平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

相変わらずの安倍クォリティ!~自衛隊日報問題でまかり通る不誠実答弁

2017年08月11日 | 事件・出来事
 防衛省の日報問題でおこなわれた昨日の国会集中審議。
 当事者の稲田朋美も出てこなければ、辞めた防衛省次官ら幹部も出席しなかった。

 おまけに稲田大臣に説明した場にいた防衛省・辰己昌良審議官はこう発言。
「特別防衛監察の報告書に書いてあることがすべてです。これ以上、申し上げることは差し控えたい」

 いやあ、怒りを通り越してあきれてしまう。
 説明する、気まったくなし。
 真相を解明する気、まったくなし。
 ゴマかすなら、もっと上手くゴマかせよ。

 安倍首相は「何か問題があれば、その都度ていねいに説明していく」と頭を下げたけど、全然していないじゃないか。
 相変わらずの〝ウソつき安倍〟

 この政府の対応に対し、民進党の議員は、
「防衛監察ではていねいに答えられて国会では答えられないのですか?」
「今後、何か問題が起きても、防衛監察をしていれば国会の答弁はすべてスルーすることができる」

 ほんと、それ。
 防衛省の中では、〝特別防衛監察〟が国権の最高機関である〝国会〟より上らしい。
 彼らにとっては〝特別防衛監察〟は錦の御旗。
 そもそも特別防衛監察って防衛省の中での内部調査=身内の調査だぞ。
 それを読んで信じろと言われてもね~。
 おまけに稲田大臣の認知に関しては、あいまいな表現しかされていない。

 安倍政権って本当に腐りきっているよな。
 ウソとゴマかしと強弁ばかりで誠実さがまったくない。

 

 国会でウソをつき通した森友問題の佐川理財局長なんて今や国税庁長官だもんな。

 ウソとゴマかしがまかり通る社会にしてはいけない。
 司法はいったい何をしている?


コメント   この記事についてブログを書く
« 長崎平和宣言~安倍首相、被... | トップ | おんな城主直虎 第32回~政... »

コメントを投稿

事件・出来事」カテゴリの最新記事