平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

相棒 「ボマー」~弱者を保護したところで国は繁栄しない

2014年01月02日 | 推理・サスペンスドラマ
 公安部長の正木浩輔(中村橋之助)は国を担うエリートとその犯罪を暴くジャーナリストについてこう叫ぶ。

「弱者を保護したところで国は繁栄しない。
 国の舵取りを担う優秀な人材を確保するためには彼らに相応な見返りを与える必要があるんだ!
 それをいちいち暴き立てることの方が悪質な犯罪ではないのか!
 <知る権利>を振りかざすジャーナリストたちは皆、大衆を煽り、国益を損なう犯罪を犯しているんだ」

 いかにもエリートらしい傲慢さですね。
 正木は『相棒』というフィクションの世界の人間ですが、こんなエリートは現実にもいそう。
 特定秘密保護法もこんな思想のもとに作られているような気がする。

 これに対して右京(水谷豊)。

「あなたの言う国益とは、いったい誰のための益でしょう?
 一部の官僚や為政者がこのような親子から奪い取った利益を国益とは呼べません」

 ここで言う<このような親子>とは児童養護手当を減額されて自殺した親子のことだが、官僚と為政者は、その減額して浮いたお金を就業支援施設建設という自らの利権・天下りに使っている。
 それは決して<国益>などではなく、官僚や為政者の<私益>だ。
 99%でなく、1%の人間を潤すためのもの。
 ジャーナリスト桂木涼(佐藤藍子)はこれを告発しようとして、罪を着せられ、殺されそうになった。
 そこで右京はジャーナリスト論を展開する。

「ジャーナリストの核にあるのは普通の人々に対する信頼です。
 この苦しみを知れば放っておけないはず、この理不尽を知れば怒りを感じるはず、その思いが世の中を変えていく。
 そう信じるからこそ、彼らは銃弾の飛び交う戦地に立って報道し続けるんです」
「桂木涼さんもまた、この国の前線に立っていました。
 普通に生きている人のために、この国の巨大権力を敵にまわして戦いました」

 権力は何の批判も受けなければ腐る。やりたい放題になる。
 だからジャーナリストや市民団体などで、チェックしていかなくてはならない。
 というわけで、特定秘密保護法反対!

 また、権力は自分たちに対する批判や秘密を暴こうとする者を、その力を使って押しつぶそうとする。
 ちょうど桂木涼が殺人犯にされたり、カイト(成宮寛貴)たちがテロリストに仕立て上げられ、抹殺されようとしたように。

 今の時代には、右京さんや桂木涼のように巨大な力に立ち向かう人たちが必要だ。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 2014年は傍観者でいるのはや... | トップ | 新参者 眠りの森~夢から覚... »

コメントを投稿

推理・サスペンスドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

『相棒season12』 元日SP 第10話「ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」 (英の放電日記)
 ドラマ中盤まで懐疑的な目で観ていた。何しろ、前シリーズから私の『相棒』への信頼度は大きく低下していたので。  懐疑の要素としては ?なぜ、徹を巻き込んだのか? ?財団理事長殺害の真犯人を暴くのに、なぜ、交番爆破や真犯人目撃の少年・悠馬に爆弾を巻きつける過....
相棒season12 (第10話 元旦スペシャル・1/1) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
テレビ朝日『相棒season12』(公式) 第10話 元旦スペシャル『ボマー』の感想。 亨(成宮寛貴)は体に爆弾を巻きつけられた少年・悠馬(大和田健介)と出会う。彼を助けようとするが、謎の人物の脅迫により逃亡犯として追われるはめに…。 ---上記のあらすじは...
「相棒 12」第10話 元日スペシャル (日々“是”精進! ver.F)
思いもよらない出来事… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401020000/ 【送料無料選択可!】相棒season12 オリジナルサウンドトラック[CD] / TVサントラ (音楽: 池頼広)価格:3,150円(税込、送料別)
相棒12 (Akira's VOICE)
元日スペシャル 第10話『ボマー』 
相棒12元日スペシャル 第10話 (ぷち丸くんの日常日記)
年末、有休を消化するために一足早く休暇に入る亨(成宮寛貴)は、病院で健康診断を受けてから出かけようとしていました。 病院から出て来た亨は、近くの交番が爆破されるのを目の当たりにします。 駆け付けようとした時、亨は現場で裸足で逃げ出そうとしていた少年...
相棒(12)第10話元日スペシャル (レベル999のgoo部屋)
『ボマー』 「ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」 内容 有休の消化のため、海外へ向かおうとする享(成宮寛貴) そのことを花の里で、右京(水谷豊)幸子(鈴木杏樹)に話をしていた。 上海で悦子(真飛聖)と落ち合ったあと、イギリスへ向かう予定だと。...
相棒 シーズン12 - 水谷豊 成宮寛貴 (新ドラマQ)
相棒 Season 12 水曜 21:00 テレビ朝日 2013年10月16日~ [キャスト] 水谷豊 成宮寛貴 鈴木杏樹 真飛聖 川原和久 大谷亮介 山中崇史 山西惇 六角精児 神保悟志 小野了 片桐竜次 石坂浩二 ほか [スタッフ] 公式サイト ...
相棒12第10話(1.1) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
新年明けましておめでとうございます 今年も自分のペースでちょくちょくブログを更新していきたいと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。 皆様にとって、僕自身にとって、2014年がよい年でありますように で、2014年初っ端の感想は、すっかり元日恒例となっている...
相棒12 SP ボマー (シフォンなキモチ)
新年明けましておめでとうございます!今年もよろしくですー♪ さて、毎年恒例の相棒の新春スペシャルです。今年も格付けから相棒へ雪崩れ込みー!って、CM入れてくれないと、トイレに行けないじゃん!! それはさておき、スペシャルらしく力が入っておりました! 公安の...