平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

相棒11 「シンデレラの靴」~あの失敗があったから今があるんだと思おう。とりあえず走り出してみたら?

2013年02月21日 | 推理・サスペンスドラマ
 今回はふたつのアリバイくずし。
 ひとつめは、元マラソン選手・桂馬麗子(中山忍)。
 彼女は代々木のジムから氷川神社まで本当にランニングしていたのか?
 監督・高木富雄(国枝量平)の所に行って殺害をしていたのではないか?
 走る享(成宮寛貴)。
 坂や工事現場があり、いくら麗子でも1時間で帰って来ることは無理。
 これでアリバイがくずれた。

 しかし、このアリバイ崩しは徒労に終わった。
 麗子は足を捻挫していたのだ。
 彼女は走れない。
 ということは監督・高木の所に行って殺害することは不可能。
 事件は振り出しに戻る。

 右京(水谷豊)はふたつめのアリバイ崩しを行い、真犯人を暴く。
 その真相究明のためのポイントは
・動機
・メール自動送信サービス
・共犯者の偽装工作
 だ。

 アリバイ作りとしては<メール自動送信サービス>は安易かな?
 享を走らせてアリバイを崩すというのもイマイチ。
 今回の作家さんは、アリバイ工作のトリックというよりは<動機>の方を重要視したようだ。
 その動機とは、<走ることを妨げる存在>=監督・高木を許せないという思い。
 麗子にとっても真犯人にとっても、<走ること>は自分のアイデンティティ、存在理由だった。
 だからそれを<奪われること>は何よりもつらいこと。
 かつて高木は麗子たちから走ることを奪ったが、同じことを上星高校の陸上選手・南条遥(川本まゆ)にもしようとしている。
 だから殺した。

 当たり前のことですが、他人の大事なもの(今回の場合は「走ること」)を奪ってはいけないですよね。
 直接的には描かれていなかったが、ヤクザともつき合いのあった高木はドーピング血液などをネタに、金品や体の要求など、もっとあくどいことをしてそう。
 いずれにしても、ありがちな俗っぽい小悪党ですけどね。
 高木が<小悪党>であることが、今回の作品を薄っぺらいものにしている。

 オチの「タスキは渡された」も、あまりキレがないように思うのですが、どうでしょう?
 サブタイトルがせっかく『シンデレラの靴』なのですから、もう少しシンデレラに掛けてもよかったような気がします。




コメント (8)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« ロンドンハーツ 未来の狩野☆... | トップ | 八重の桜 第8回「ままならぬ... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2013-02-21 23:36:06
こんばんは。
確かに、アリバイトリックがあまりにも古典的すぎます。メールがこの時間に送られたから生きていたんだろう、は安易すぎます。おかげであっさりその時間事務所にいた美枝が犯人だとすぐに分かります。

ところで、みんな言ってますが、これを見て思い浮かべるのは、「古畑任三郎」で、今泉くんが走って事件を実証した回でしょう。あれでは今泉くんバテバテになるまで何度も走らされていましたが、一回で終わらせてくれた右京さんは案外優しいなと思いました。

この事件で問題となるのは、ご指摘のように、動機でしょう。高木が悪人で同情の余地がないにしても殺すほどのことなのか微妙です。
ドーピングで弱みを握られていたという点はあるにしても、桂馬麗子監督就任問題でもめているはずなのに、その時条件に出した高校生ランナー、南条遥のことが殺人のきっかけになっているのは、やや動機として弱い気がしていました。だって、最悪の場合、南条遥を監督就任の条件にしていたのを、取り下げればいいだけです。よほど美枝はアポロンで南条遥を育てたかったんだろうか、と首をかしげていました。
だから、〈走ること〉を、〈奪った〉から殺人が起こったのだというご指摘は、なるほどと思いました。

まあ、中山忍さんがアスリートに見えないという点はあるかもしれませんが、今回はドラマの出来は、そこそこいっていたんではないでしょうか。

まあ、副題の「シンデレラの靴」については、最近も「幸福な王子」や「アリス」など、児童文学が題名になっていることが多いので、享くんの若さが反映しているのでは、という指摘を他で読みました。
児童文学からの発想 (コウジ)
2013-02-22 08:32:04
コメントありがとうございます。

ぼくもカイト君が走らされるシーンを見て、今泉君を思い出しました。
右京さんと古畑警部の違いもありますが、走る人によってイメージも違ってくる感じですね。
カイト君の場合はかっこいい!

