平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

軍師官兵衛 第38回「追い込まれる軍師」~控えよ、三成! 今、わしは殿に申し上げているのだ!

2014年09月22日 | 大河ドラマ・時代劇
「いったい黒田のやって来たことは何だったのです?
 人を活かして使うのが黒田の信条だったはず」
 宇都宮鎮房(村田雄浩)を謀殺した長政(松坂桃李)に対する光(中谷美紀)の言葉。

 大事なものが壊れてしまいましたね。
 これで黒田家は昔のように楽しく笑うことはできなくなってしまうのだろう。

 官兵衛(岡田准一)にしてみれば、<生き残る>ために仕方がなかったこと。
 きれいなままでは生きられない。
 矛盾の中で生きている。

 物事が変わっていくのは避けて通れないものなのだけれど、大切にしてきたものが一気に壊れてしまった喪失感は筆舌に尽くしがたいものだっただろう。
 今までの自分の人生は何だったのか? と。

 時代の非情。
 権力者の理不尽。

 秀吉(竹中直人)はますます狂う。
 人を将棋の駒のように自在に操るのは面白い。神のようじゃ。

 こんな裸の王様に利休(伊武雅刀)はチクリ。
「耳に痛いこと言ってくれるうちが華でございます」

 安倍さんも野党が弱体化し、自民党内にも批判勢力がいなくなって、やりたい放題だけど、海外出兵とか言い出さないでよ。

 官兵衛が三成(田中圭)に放った言葉にはすっきり。
「控えよ、三成! 今、わしは殿に申し上げているのだ! 口を挟むな!」

 僕は三成みたいな人間が嫌いでしてね。
 つまり現実を知らずに頭の中で生きている人間。
 たとえば、三成は茶々のために城を造れと簡単に言いましたが、城を普請でどれだけの人が苦しむかに想像力が及ばない。
 地べたからでなく、高い所から物を見ているとこうなってしまうんですよね。
 宇都宮鎮房(村田雄浩)のことだって、自分で手を下さないから平気で「やれ」と言える。
 普通は、長政がそうであったように、人を謀殺しようとすれば手が震え、うろたえる。

 徳川家康(寺尾聰)と官兵衛のやりとりは見応えがありましたね。
「天下泰平は訪れる。豊臣の天下を奪おうとする野心を抱く者がおらねば」
 と官兵衛が釘を刺すと、家康は、
 お伽衆に語った秀吉の言葉「次に天下を取るのは官兵衛に違いない」を披露する。
 まさに狐と狸の化かし合い。
 まあ、この勝負、家康の勝ちですかね。
 これで官兵衛は二心がないことを示すため隠居しなくてはならなくなくなった。
 家康はこのひと言で官兵衛を封じ込めた。

 これからの物語は、官兵衛 VS 秀吉、三成、家康の対立図式になりそうです。


コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 花子とアン~戦争に荷担して... | トップ | 花子とアン~茂木健一郎さん... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
竹中秀吉の影と拡大版小寺家 (TEPO)
2014-09-22 23:42:30
今は亡き私の母は、時折素朴な言葉で鋭いツッコミを入れる人でした。
その母の竹中秀吉の前作「秀吉」に対するコメントは「何かというとすぐ裸踊りを踊って誤魔化すのね」。
その「秀吉」の最終回は、「醍醐の花見」と思しき大宴会で秀次、三成、家康-言うまでも無くこの三人、前の者を後の者が殺してゆく政敵たち-はじめ一同皆が一緒になって踊りを踊って終わりだったので,私も呆気にとられてしまいました。
さすがに「裸踊り」ではなかったものの、要するに「これから話は暗くなるのでここで打ち切ります」という幕切れ。

秀吉の「光」だけ描き「影」をカットした前作に引き替え、今回の竹中秀吉は秀吉の「暗部」をたっぷりと演じるのでしょうね。

>これからの物語は、官兵衛 VS 秀吉、三成、家康の対立図式になりそうです。

私は官兵衛にとっての家康は単純には敵とも味方ともつかない、しかし常に官兵衛の一枚上手をゆく不気味な存在-前半での宇喜多直家のような-である、と見ています。
こうして見ると、今の豊臣家は前にも書いたとおり「拡大版小寺家」だと感じます。つまり
前期官兵衛:お紺:政職:左京進:直家=後期官兵衛:おね:秀吉:三成:家康
ということです。
竹中秀吉の完成 (コウジ)
2014-09-23 07:23:15
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>今回の竹中秀吉は秀吉の「暗部」をたっぷりと演じるのでしょうね。

すっかり忘れていましたが、前作「秀吉」は光の部分だけを描いていたんですね。
そして、今回「暗部」を描いて竹中秀吉が完成する。
竹中直人さんとしては役者としてうれしいでしょうね。

「拡大版小寺家」
面白いですね。
これを脚本・前川さんが意識的にやったのか、無意識だったのかはわかりませんが、作家さんの物語づくりや対立の構造って、案外パターンの組み合わせなのかもしれませんね。

あるいは、また人の人生も。
いくつになっても同じような問題を抱えて、堂々巡りをしているのかもしれません。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

大河ドラマ「軍師官兵衛」第38回 (日々“是”精進! ver.F)
茶々は、城が欲しい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409210000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】軍師官兵衛(後編) [ 前川洋一 ]価格:1,134円(税込、送料込)
【軍師官兵衛】第38回感想と視聴率「追い込まれる軍師」  (ショコラの日記帳・別館)
「追い込まれる軍師」 【第38回の視聴率は9/22(月)追加予定】 鶴姫(市川由
軍師官兵衛 第三十八回 (レベル999のgoo部屋)
『追い込まれる軍師』 「追い込まれる軍師…官兵衛、涙の決断!」 内容 秀吉(竹中直人)の命令により、長政(松坂桃李)は、 黒田家家臣となった宇都宮鎮房(村田雄浩)と家臣達を討伐する。 全ては黒田家のためだった。 その後、長政は、宇都宮家の本拠、城井谷へと...
【 軍師官兵衛 】第38回 「追い込まれる軍師」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
秀吉(竹中直人)からの宇都宮討伐の命令を長政(松坂桃李)が実行したと知った 官兵衛(岡田准一)は苦渋の末、鎮房の嫡男朝房(橋本淳)の処遇を決断、実行する。 一方、光(中谷美紀)は鎮房の娘・鶴(市川由衣)を救うよう長政に迫る。 何とか黒田家の存続はかな...
大河ドラマ「軍師官兵衛」 #38 追い込まれる軍師 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
独断でことを起こした長政。 そして、悩む官兵衛。 秀吉の野望が狂気を呼び起こす。
軍師官兵衛第38話(9.21) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
息子長政@松坂桃李が宇都宮鎮房@村田雄浩を暗殺したと知り、 黒田官兵衛@岡田准一は鎮房の息子朝房@橋本淳を泣く泣く斬る。 一方、いよいよ独裁者と化した豊臣秀吉@竹中直人は明出兵を決意、 官兵衛はやめるよう諫言するが、聞き入れてもらえない。 しかも、秀吉が次...