平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

半沢直樹~<日本企業の魂><企業の良心>を体現した半沢というキャラクター!

2013年09月23日 | 職業ドラマ
 半沢(堺雅人)が断罪した東京中央銀行の体質は、おそらく日本の大企業すべてが陥っているものなのだろう。
 つまり「保身や出世、派閥争いのために、顧客を顧みず、本来なすべき仕事をしていない」ということ。
 これは、先日のJR北海道しかり、白斑問題のカネボウ化粧品しかり、東京電力しかり。
 皆、内部にばかり目を向けていて、お客に喜んでもらうことや企業としての責任と使命を果たすことを放棄している。
 これではダメだよね、日本の大企業。
 良質な製品やサービスを提供することを第一にしていた、かつての<日本企業の魂>はどこに行った?
「鉄の骨」「七つの会議」など、池井戸潤作品のテーマはここにある。

 そして「半沢直樹」が他のドラマ化された池井戸作品より人気を博した理由は、半沢というキャラを登場させたことだろう。
 実は半沢も、「七つの会議」などの主人公と同じく、組織の悪に与しない<企業の良心>であることは変わらない。
 しかし一方で、半沢は啖呵や大見得を切り、時には脅迫、恫喝、敵地に侵入して書類を盗み出すといった破天荒なことをやってのける。
 ぼくは、半沢を銀行員のジャック・バウアーだと思っているが、「半沢直樹」の作劇・演出は海外ドラマ「24」に似ている。
 脚本家さんは「24」をよく研究していらっしゃる。
 それと今のドラマはリアリティより、これくらい劇画のようなキャラクター化の方が受けるんでしょうね。
 この日曜9時のTBS枠では「華麗なる一族」「不毛地帯」「運命の人」などの山崎豊子作品があったが、リアリズムの主人公は「半沢」ほどは受けなかった。
 「やられたらやり返す」「倍返しだ」といった決めぜりふもなかった。
 「半沢直樹」は、今後のドラマ製作者が企画を立てる上で、大いに分析されるべき作品ですね。

 さて、「半沢直樹」最終回のラスト。半沢の東京セントラル証券への出向。
 これは中野渡頭取(北大路欣也)の理不尽な非情さというより、続編への布石でしょうね。
 中野渡頭取にミッションを与えられた半沢が、東京セントラル証券で大暴れするみたいな。
 これは一歩間違うと「特命係長 只野仁」みたいになってしまうんですが、せっかくの社会派の人気作、それだけは避けてほしいです。
 もっともぼくは「只野仁」も好きですが。



コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 八重の桜 第38回「西南戦争... | トップ | 復興特別法人税の前倒し廃止... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
近藤さん (megumi)
2013-09-25 18:38:01
こんばんは。

ドラマ化された池井戸潤作品は 
「鉄の骨」 以外は 全て見ました。

今まではWOWOWとNHKが映像化していたので
至って真面目な作りでしたが

「半沢直樹」 はエンタメ性重視の娯楽作品に仕上がっていましたよね。
楽しめました。


私は並行して見ていた 「七つの会議」 にも出ていた
吉田鋼太郎さんに注目してしまいました。
この人 悪役でしか見たことが無かったので
半ば疑いながら 
役者って凄いな!と思いながら見ていました。

細かいことですが
近藤のしたことを半沢は許しましたが
私には許せません。
タミヤ電機は納得したのでしょうか。
そこだけが いつまでも気になる最終話でした。
前話のラストでの近藤を
フェイクだと思い込んでいましたから・・・。
疑り深くなってしまいますね (コウジ)
2013-09-25 20:30:11
megumiさん

いつもありがとうございます。
吉田鋼太郎さんって、悪役のイメージがありますよね。
「七つの会議」でもそうでしたが、「カラマーゾフの兄弟」の父親役もすごかった。

>前話のラストでの近藤をフェイクだと思い込んでいましたから・・・。

ぼくも同じことを思っていました(笑)
この作品を見ていると、どうも疑り深くなっていけないですよね。
先程の吉田鋼太郎さんもそうですし、及川光弘さんも実な常務側のスパイかと思っていました!
誰が敵か味方かわからず、いつ誰が裏切るかわからない。
これがこの作品の面白さのひとつですよね。
同感です (megumi)
2013-09-25 22:17:51
こんばんは。


>「カラマーゾフの兄弟」の父親役もすごかった。

下卑ていて強欲で 嫌悪感を抱かせるに十分でしたね。
「ギルティ」での宇喜田理事官役も相当なものでしたが
「カラマーゾフ」は もっと強烈でした。

>及川光弘さんも実な常務側のスパイかと思っていました!