殺人の動機については、衝動的なものだったとはいえ、残念ですね。
殺人でなく、もっと他に対抗する手段があったように思います。

副題のことについては、気がつきませんでした。
確かに児童文学のものが多いですね。
作家さんは、これらの児童文学から着想を得て、作品を書いているのかもしれませんね。
そう言えば、現在、月9で放映している『ビブリア古書堂の事件手帖』も、本から発想されているミステリでした。
今後、こういう作品が多くなってくるのかもしれませんね。
スポーツ界の光と影 (沙鞍)
2013-02-22 12:30:03
コウジさん、こんにちは。

 今回は冒頭で、享と悦子が通う豪華なスポーツジム、桂馬選手のアジア大会での活躍、とスポーツ界の光を描いたところで、じわじわとその裏の闇の部分に切り込む流れでしたね。

 選手とコーチの問題、その密室性、ドーピング、暴力団との癒着、つい先日まで新聞をにぎわせていた問題もありますが、このあたりを全て取り込もうとした姿勢は流石、です。すべて取り込むことによって、高木のいやらしさが、(こんな人がコーチだったら、、人生振ることになってしまいますよね)十分に画面で描き切る時間が不足してしまったかもしれません。動機づけの方は説得力が薄くなってしまいましたが、スポーツ業界の闇のどろどろをうまく取り込んではいたと思います。

「シンデレラの靴」は辛い環境からシンデレラが這い上がる(?)きっかけとなった幸運の靴。コウジさんがおっしゃるように、確かにそこをもっとアピールできれば魅力的でしたね。

個人的には、走り終わった享を待っている右京さんがさりげなく、スポーツドリンクを渡す場面が好きでした。買って待っててあげたんですね。2人の相棒ぶりがますます楽しみです。
細かいですが (苺杏仁)
2013-02-22 18:12:51
殺された高木監督があまりにもあくどい男ですね。ヤクザを使ってまで、自分の思い通りにしたかったのか。セクハラや金銭面に固執するのなら自然ですが。2人の女性はアポロン電気の上層部に訴えればよかったのに。スポーツクラブの記念シューズが少しは、かかととつま先がすり減って、汚れが残っているほうが自然でしょう。新品同様でした。でもスポーツ界のドロドロが新鮮でよかったです。萩尾みどりさんが素敵でした。
スポーツ界 (コウジ)
2013-02-23 08:57:21
沙鞍さん

いつもありがとうございます。

>選手とコーチの問題、その密室性、ドーピング、暴力団との癒着

なるほど、この作品はこういうふうにとらえればいいわけですね!
おっしゃるとおり、ここには現在のスポーツ界の問題点が凝縮されている。
せっかく素材がいい今日的な素材なので、問題を高木の個人的な問題だけにせず、スポーツ界のシステムみたいなことまで斬り込んでみると、よかったかもしれませんね。

右京さんが享にスポーツドリンクを渡すシーンは気がつきませんでした。
細かく見ていらっしゃいますね。

ちなみに今回の舞台となったスポーツジム・ルネサンスですが、僕も通っています。
もっとも僕が通っているのは、系列の規模の小さな所で、代々木はあんなに豪華なのかと思って見ていました。
作品 (コウジ)
2013-02-23 09:07:06
苺杏仁さん

コメントありがとうございます。

>2人の女性はアポロン電気の上層部に訴えればよかったのに。

そうなんですよね、こういうふうに疑問を持たれてしまった段階で、作品は失敗なんですよね。
もっとも完ぺきに辻褄のあった作品など、ほとんどないのですが、これを補う<感動>とか<深いテーマ>があれば視聴者は納得してくれる。
書いていらっしゃった
>でもスポーツ界のドロドロが新鮮でよかったです。萩尾みどりさんが素敵でした。
みたいな要素があれば。

週一の放送でクォリティを保つことは本当に難しいんでしょうね。
Unknown (沙鞍)
2013-02-23 11:41:21
今回の物語、2回に分けていたら、名作になったかも?などとついつい考えています。第一段階は、選手とコーチの問題、実はその裏に暴力団との癒着があったというような展開で。

