平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

相棒10 「消えた女」~「彼女はいいジャーナリストになりますよ」

2011年11月17日 | 推理・サスペンスドラマ
 職場にもマンションにも存在しない女・山原京子(森口彩乃)。
 彼女のいたホテルでは殺人事件が起こり、殺された男は紛争地を渡り歩いている男。
 ホテルの駐車場からは外務省ナンバーの車が乗りつけ、捜査をする右京(水谷豊)たちには上から圧力。

 一見すると、<国際事件><国家的謀略>を思わせる巨大な事件。
 しかし、蓋を開けてみると……。

 以下、ネタバレ。


★事件はふたつの事件が絡み合っていた。
 ひとつは<麻薬売買>に関わるトラブル→殺人。
 もうひとつは人材派遣業を隠れ蓑にした<売春>。政治家や霞ヶ関官僚を相手にした高級娼館。

 ひとつひとつは単純な事件だが、それらが絡み合うと事件は複雑になる。
 ひもや電気コードが絡まって、わけがわからなくなるのと同じで、事件は難しくなり<国家的謀略>に見えて来る。
 その絡まったひもを解きほぐしていくのが、右京の役割だ。
 これは連立方程式を解くのと同じで、一方の答えが出て来ると、もうひとつの答えが出て来る。

★面白いのは、人材派遣業(この作品では<ブレイブスタッフ>という会社)の設定だ。
 政治家や霞ヶ関官僚を相手にした高級娼婦の派遣。
 その派遣部署は<営業促進部>という名で公にされていない。
 マンションの5つの部屋を社宅として借りていて、犯行隠しのために別の派遣スタッフを住まわせる。管理人も派遣スタッフで入れ替え、警察が聞き込みに来た時に備える。
 実際にありそうで、上手い設定だ。
 現実にある職業の背後にこんな<裏の仕事>が隠されていたなんて、実にワクワクする。

★余韻は右京のラストの言葉。
 通信社の記者をしている守村やよい(本仮屋ユイカ)について、右京は「彼女は『助けてくれ』という山原京子の心の声を聞いていた。彼女はいいジャーナリストになりますよ」と語る。
 確かに、人間を相手に取材するジャーナリストにとって<感じる力>って大切ですよね。
 今の多くのマスコミは、感じることはせず、対象を批判・弾劾して、それを商売にしている。

 あと、味があるのは右京たちと伊丹たち(川原和久)の関係。
 「ヤバい捜査は特命係に」(笑)、「立っているものは特命係でも使え」(笑)。
 伊丹たちは「正義感の強いおふたりだから」と言って特命係を利用し、右京も利用されることを良しとしている。
 この屈折した共闘関係。
 なんだかんだ言って、両者は理解し合っているんですね。


※追記
 今回の「消えた女」は、W・アイリッシュの「幻の女」、あるいは短編「階下で待ってて」を意識しているのか?
 また、会社の中に特殊な秘密の部署があるという設定は、黒田研二「ウエディング・ドレス」(講談社刊)にある。



コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 「家政婦のミタ」論~壊して... | トップ | ブラタモリ~上野動物園はワ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
深い!!! (megumi)
2011-11-17 10:39:03
コウジさん おはようございます

たかが「相棒」
ようやく普通に戻ったような「相棒」

それを 
ここまで深く考察するコウジさんはすごいです
さすがエンタメ研究所です
私なんて スレ~っと見てましたもん

確かに 
今のマスコミは感じる力が欠如していますよね
興味本位で無神経なマスコミに
蹂躙され傷付いた人がどれほどいることか?

我が家でも
「くれぐれも変死はしないように!
マスコミが暇してるタイミングだったら
被害者の側がプライバシー暴露だからね」って言ってますよ
今回は (コウジ)
2011-11-18 10:08:02
megumiさん

いつもありがとうございます。

お褒めいただきましたが、あれこれ理屈をつけて語るのが好きなんです(笑)

今回は、推理パズルものでスレ~と見られましたね。
ラストの「いいジャーナリスト」発言は、余韻を出すために、がんばってつけてみたという感じがしますし。
推理パズルものとしては、犯行シーンを携帯で録画していたなんていうのはイマイチ。
粗を探せば、いろいろありますが、今回はこんなふうにまとめてみました。

