平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

八重の桜 第8回「ままならぬ思い」~ままならぬ思いで繋がる人たち

2013年02月25日 | 大河ドラマ・時代劇
 今回のサブタイトルは『ままならぬ思い』
 さまざまな『ままならぬ思い』が描かれる。
 まずは八重(綾瀬はるか)。
 女性であるがゆえに、鉄砲の腕があっても会津のために働けない。
 時尾(貫地谷しほり)は恋愛。
 想いを寄せていた人が別な人と結婚してしまった。
 佐川官兵衛(中村獅童)も都で働けないことで鬱屈している。
 そのために脱藩も覚悟。
 大蔵(玉山鉄二)は八重への想いが届かない。
「京で会津を思う時には、きっと真っ先に八重さんの顔が浮かぶ。あなたは会津そのものだから」
 十分過ぎる告白なのに八重には理解出来ない。
 西郷頼母(西田敏行)は会津と容保(綾野剛)の将来を憂えて、京都守護職を辞めることを進言する。
 容保の置かれている立場や性格・信念がそれを許さないことを知りながら。
 しかし、そう言わずにはいられない。
 容保も頼母の言うことを十分理解できるのだが、幕府や孝明天皇(市川染五郎)との関係で受け入れることが出来ない。
 誰よりも自分のことを思って進言してくれた頼母に泣く泣く蟄居を命じる。
 そして孝明天皇。
 彼も自分の思いどおりの政治・人事を行うことが出来ない。
 自分のあずかり知らぬ所で勅命を出され、自分はただのお飾りになっている。

 八重、時尾、官兵衛、大蔵、頼母、容保、孝明天皇……。
 皆、『ままならぬ思い』を抱えている。
 もっとも、人が生きるとは『ままならぬ思い』を抱えて生きていくこと。
 自分の思いどおりに生きられる人など、ほとんどおらず、皆、何らかの妥協をし、折り合いをつけて生きている。

 だから八重と頼母が桜の木の下で語り合うシーンは興味深い。
 ふたりは、『ままならぬ思い』という点で共感し合う。
 立場も身分も性別も年齢も違う人間どうしが、『ままならぬ思い』という点で繋がり、結びつく。
 おそらく人が理解し合うとは、こういうことなのだろう。
 今回、八重と頼母は『ままならぬ思い』以外でも、結びついた。
 それは『桜の木を枯らさないこと』。
 この場合の『桜の木』とは<会津>のことである。
 これからふたりは、今回、毛虫取りをしたように、桜の木=会津を枯らさないために闘っていくのだろう。
 ここに来て、<桜>の意味が見えてきた。

 最後は、覚馬(西島秀俊)に対する勝麟太郎(生瀬勝久)の言葉。
「攘夷もできず開国もせず、その場しのぎの言い逃ればかりしてちゃどうにもならねえわさ」
「一敗地にまみれ、たたき潰されてそこから這い上がりゃ、10年後、100年後、この国もちっとはましになるだろうよ」
「人斬りに人斬りぶっつけちゃ切りがねえ」
「考えて、考えて、考え抜いてみろ!」
 これって、現代人に対するメッセージでもありますよね。
 たとえば、僕などは、これらのせりふから現代の<TPP問題><原発問題(=現在、原発推進の方向に戻りつつありますが、もう一度悲惨な事故が起きなければわからないのかな、電力会社や政治家、原発推進派の人は)><武力には武力で解決しようとする風潮>などを感じてしまう。
 これは勝のせりふを借りた作家さんのメッセージ。
 現代人もまた安易な問題解決に走らず、考えて、考えて、考え抜かなくてはならないんですね。



コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 相棒11 「シンデレラの靴... | トップ | ビブリア古書堂の事件手帖 ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
綾瀬八重の「味」 (TEPO)
2013-02-25 21:48:32
メインの話は京都で、相変わらず綾野容保の熱演でぐいぐいと引っ張っていますが、私は主人公の八重がいい味を出してきていると感じています。まず

>八重と頼母が桜の木の下で語り合うシーン
>立場も身分も性別も年齢も違う人間どうしが、『ままならぬ思い』という点で繋がり、結びつく。

私も今回一番好きなシーンはここでした。
ほのぼのの暖かくていいですね。そして「色恋」に関しては

>想いを寄せていた人が別な人と結婚してしまった。
という親友の思いにも、また自分に向けられた
>「京で会津を思う時には、きっと真っ先に八重さんの顔が浮かぶ。あなたは会津そのものだから」
という「十分過ぎる告白」にもまったく気付かない超鈍感。
ここまでくると仁先生をも遙かに超えていて-あの時は立場が逆でしたが-「癒やし」の域に達している観があります。