豪華なジムの風景は華やかで活気があってインパクトありましたからね。
if (コウジ)
2013-02-23 17:22:29
沙鞍さん

そういうifで考えてみることって面白いですよね。

ぼくは、高校生ランナー・南条遥にスポットを当てたら、よかったのではないかと思いました。
人が走る姿って、美しいですからね。

コメントを投稿

推理・サスペンスドラマ」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

相棒 season11 (第16話・2/20) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
テレビ朝日系ドラマ『相棒 season11』(公式)の第16話『シンデレラの靴』の感想。 ネタはベタな刑事モノだが、意外に「相棒らしさ」も! 一緒に観ていた妻は「古畑任三郎で今泉くんがラジオ局を...
相棒season11 第16話 (ぷち丸くんの日常日記)
アポロン電機陸上部の監督・高木(国枝量平)が自宅で血まみれの遺体で発見されます。 事件の前日、享(成宮寛貴)は恋人の悦子(真飛聖)と一緒にスポーツクラブを訪れていて、偶然、アポロン電機陸上部の...
「相棒 Eleven」第16話 (日々“是”精進! ver.F)
他の手段は、無かったのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302210002/ 相棒season11 オリジナルサウンドトラック(初回生産限定) (AL2枚組)池 頼広 HA...
相棒 Eleven (シーズン11) - 水谷豊 成宮寛貴 (新ドラマQ)
相棒 Season 11 水曜 21:00 テレビ朝日 2012年10月10日~ [キャスト] 水谷豊 成宮寛貴 鈴木杏樹 真飛聖 川原和久 大谷亮介 山中崇史 石坂浩二 ほか 元日スペシャル 第11話...
相棒11 第16話 シンデレラの靴 (レベル999のgoo部屋)
『シンデレラの靴 内容 スポーツクラブで汗を流していた享(成宮寛貴)と悦子(真飛聖) 偶然、 世界大会で銀メダルを獲得の元マラソン選手・桂馬麗子(中山忍)を見かける。 翌日、右京(水谷豊)と享が麗子のレースについて話していたところ、 角田課長(山西惇)か....
『相棒 eleven』 第16話「シンデレラの靴」 (英の放電日記)
言葉遊びだけ?……「アポロン(電機)」「(それがあなた=美枝 の)アキレス腱」「シンデレラの靴」「襷は無事つながったみたいですね」 動機が弱い  被害者の高木は教え子をドーピングの罠に嵌めて支配したり、将来性豊かな女子高生ランナーを暴力団と繋がりがある...
アムネシア&相棒 (別館ヒガシ日記TB用)
2月21日 アムネシア&相棒 アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場合は上記のブログ記...
ドラマ「相棒season11」第16話 あらすじ感... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
想いを繋ぐタスキ----------!!元銀メダリストのマラソン選手が犯人なのか!?陸上部の監督の高木が自宅で殺されて発見される。その元マラソン選手の桂馬は、この陸上部の次期顧問に...
相棒 Eleven テレ朝(2/20)#16 (ぬる~くまったりと)
第16話 シンデレラの靴 公式サイトからアポロン電機陸上部の監督・高木(国枝量平)が自宅で血まみれの遺体で発見された。事件の前日、享(成宮寛貴)が偶然スポーツクラブで同陸上部の 次期監督候補になっていた、マラソンの元銀メダリストである 桂馬麗子(中山忍)...
【相棒season11】第16話感想と視聴率「シンデレ... (ショコラの日記帳)
『相棒Eleven』第16話「シンデレラの靴」第16話の視聴率は、前回の15.4%より上がって、17.0%でした♪視聴率、戻って良かったです♪(^^)今回の話の雰囲気、第3話の「ゴールデンボー...
【相棒season11】第16話感想と視聴率「シンデレラの靴」 (ショコラの日記帳・別館)
『相棒Eleven』第16話「シンデレラの靴」 第16話の視聴率は、前回の15.
相棒11 第16話「シンデレラの靴」 (D☆エディション)
体罰問題で揺れてるスポーツ界が扱われる今回。 物語は別のテーマの内容ですがなかなかタイムリーです。 監督などの力が独占的な世界なので、いろいろ問題があるんでしょうかね。 ...
相棒 season11 第16話 シンデレラの靴 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
右京さん、やっとエンジンが温まったかな? 公式よりあらすじ アポロン電機陸上部の監督・高木(国枝量平)が自宅で血まみれの遺体で発見された。事件の前日、享(成宮寛貴)が偶然スポーツクラブで同...
『八重の桜』 第8話 「ままならぬ思い」 (英の放電日記)
ままならぬ思い…… ……………………八重、官兵衛、大蔵、時尾、そして頼母  京・本陣では、得体の知れぬ壬生の浪士雇い入れたことを聴き、謹慎中の官兵衛は居ても立ってもいられず京に駆け付けようとするが、頼母に制止される。  官兵衛の忠義心とままならない思いが...
相棒11「シンデレラの靴」 (のほほん便り)
カイト君、問題のルートをダッシュする捜査に、「古畑任三郎」の桃井かおりの「さよなら、DJ」の回… 西村雅彦が、ラジオ局を走りまくって、おでこペシペシな回を連想してしまいました。若さ!ならでは、ですよね。薫ちゃんも、尊クンもやらなかたったパターンだけに、...