コメントを投稿

推理・サスペンスドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

相棒ten(season10)「消えた女」 (のほほん便り)
今回は、映画からのゲストとして、記者役で本仮屋ユイカが登場。長いシリーズならではの遊び心ですね。 「花の里」が閉まった今シリーズ。あるいは番組の華として、準レギュラー化もありえるの… かな? (新米記者さん、って、ミステリーの定番ですもんね) ここ...
相棒seazon10 (第5話 11/16) 感想 (ディレクターの目線blog@Seesaa)
10/19からテレ朝で始まったドラマ『相棒seazon10』(公式)の第5話『消えた女』の感想。 ファンならではのお楽しみ… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3168/ ★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は...
相棒シーズン10 第5話「消えた女」 (ぷち丸くんの日常日記)
数年前に起きた東京ビッグシティマラソン事件で知り合った、やよい(本仮屋ユイカ) が、右京(水谷豊)に相談があると言って特命係を訪ねて来る。 ホテルのラウンジで知り合った女性・京子(森口彩乃)が忘れて行った社員証を返そう としたが、携帯電話は繋がらず、社...
相棒 SEASON10 テレ朝(11/16)#05 (ぬる~くまったりと)
第5話 消えた女 公式サイトから 数年前に起きた東京ビッグシティマラソン事件で知り合った守村やよい(本仮屋ユイカ)が、右京(水谷豊)に相談があると言って突然特命係にやってきた。やよいは現在、通信社でアシスタントをしているという。  相談というのは、仕事で...
「相棒 ten」第5話 (日々“是”精進! ver.A)
立ってる者は、特命でも使え・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111170000/ 相棒-劇場版-絶対絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン [DVD] posted with amazlet at 11.11.11 ワーナー・ホー...
相棒ten(Season10)第5話 (ドラマハンティングP2G)
「消えた女」2011年11月16日(水)9:00~9:54pm  数年前に起きた東京ビッグシティマラソン事件で知り合った守村やよい(本仮屋ユイカ)が、右京(水谷豊)に相談があると言って突然特命係にやってきた。やよいは現在、通信社でアシスタントをしているという。  相談とい...
相棒season10 第5話 消えた女 (レベル999のgoo部屋)
『消えた女』 内容 その日、特命係に若い女がやって来ていた。戸惑う尊(及川光博) そこに右京(水谷豊)が現れ、 かつての事件で知り合った守村やよい(本仮屋ユイカ)と分かる。 東都通信社でアシスタントをしているというやよいは、 聞いて欲しいことがあると伝える....
相棒10第5話(11.16) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
『消えた女』  脚本:戸田山雅司 監督:東伸児 東京ビッグシティマラソン事件の関係者で ジャーナリストになっていた守村やよい@本仮屋ユイカが 杉下@水谷豊に相談を持ちかけてくる やよいは山原京子@森口彩乃という女性と知り合いになったが、 その後、京子の落し...
相棒ten5話「消えた女」 (森の中の一本の木)
「消えた女」、面白かったです♪ ゲストは本仮屋ユイカさん。 彼女は「相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」に出てきた守村やよいです。 映画の脚本も戸田山雅司で、昨日の脚本も彼。生みの親だけあってやよいの大胆な行動力とお人よしと言う...
相棒ten(season10)】第5話感想と視聴率 (ショコラの日記帳)
「消えた女」第5話の視聴率は、前回の17.0%より下がって、16.5%でした。視聴率は下がってしまいましたが、私は今回がこのseason10の中で一番好きです♪(^^) 東京ビッグシティマ...
相棒ten(season10)】第5話感想と視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
「消えた女」 今日、昼頃、美容院に行ったら2時間待たされて、終わったのは夕方でし
『相棒 Season 10』 第5話 「消えた女」 (英の放電日記)
 今回は、劇場版1に登場した守村やよい(本仮屋ユイカ)が再登場。相当悲しい思いをし、寂しい境遇になってしまった彼女だが、強く、しっかり生きているようで、私も嬉しい(笑)。  その彼女が、奇妙な体験をして、真相を究明するため、特命係を頼ってきたのだ。その....
相棒season10【第5回】テレ朝水9 (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
消えた女  「隠された真実があるなら、私はそれを明らかにしたいんです。兄が、海の向こうで事件に巻き込まれて、父があんな恐ろしい事件を起こしてしまったとき、私はなにもかもなくしてしまいました。でも、ただひとつだけわかったことがあるんです。この世界には、自...