平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

平清盛 第41回「賽の目の行方」~賽の目はめまぐるしく変わるものぞ、上がりじゃ!

2012年10月22日 | 大河ドラマ・時代劇
 清盛(松山ケンイチ)は、<賽の目を自由に出せる>ようになったようである。
 西光(加藤虎ノ介)の息子たちに対する強訴。
 結果、息子たちは流罪、西光の発言力は弱まり、後白河法皇(松田翔太)の力も削がれた。
 この強訴の背後で糸を引いていたのは清盛。
 清盛の陰謀は見事に成功した。
 ついに清盛は、5+6=11という賽の目を、自らの力で出すことが出来たのである。
 清盛は、福原に都をつくることで<加茂川の水>を、延暦寺を取り込むことで<山法師>を、そして今回陰謀によって<賽の目>を支配した。
 すべてを掌中におさめた。
 だから重盛(窪田正孝)にこう言う。
「賽の目はめまぐるしく変わるものぞ、上がりじゃ!」

 では清盛は完全に勝利したのか?
 清盛が出した賽の目は11。
 一方、後白河法皇はラストで賽の目1を出した。
 この賽の目1とは何を意味するか?
 おそらく伊豆の頼朝(岡田将生)のことを指すのであろう。
 頼朝は政子(杏)に言われる。
「立ち上がれ、源氏の御曹司! 明日はいかようにも変えられる。明日を変えるのは今日ぞ。今この時ぞ!」
 この言葉では、まだ「悲しみと憎しみから無縁に生きたい」頼朝の心に火をつけることは出来なかったようだが、小さな一歩に繋がったことは確か。
 だから賽の目は1。
 今後、頼朝が挙兵し、義経(神木隆之介)が加われば、賽の目はもっと大きな数になるはず。
 清盛も、平家と並ぶもうひとつの大きな武力=源氏のことを意識しなかったことは大きな誤算。

 すごろくの賽の目で語られる物語。
 なかなかお洒落な作劇だと思う。



コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 悪夢ちゃん 第2話~「親に... | トップ | PRICELESS~炊き出しやホーム... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さらば  清盛 (megumi)
2012-10-22 11:57:48
コウジさん  

おはようございます

録画はしてありますが もうリタイアします
私は 松田翔太さんの後白河院が極めて苦手なので
かなり辛抱して見てきましたが どうやら限界のようです
具体的に言うならば
重盛が気の毒で見るのが辛いです

これまで頑張ったので 
勿体無いとか思いますが我慢する年齢でもないので・・・

また 共通の話題がアップされたら
お邪魔しますね~♪
リタイア (コウジ)
2012-10-22 18:52:23
megumiさん

さらば清盛(笑)
いいタイトルですね!

いいご判断だと思いますよ。
好き嫌いは人それぞれですし、ぼくなど、他のドラマは1話を見てすぐリタイアですから。

共通の話題が出来ましたら、ぜひお願いします。
「薄桜記」第1話、面白く見ました。
もう少しドラマが進行したら、記事をアップしようと思っています。
善人重盛と頼朝の心 (TEPO)
2012-10-22 21:21:39
>今回陰謀によって<賽の目>を支配した。

おっしゃる通り今回あたりは「策士」としての清盛の絶頂なのかもしれません。
本気で後白河法皇と西光父子を守ろうとしている重盛の行動は明らかに清盛の意向に反しており、いつかのように軍勢の前に清盛が現れることもないので大丈夫だろうかと思っていたら、何と重盛の行動は部下が神輿を射るという失策も込みで清盛の思惑どおりだった、という展開。
他方、基房に対する代理報復事件の時同様に完膚なきまでに面子を潰された重盛の方は確かに気の毒です。
彼に感情移入していたらいたたまれなくなるのは当然です。
しかし権力闘争という文脈の中では善良な重盛はやはり「甘い」と感じざるをえません。

考えてみれば、最近の大河ドラマの主人公は皆重盛型の「善人」でした。
本当はなにがしか権力闘争の渦中にいた歴史上の人物を主人公にするためには、ある程度の美化・正当化はやむを得ないのですが、兼続や江のように強引に「善人」にこだわるあまりキャラが崩壊しているような例が多かったように思います。
善人とも悪人とも決めがたい清盛のような主人公は最近では希な試みだろうと思います。

ところで、政子がまた少し美しく魅力的になりました。
私はその政子に迫られた頼朝の台詞が心に残りました。

「そなたには分からぬ。平清盛がいかに恐ろしい御方か私ほど知っている者はおらぬ」

やがて頼朝は反平家の旗を揚げ、平家を打倒することになるが、その際彼に従った周囲の人々は平家打倒の思いは彼と共にしていたとしても、彼の心底にあった清盛に対する畏敬の念は理解していなかった、というのが第一話の「額縁」となる枠組みでした。
今回の台詞はここにつながるのだろうと思います。
畏敬の念 (コウジ)
2012-10-23 08:54:16
TEPOさん

いつもありがとうございます。

おっしゃるとおり、重盛を始めとする<善人>は権力闘争の中にいてはいけないんですね。
美しくやさしく生きていたいのなら、西行のように世間を離れて生きるべきで。
この単純な真実を『天地人』や『江』は描けず、ウソばかりになってしまったような感じがします。

頼朝の<畏敬の念>。
面白い切り口ですね。
気づきませんでした。
そして、おそらくこの気持ちは、幼い頃、清盛に育てられた義経にもある。
この<畏敬の念>が、頼朝たちの行動の中でどう描かれるか楽しみです。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

【平清盛】第41回視聴率と感想「賽の目の行方」  (ショコラの日記帳・別館)
【第41回の視聴率は、10/22(月)追加予定】 「賽(さい)の目の行方」 今回
【平清盛】第41回視聴率と感想「賽の目の行... (ショコラの日記帳)
【第41回の視聴率は、10/22(月)追加予定】「賽(さい)の目の行方」今回は「賽の目の行方」という副題ですが、内容は、鹿ヶ谷の陰謀編・前編です。次回の副題が「鹿ヶ谷の陰謀」で...
【平清盛】第41回 「賽(さい)の目の行方」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
鹿ヶ谷の陰謀編・前編! 法皇近臣の西光(加藤虎ノ介)の息子を巡り、比叡山が強訴に踏み切った事件をきっかけに、 清盛(松山ケンイチ)と後白河法皇(松田翔太)の対立は決定的なものになる。 一方、伊...
大河ドラマ「平清盛」第41回 (日々“是”精進! ver.F)
いざという時が、やって来た… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210210003/ 平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-10-30売り上げランキング : 1102Amazonで詳しく見る by G-Tools
平清盛 第41回 賽の目の行方 (レベル999のgoo部屋)
『賽の目の行方』 内容 清盛(松山ケンイチ)たち平家一門と後白河法皇(松田翔太)を繋げていた、 建春門院滋子(成海璃子)が急死する。 と同時に、法皇の平家への態度はガラリと変わり距離を置き始める。 清盛は、娘・徳子(二階堂ふみ)と高倉帝(千葉雄大)の間に...
大河ドラマ「平清盛」 #41 賽の目の行方 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
いよいよ鹿ケ谷の陰謀へ。
「平清盛」第41話。 (Flour of Life)
「平清盛」第41話を見ました。だんだん源氏パートの場面が増えてますね…終わりが近づいてると思うと寂しいなぁ。
大河ドラマ「平清盛」 第41話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
滋子、死去------------。清盛と後白河法皇の間を取り持ち、ずっと平家を守り立ててくれた滋子の死により、ふたりの関係は大きく変化を迎えることになる。いよいよ直接対決が近づいてき...