平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

真田丸 第21回「戦端」~これが新しい時代のいくさなのです。そして愛すべき登場人物たち

2016年05月30日 | 大河ドラマ・時代劇
 今回は関東の覇者・北条である。
 大大名のプライドがあって、なかなか秀吉(小日向文世)に膝を屈しない。
 中央から離れているので、世の中の流れなど、十分な情報が伝わらないというのもあるだろう。

 そんな北条氏政(高嶋政伸)に家康(内野聖陽)は説く。
・長いものには巻かれろ。
・氏政殿は永年のいくさ仲間。
・北条には関東の覇者であってほしい。
 友情である。
 この友情は損得抜きで、
「確かに北条には滅んでもらった方がどれだけ助かるか。
 しかし、心底救ってやりたくなったのだ。
 何の得にもならんが、たまには得にならんこともしてみたくなるもの」
 これで家康の人物像に幅が出ましたね。
 脚本の三谷幸喜さんは、あらゆる登場人物に愛情を注いでいる。

 調停で問題を解決することにこだわるのも三谷さんらしい。
 これまでの大河ドラマでは、いきなり小田原攻めのシーンに飛ぶのだが、沼田城をめぐる調停シーンを入れた。
 武力ではない、言葉による解決である。
 信繁(堺雅人)はこのことについて次のように語る。
「これが新しい時代のいくさなのです」
 <新しい時代のいくさ=言葉による平和的解決>
 政権が不安定で、大きないくさをする余裕がなかったからだろうが、この頃の秀吉の姿勢はいいな。
 関白という地位を得たのも自らを権威づけるため。権威による統治。
 しかし、力を持っていれば、使いたくなるのが権力者の常。
 秀吉は次第におかしくなっていく。

 さて、最後はふたたび、三谷幸喜さんが<あらゆる登場人物に愛情を注いでいる>ことに注目します。
・嫁いだ娘、稲(吉田羊)のことが心配でたびたびやって来る本多忠勝(藤岡弘、)。
・稲が心を開いてくれないことに悩む信幸(大泉洋)。
・婆様の病気でかゆいところに手が届く対応をする元妻のこう(長野里美)。
・いまだに記憶に曖昧なところがある松(木村佳乃)(笑)
・いまだに隠し扉にこだわる昌幸(草刈正雄)(笑)
・薫(高畑淳子)に「人質」であることをはっきり言い出せない昌幸。
・「あいつが出ないなら俺も出ない」と言ってわがままを言う昌幸。
・武器部屋に隠れている昌幸。
・「跡継ぎの器でない」「その方が気が楽だ」と屈託なく言う秀次(新納慎也)。

 みんな、どこかおかしくて人間味があっていいなぁ。
 人物がすべて細かく描き分けられている。
 面白さでは、昌幸が一番だけど。

 きり(長澤まさみ)も面白い。
「いい加減、わたしを振りまわすのやめてくれない? まるで子供ね。少しは素直になりなさいよ」
 信繁~、きりは勘違いしてるぞ~(笑)


コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソロモンの偽証~自分の罪は... | トップ | 甘利元大臣不起訴~東京地検... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
女性たち (TEPO)
2016-05-30 11:27:02
今回はストーリー的には今後の展開に向けての「序章」でしたので、仰るとおり注目すべきは人物描写ですね。
私は女性たちに注目してみました。

まずは、寧、茶々、阿茶の「トップレディー女子会」。
以前、同じメンバーで茶々の妊娠を見抜いた阿茶は妊娠中に従軍して戦働きまでした結果、無理がたたって流産し、その後は子どもができなくなってしまった人です。
だから妊娠については詳しくても出産については経験がありません。
三谷氏はそのあたりの事情を知っているので、妊娠も出産も経験して自信満々の茶々、妊娠は経験していても出産経験のない阿茶、そしてどちらも経験のない寧という三人を対比させていたのでしょう。
それでも、さらには織田信長や浅井長政まで話題に出ても軽く受け流す寧の「大人さ」が印象的でした。

>薫に「人質」であることをはっきり言い出せない昌幸。
この滑稽さはこれまでの薫の描写の賜物でしょう。

>いまだに記憶に曖昧なところがある松(笑)
それでも何とか「真田家の女性」に復帰すべく、現在リハビリ中といったところでしょうか。

稲姫については今の段階ではこんなものでしょう。
>稲のことが心配でたびたびやって来る本多忠勝。
で味付けをしている感じです。

>婆様の病気でかゆいところに手が届く対応をする元妻のこう。
「薄幸と病弱が着物を着ていたような」彼女はてっきり稲姫との縁組み前に死別するのかと思っていました。しかし、侍女に「降格」してからめっきりと元気でたくましくなってきたのには唖然です。

>「いい加減、わたしを振りまわすのやめてくれない? まるで子供ね。少しは素直になりなさいよ」
>信繁~、きりは勘違いしてるぞ~(笑)
今はさすがに「ウザきり」ではなく、頼もしくなったとは思いますが、私の感覚ではまだ「ヒロイン」として感情移入するところまではいっていません。
きりに対する思いはほぼ作中人物信繁の意識と同じレベルだと思います。
「私に気があるそぶり」とは信繁の茶々に対する防衛だったことにきりは気づいていない(「勘違い」)のでしょうね。
この時点で客観的に考えてみれば、信繁の言うとおり、秀次の側室にでもなれば信繁などとは桁違いの「玉の輿」なのでしょうが、秀次一族の後の運命を考えると、彼女も危ういところにいるわけです。
多様な女性たち (コウジ)
2016-05-30 18:16:08
TEPOさん

いつもありがとうございます。

寧、茶々、阿茶の「トップレディー女子会」。
面白かったですよね。
表面上は穏やかですが、内心では火花がバチバチ。
男たちの世界だけでなく、女たちにも戦いはあるんですね。
ただ、女性たちの方が死や戦争が伴わない分、平和。
「トップレディー女子会」は今後もこんな感じで続いていくのかもしれません。

こうが元気でたくましくなったのは、なぜでしょうね。
正妻の重荷から解放されたということでしょうか。
今後も活躍しそうな女性ですよね。

きりは、僕の中では、「ウザきり」ではなくなりました。
本音でズバズバ言う気持ちのいいキャラです。
信繁に思わせぶりな態度(勘違いですが)を取られると、すぐに顔に出て嬉しそうにしますし、実にわかりやすい。

こうして見ていくと、女性たちも多様ですよね。
これに稲が絡んでくれば、さらに面白くなりそうです。
Unknown (Unknown)
2016-06-01 18:07:29
家康が氏政を説得したのは事実のようです。
実際そういうことを勝手にやったりすると豊臣政権下での立場が危ういので、じっさい秀吉の支持下での工作だったのではないかと


それにしても…ああも頻繁に上田にやってきてる忠勝…
家康には黙認してもらってるんでしょうね(笑)

いや、あのうっとうしい忠勝の性格を読んだ上で真田と婚姻させたのかも(笑)
秀吉ならやりそう (コウジ)
2016-06-01 19:37:38
18:07:29さん

>じっさい秀吉の支持下での工作だったのではないかと

面白いですね。
秀吉ならやりそう。
外交では、第三者の仲介って有効ですからね。

あとは、忠勝はうっとうしい(笑)
稲と忠勝、信幸はとんでもない重荷を背負い込みましたね。
稲に膝枕して愚痴を言う日が来るのでしょうか?
そのシーンを早くみたいです。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事