平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

平清盛 第16話「さらば父上」~謹んで、お受けいたしとうございまする。

2012年04月23日 | 大河ドラマ・時代劇
 忠盛(中井貴一)は答えを出せないでいる。
 「なぜ武士が今の世に生きているのか?」「なぜ太刀をふるうのか?」
 それを清盛(松山ケンイチ)が教えてくれた。
 忠通(堀部圭亮)と頼長(山本耕史)の確執。その裏にある王家のドロドロ。
 平氏は荷担するように言われるが、清盛は太刀を握りしめてきっぱりと断る。
 「この太刀をふるうのは、下らない小競り合いに巻き込まれるためではない。こいつはそんなことをするために生まれてきたのではない」
 この言葉を受けて、忠盛は永年の答えを見出した。
 そして宣言する。
 「武士の世を作るために。われわれはそのために太刀をふるってきた。そのために武士は今の世に生きているのだ」

 清盛に教えられた忠盛。
 この瞬間、清盛は忠盛を越えた。
 まだまだ人間としては足りない部分はあるが、ブレない<心の軸>においては清盛は上だった。

 忠盛は老いたのである。
 亡くなった舞子は「夢中に生きていれば」答えを見出せると言ったが、夢中の度合いは忠盛より清盛の方がはるかに上であった。
 若さの持っているエネルギー、世間のおそろしさを知らないがゆえの自由さ。
 これらが、清盛を夢中にさせる。
 たとえば現代を例に出してみると、ワールドカップで日本が勝った時、渋谷で騒ぐ若者たち。
 年寄りにはこれが出来ない。勝ったことは嬉しくても、テレビ画面を通して見ているだけ。
 安芸から戻った清盛は実にイキイキとしていた。
 「やりますよ、父上! 野良犬の声がこの面白くない世の中を変える。そんな時が近づいております!」
 忠盛に喜びを語る清盛。
 一方、忠盛はそれを目を細めて聞いているのみ。
 ここで世代交代が起きたのである。

 清盛は今まで忠盛が築いてきたものを引き継ぐ。
 家臣、財力、武力、朝廷でのある程度の発言力……。
 忠盛はこれらを清盛に託す。
 自分は花を開かせることが出来なかったが、清盛なら成し遂げてくれるはず、と信じて。

 世代交代は源氏でも同じだった。
 貴族に迎合する父・為義(小日向文世)に反抗する義朝(玉木宏)。
 若い義朝には「地を這ってでも生き残ってやる。これがわしの誇りだ」と語る為義の真意はまだ理解出来ないが、反・貴族社会、武士の世を作るという点では、清盛と同じだ。

 そして、ふたたび平氏。
 忠盛は「これより、平氏の棟梁を清盛と定める」と一族の前で宣言する。
 清盛はこう答える。

 「謹んで、お受けいたしとうございまする」

 シンプルだが、実に重く深いせりふ。
 このせりふを語る清盛の中には、亡くなった弟・家盛や母親とのことなど、今までの出来事の様々な思いが込められていただろう。
 今まで16話を費やしてきた集大成のせりふであるとも言える。

 いよいよ清盛の快進撃が始まる。



コメント (4)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« パパドル!~『秘密の関ジャ... | トップ | 電力会社・政府・原子力推進... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今回は 良い出来でしたね (megumi)
2012-04-23 09:32:01
コウジさん

第1部が終わりましたね
大変 よくまとめられていたと思います
清盛も荒削りながらも かなり成長しましたね
忠盛は安心して旅立てたことでしょう

忠盛に関しては
『王家の犬』で終わりたくないがために
清盛を育てて棟梁にしたいという願望を持ち
「宗子や家盛に我慢を強いた」と
激しく悔んでみたり
少しイヤらしい面を前回で感じてしまいました
中井さんが演じてなかったら 
野心だけの親父にしか見えなかったと思います

今回 宗子にたいして
「ありがたく思っておった ずっと・・・な」
の台詞の間合いが とても良かったです
流石に上手いなぁと思いました
いよいよ主人公 (TEPO)
2012-04-23 11:07:09
>忠盛は老いたのである。

私は先週それを感じました。
公式HPでの事前あらすじでは、忠盛は頼長の露悪的な告白を聞いて「感情を爆発させる」とだけあったので、当然反貴族社会の感情を爆発させると思ったら全く逆の敗北主義。「心の軸」たる〈舞子〉を捨ててしまい宗子と完全に同化してしまったのには少々驚きました。

