか?」
「天下とはその器たるべき者が治めるべきと存じまする」
 そして、
「それがしは、ただ殿下の下で世の乱れを収めたかっただけでございます」

 これが官兵衛の考え方なんですね。
 官兵衛は以前、こうも言っていた。
「豊臣のために天下があるのではない。天下のために豊臣がある」

 官兵衛の目的はあくまで<太平の世>をつくること。
 秀吉は太平の世をつくる役割を担うひとりでしかない。
 敢えて言えば、秀吉も官兵衛も太平の世を築くための奉仕者。

 すぐれた政治哲学ですね。
 当時の人間がこういう思想を持ち得たかどうかはわかりませんが。
 竹中半兵衛とかは持っていそうだけれど。

 一方、この官兵衛の言葉に応えて秀吉。
「すまなかった。お主の思うような天下人にはなれなかった。すまなかった」

 権力は人を狂わせる。
 どんなに高い理想を持っていたとしても、私意私欲に走るようになる。
 それは秀吉も例外ではなかった。
 利休、秀次のこともそうだったが、やはり官兵衛は朝鮮出兵が許せなかったんでしょうね。
 そんな秀吉を止められなかった自分の不甲斐なさにも。

 あるいは官兵衛が「天下とはその器たるべき者が治めるべきと存じまする」と言ったのは、死を迎える秀吉に秀頼に対する執着を解かせたかったのかもしれませんね。
 秀頼が天下を治める器でなければ、天下人から退くのも仕方のないことだと秀吉に認識させたかった。
 結果、これで秀吉は安らかに眠ることができた。

 そして、別れのあいさつ。
「殿下、永らく軍師としてお使い頂きありがとうございました」
「官兵衛、さらばじゃ」

 徳川家康(寺尾聰)の右目に関しては、面従腹背を意味していたのでしょうか。
 秀吉に対する表と裏のふたつの顔。
 閉じた右目は、天下への野心を眠らせているという意味。
 すこしコテコテな気がしますが、演出、演技プランとしては面白いですね。


コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 相棒 「第三の女」~右京さ... | トップ | ごめんね青春! 第5話~エ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
13分におよぶ熱演 (TEPO)
2014-11-10 21:21:26
昨日は仕事で遅くなり本放送が終わってから帰宅しましたが、家内が「今回は良かった」とのこと。
見てから納得しました。

>「それがしは、ただ殿下の下で世の乱れを収めたかっただけでございます」
>秀吉も官兵衛も太平の世を築くための奉仕者。

なるほど、これが本作で描きたかった官兵衛像の基本だったのですね。
これなら、秀吉死後の権力闘争に今後どう関わるにしても、楽しみに見られそうです。

>「すまなかった。お主の思うような天下人にはなれなかった。すまなかった」

狂いまくっていた秀吉が最後に見せた正気の言葉。
確かに甘くはなく、シビアだったかもしれませんが、心の通い合いのドラマでした。

作劇的に上手いと思ったのは、同じ秀吉の「秀頼を頼む」に対して優等生的に答えていた家康とのやりとりを敢えて直前にもってきて対比させたところです。
さすがに秀吉は家康の「面従腹背」を見抜いていることをおねに示しています。
他方「いつまで経っても変わらぬ」官兵衛の言葉はシビアではあっても真実であることを秀吉はしっかりと感じ取っていました。

とにかく、秀吉と官兵衛との二人のやりとりは13分にも及ぶ熱演でした。

あとは、熊之助の暴挙と遭難は黒田家に思いの外深い傷を残したようです。
あの元気で利発だった糸が巻き込まれてしまい、見る影もない鬱状態。
また、光の現実否認的な空元気。
いずれも見ていて痛々しい限りでした。
13分! (コウジ)
2014-11-11 09:09:12
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>同じ秀吉の「秀頼を頼む」に対して優等生的に答えていた家康とのやりとりを敢えて直前にもってきて対比させたところです。

なるほど、あれは対比だったんですね。
面従腹背の家康と直言の官兵衛。
どちらが信用できるかと言えば、腹の中をすべてさらけ出す官兵衛なのでしょうね。
逆に官兵衛があそこで「わかりました」とお茶を濁していたら本当の心の繋がりはなかったことになる。
官兵衛にしてみれば、ああ言うことが必然だったのですね。

秀吉と官兵衛のやりとりは13分だったのですか。
今作の見所のひとつは、秀吉と官兵衛、竹中直人さんと岡田准一さんの絡み演技だと思いますが、スタッフもこのふたりがどんな演技をするかを期待して、このせりふと時間を用意したのかもしれませんね。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

【 軍師官兵衛 】第45回 「秀吉の最期」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
父・如水(岡田准一)と兄・長政(松坂桃李)の後を追い、船で朝鮮へ向かった 熊之助(今井悠貴)は行方不明となり、出発を目撃しながら制止しなかった糸 (高畑充希)は罪悪感を募らせる。 死期が近づいた秀吉(竹中直人)は、豊臣家の先行きを憂い、如水を朝鮮から...
大河ドラマ「軍師官兵衛」第45回 (日々“是”精進! ver.F)
秀吉、死す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411090000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】軍師官兵衛 完全版 第弐集【Blu-ray】価格:17,415円(税込、送料込)
軍師官兵衛 第四十五回 (レベル999のgoo部屋)
『秀吉の最期 「秀吉の最期~天下人死す!軍師別れの涙」 内容 秀吉(竹中直人)の命で朝鮮へ再び出兵した如水(岡田准一)と長政(松坂桃李) それからすぐ、熊乃助(今井悠貴)は、如水らに止められているにもかかわらず、 吉太夫らとともに朝鮮行きの船に乗り込み。....
軍師官兵衛 第四十五話「秀吉の最期」 (事務職員へのこの1冊)
第四十四話「落ちゆく巨星」はこちら。前回の視聴率は15.0%と予想外に踏ん張った。世間は綾瀬はるかと沢尻エリカの水10対決の方に視聴率関係の関心はうつっているみたい。敗者である沢尻には、大河ドラマでの捲土重来を期待しています。本気です。がんばれキョンジャ。...
大河ドラマ「軍師官兵衛」 #45 秀吉の最期 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
ついに秀吉が世を去ります。 そして、官兵衛最後の活躍時、関ヶ原へ向けて・・・。 でも、九州の戦いをどう表現するんでしょうねぇ?
「軍師官兵衛」 第45回、秀吉の最期 (センゴク雑記)
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第45回、秀吉の最期。 豊臣秀吉、死去~朝鮮出兵、終了。 1つの時代が終わる。
軍師官兵衛第45話(11.9) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
独断で朝鮮に向かおうとした次男熊之助@今井悠貴は船の転覆で死亡、 一方栄華を極めた豊臣秀吉@竹中直人は自分の亡き後を案じながらこの世を去る 黒田如水@岡田准一は天下が再び乱れることを予感したと。 初回から登場してきた秀吉が遂に他界・・・ しかし何も感じる...
【軍師官兵衛】第45回感想と視聴率「秀吉の最期」 (ショコラの日記帳・別館)
副題「秀吉の最期」 新聞ラテ「秀吉の最期~天下人死す!軍師別れの涙」 第45回の
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術45秀吉との最後の対面で官兵衛は天下に相応しい者が天下を治めるべきと秀吉に告げ軍師... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第45話は朝鮮へ出陣している官兵衛の元に熊之助の遭難で亡くなった事を知らされる。中津で糸は熊之助を止めようとしたが、止められなかった事を悔やむ ...