こうした味わいには、おそらく綾瀬さんの「地」も一役買っているのでしょうね。

まだ八重の「時」は来ていないと思いますが、十分に楽しんでいます。
抑えた演技 (コウジ)
2013-02-26 08:36:58
TEPOさん

いつもありがとうございます。

まさに綾瀬八重の「味」でしたね。
この作品の綾瀬はるかさんは、抑えた演技をされている。
「仁-JIN-」の咲さんなどは、モノマネされるほど、特徴的でしたし、「ホタルノヒカリ」や「ミスター・ブレイン」などでは弾けて綾瀬はるか炸裂!
演出の指示もあるのでしょうが、綾瀬さんとしてはこの八重という役で新境地開拓、抑えた演技でどこまで自分を輝かせるかということに挑戦しているように思えます。

今の八重はジャンプする前に腰を低く屈めている状態なんでしょうね。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

【八重の桜】第8回 「ままならぬ思い」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
攘夷派不逞(ふてい)浪士の取り締まり徹底のため、会津藩は剣が立つと評判の 壬生浪士組を召し抱えることにした。 これに危機感を持った長州派の公家たちは、会津藩を都から追い出そうと孝明天皇 (市川...
大河ドラマ「八重の桜」第8回 (日々“是”精進! ver.F)
頼母、蟄居… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302240004/ 八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-12-20売り上げランキング : 1962Amazonで詳しく見る by G-Tools
緋色なる恩賜の御衣の陣羽織、松平容保公は会津藩兵千名を率い建春門前にて天覧馬揃えに臨むのです(綾瀬はるか) (キッドのブログinココログ)
馬揃えは軍事訓練であると同時に示威行為でもある。 日本における先達は源義経であり、木曽義仲追討のための軍勢を浮島原(静岡県・原宿)に集結したことによる。 それを儀式的に洗練したのは織田信長である。信長は正親町天皇に京都御馬揃えを披露した。 圧倒的な軍事力...
大河ドラマ「八重の桜」 第8話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
想いのすれ違い------------。守護職を拝命したいと言ってきた浪士たち。ついに壬生浪士組登場!!おおお!!なんかこれだけでテンション上がる~♪何か期待めいたものを感じてしまうの...
八重の桜 第8回 ままならぬ思い (レベル999のgoo部屋)
『ままならぬ思い』 内容 文久3年。将軍家茂が孝明天皇(市川染五郎)に拝謁しているころ、 都の不逞浪士の一掃に容保(綾野剛)らは、壬生浪士組に目をつける。 覚馬(西島秀俊)秋月悌次郎(北村有起哉)は、 近藤勇(神尾佑)土方歳三(村上淳)斎藤一(降谷建志)....
大河ドラマ「八重の桜」 #08 ままならぬ思い (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
京都はさらに荒れる天誅の嵐。 新選組が会津藩の配下に。
八重の桜 第8回 「ままならぬ思い」 (青いblog)
容保が乗り移ってるような綾野さんの演技がやっぱりいいなぁ~ おじぎをしたり、セリフの切羽詰まった言い方だとか、しみじみと見応えあります。 「望みもせんことを我が名を使って出しよる」 孝明天皇...
八重の桜 第8回「ままならぬ思い」 (D☆エディション)
会津藩視点での新撰組(壬生浪士組)登場。 紛争地帯で雇った凄腕の傭兵って感じです! 実在の壬生浪士組もこういう狂犬のような印象だったのでしょうね。 桂小五郎も登場し、幕末 ...
大河ドラマ「八重の桜」信念の人8京の警備強化のために新撰組を雇うも頼母に危惧され退任を説得されるも容保は拒否し頼母を謹慎処分... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第8話は薙刀の稽古に励む八重と時尾だったが、時尾は二葉の弟の大蔵の結婚が決まった事にショックを受けるも八重は鈍感でその気持ちに気づけない。しかし ...
「八重の桜」 第8回、ままならぬ思い (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第8回、ままならぬ思い。 壬生浪士組の発足~天覧の馬ぞろえ。 今回はタイトル通り、各人のままならぬ思いが描かれていましたね。
八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか (新ドラマQ)
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...
【八重の桜】第8回感想と視聴率「ままならぬ思い」 (ショコラの日記帳・別館)
「ままならぬ思い」 第8回の視聴率は、前回の17.5%より下がって、15.6%で
【八重の桜】第8回感想と視聴率「ままならぬ... (ショコラの日記帳)
「ままならぬ思い」第8回の視聴率は、前回の17.5%より下がって、15.6%でした。裏のWBCの壮行試合「日本×オーストラリア」に食われてしまったかもしれません。来週は、WBCの本番、1...
ままならぬ思い (西徂庵)
八重の桜 #8