平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

WBC決勝戦 一体となる喜び

2009年03月25日 | スポーツ
侍ジャパンWBC連覇、延長の死闘制す…韓国に5-3(読売新聞) - goo ニュース

 WBC決勝戦で感じたことをいくつか。

★千両役者イチロー
 やはりイチローは千両役者、スーパースターですね。
 10回裏ツーアウト二塁・三塁、打てば逆転。
 9回裏に同点にされたがここで突き放せば流れを完全に日本に持って来られる。
 チャンスがめぐってくるのもそうだが期待どおりヒットを打ててしまうのはさすがですね。
 しかもこれまでの不振を乗り越えて。
 これぞスーパースターの条件。
 長嶋茂雄さんの<天覧試合>ホームランに匹敵するパフォマンス。
 この一打でイチローは長嶋茂雄になりましたね。

★スーパープレー内川
 レフトからセカンドへの返球でアウト。
 あの内川のプレーで韓国に流れが行きそうになるのを食い止めましたね。
 値千金のプレー。
 しかも内川は内野手。
 あの捕球の仕方は内野手のもので、外野手なら後ろに反らさないようにまわりこんで捕っていたらしい。
 キューバ戦での特大ホームランといい、内川は隠れたMVP。
 同じ横浜でケガで帰国した村田への想いもいい。
 僕の中で一番印象に残った選手です。

★中堅の活躍
 またこの内川もそうですが今回は中堅がいいプレーをしましたよね。
 中島、青木のオールラウンドの打撃。
 片岡の走塁。
 川崎ももっと出ていたら活躍していただろう。

 投手の杉内も活躍。
 何と中継ぎでヒットを打たれていない。
 昨日の試合ではなぜ杉内を続投させなかったんだろうと思いましたし。

 侍ジャパンは中堅選手が支えていた。
 岩村らメジャーで活躍する選手や小笠原、稲葉らは完成されている。
 だからプラスアルファの仕事をするのはまだ延びる余地のある中堅。
 この点で原監督の人選は見事でしたね。

 あとはイケメン岩隈。
 楽天では田中将大が注目されていましたが、今回の活躍で岩隈株は急上昇。
 女性ファンがきっと増えたことでしょう。

★一体となる喜び
 チームが一体になり、応援する日本中が一体となる。
 今回は<一体となる喜び>を味合わせてもらいましたね。
 普段はバラバラでそれぞれに不安を抱えて生きている個人が応援で一体となる。
 他人と共感できなくて疎外感を感じている個人がプレーで一喜一憂する。
 僕はひとりでいることが好きなのですが、久しぶりに<一体となる喜び>を味合わせてもらいました。
 人は他人と共感したい生き物なのかもしれませんね。
 「踊るアホウに見るアホウ、同じアホなら踊らにゃ損損」
 今後もお祭に参加していきたいですね。



コメント   この記事についてブログを書く
« あいのり 最終回SP | トップ | クイズヘキサゴン 宮古島SP »

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事