私も怪しんで見ていました。

及川さんのキャラでしょうか。
半沢のために 誠心誠意 協力してくれたのに
気の毒なことでした。

続きは 映画という話も聞きますが
出来れば ドラマでお願いしたいですよね。
翌日 「みんなで語れる」 ことががヒットの要因だというのに・・・。
パート2は (コウジ)
2013-09-26 10:07:10
megumiさん

>及川さんのキャラでしょうか。

そうなんでしょうね(笑)
及川さんを見ていると、何か腹に一物あるような印象を受ける。

あとは「映画」の可能性もあるんですか。
確かに「仁-JIN-」なんかもそうですが、パート2は前作よりクォリティが下がるという傾向がありますからね。
ただ視聴率42.2%の作品をテレビドラマにしないのはもったいないですし、TBSがどう考えるか楽しみですね。

コメントを投稿

職業ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

11 トラックバック

半沢直樹 (第10話 最終回・9/22) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBS・日曜劇場『半沢直樹』(公式) 第10話 最終回『最終回SP 100倍返しなるか最後の土下座するのは誰だ!~衝撃の結末!!友情か?裏切りか?』の感想。なお、池井戸潤氏の原作小説は未読。 圧巻の、半沢の仕返し大劇場! 最終回は同期の裏切りから始ま...
【半沢直樹】 第10話 最終回 と統括感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
俺がお前でも、同じことをしたと思う。 誰だって生きていくには金も夢も必要だ。 お前は銀行員として当然の選択をしただけだ。 報告書のことも気にするな。 元々、俺が一人でやるべきことにお前を巻き込んじまったんだからな。 お前は何も悪くない。 半沢直樹...
キングダムを愛せる者は半沢直樹の最終回も全て納得できなければならない。 (西徂庵)
[E:tv]人気ドラマ『半沢直樹』を最後まで視聴した。
半沢直樹 第10話(最終回) (レベル999のgoo部屋)
『100倍返しなるか最後に土下座するのは誰だ!  ~衝撃の結末!!友情か?裏切りか?』 内容 なんとか金融庁検査を乗り切った半沢(堺雅人) あとは、大和田(香川照之)と決着をつけるだけだった。 だが、決め手となる田宮(前川泰之)の証言を持つ近藤(滝藤賢一....
「半沢直樹」不屈の男・・・大和田常務に復讐を果たした半沢は中野渡頭取に危険人物として頭取健在の内は銀行から飛ばされる事になっ... (オールマイティにコメンテート)
「半沢直樹」最終話は半沢は大和田常務を追い込む決定的な証拠を掴んだが、大和田常務が近藤に銀行復帰を持ちかけられ近藤は銀行復帰を選び大和田常務を追い詰める手段を失う。こ ...
半沢直樹 最終回 (のほほん便り)
原作者もおっしゃられてたけれど、まさに銀行を舞台にしたチャンバラ。ドラマチックな照明と、盛り上げ音楽が効いてました 「100倍返しなるか最後に土下座するのは誰だ! ~衝撃の結末!!友情か?裏切りか?」 …思いっきり続編作る気まんまんな雰囲気のラストで...
半沢直樹 最終回 (ぷち丸くんの日常日記)
近藤(滝藤賢一)は大和田常務(香川照之)から提案された取引に応じ、出向から銀行に戻ることと引き換えに、タミヤ電機の田宮社長(前川泰之)の証言を表に出さないという決断を下してしまいました。 その結果、半沢(堺雅人)が大和田常務を追い詰めるため取締役会に...
半沢直樹 第10話 最終回 (青いblog)
えーーーーーーーーーー そ、そんなぁ!!! 土下座はさせたけど常務の対処に情けがあって、 半沢も出世してめでたしめでたしになるのかと思ったのに…… 世の中そんなに甘くないなんて すっきりしないオチが待っていたとは~~(>_<) こんな最終回、辛すぎ...
《半沢直樹-第二部》#10(最終話) (まぁ、お茶でも)
大和田と岸川に目の前で、銀行員に戻りたくないかと迫られてはさす がの近藤も、半沢を裏切る形になってしまった。 大和田常務の悪事の報告書が出来上がったが、添付の田宮社長の分が 近藤から届かなかった。中野渡頭取は、これだけの告発をするには、 負けたとき失うもの...
出向が怖くて銀行員できるか!  (虎党 団塊ジュニア ブログ 弐号機)
「やられたらやり返す あなたに対しては 100倍返しだ!」 「0を倍にしても 100倍にしても 答えは0です」 「サントリーは3倍」 日曜劇場「半沢直樹」最終回の平均視聴率が 42.2% 民放ドラマとしては、1983年...
半沢直樹 最終回 (のほほん便り)
原作者もおっしゃられてたけれど、まさに銀行を舞台にしたチャンバラ。ドラマチックな照明と、盛り上げ音楽が効いてました 「100倍返しなるか最後に土下座するのは誰だ! ~衝撃の結末!!友情か?裏切りか?」 …思いっきり続編作る気まんまんな雰囲気のラストで...