>まだまだ人間としては足りない部分はあるが、ブレない<心の軸>においては清盛は上だった。

「強うなったの、清盛」
忠盛の臨終場面は省き、安芸にいる清盛の前に霊となって現れるという描き方は綺麗だったと思います。

>「謹んで、お受けいたしとうございまする」

この前に清盛は宗子の顔を見ます。
彼女は静かに頷きます。

いよいよ清盛は主人公への道を歩み始めます。
その最初の闘いは、父母から託された平家一門を真実に自分自身のものとして掌握してゆくことで、これは東国での義朝の闘いに匹敵するものだろうと思います。

東国武士団を自力で従えた義朝は、すでに父為義を凌駕する力を持っていると言えます。
それゆえに「保元の乱」は父子相克の悲劇になってしまうわけですが。
中井貴一さん (コウジ)
2012-04-23 15:53:06
megumiさん

いつもありがとうございます。
またコメントを下さってうれしいです!

>中井さんが演じてなかったら 
野心だけの親父にしか見えなかったと思います

確かに。
忠盛は難しい役で、強さと同時に弱さも見せなければならない、あるいは忍従する姿も。

清盛を頭領にすると宣言した時には、老いて、若い者に未来を託すさびしさや喜びみたいなものも感じました。

まさに中井貴一さんでなければ出来ない見事な演技でしたね。



細かい配慮 (コウジ)
2012-04-23 16:03:24
TEPOさん

いつもありがとうございます。

おっしゃるとおり、先週の自暴自棄になってしまった忠盛は<敗北>を感じてしまったんでしょうね。
どうやっても貴族社会の壁を壊せない自分に対する怒りや悔しさ。

忠盛の死の描き方も、お涙ちょうだいのセンチメンタリズムにならなくて、上手い描き方だと思いました。

清盛のせりふの前に、宗子はうなずいたんですね。
気がつきませんでした。
このあたりの細かい配慮はさすが。

そして、<武士の世をつくる>という同じ目標を持つ源氏と平氏。
この描き分けもうまいですよね。しっかり、それが伏線になっていて、これまでの大河ドラマのような行き当たりばっったりでない。
「保元の乱」が楽しみです。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

大河ドラマ「平清盛」第16回 (日々“是”精進! ver.A)
棟梁を、清盛に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204220003/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロムビア 2012-02-01 売り上げランキング : 135...
平清盛 16話 感想 中井貴一 (ドラマとアニメの感想日記)
「平清盛」第16話「さらば父上」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 冒頭のシーン、枕が高くて寝にくそうだなあ…とぼんやり思ってしまいました。 いや、あの硬い寝床は骨盤とか背骨にはいいのか~と関係ないことをつらつら思ったり。(苦笑) 最初から忠盛の...
ひさびさの「平清盛」 (のほほん便り)
ひさびさの「平清盛」… あいかわらず、キヨモリくんは、ざんばら髪の地味な風貌だけど、「おもしろう生きたい」は変わらない熱血くん 気がつくと、深田恭子が細君になってて驚きました (^^;)ゞ だけど、今も、その額の血の跡が残るというエピソードの由来なオハ...
平清盛 第16回 さらば父上 (レベル999のgoo部屋)
『さらば父上』 内容 久安6年、忠実(國村隼)の命により、源為義(小日向文世)は、 忠通(堀部圭亮)の屋敷を襲撃した。 すべては、藤原摂関家を頼長(山本耕史)に継がせるためであった。 が、父・為義の思わぬ行いに、 義朝(玉木宏)は、“盗賊”だと不快感をあら...
大河ドラマ 「平清盛」 #16 さらば父上 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
ついに忠盛が世を去る時が(-。-; それは清盛が世を継ぐ時ということです。
平清盛 第16回 (to Heart)
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/上川隆也/阿部サダヲ/國村隼/中村梅雀/中井貴一 第16回 「さらば父上」 11・3% 美福門....
大河ドラマ「平清盛」 第16話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
忠盛の死-----------!!ついにこの回が来てしまいました(><)初回から熱い芝居を見せてくださった中井さんにはただお疲れ様でしたと。今回は、時間もないので、公式サイトのあらす...
大河ドラマ「平清盛」 第16話 あらすじ感想「さらば父上」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
忠盛の死-----------!! ついにこの回が来てしまいました(><) 初回から熱い芝居を見せてくださった中井さんにはただお疲れ様でしたと。 今回は、時間もないので、公式サイトのあらすじを引用させてもらいます。 申し訳ないっ!! 源氏の棟りょう・為....
平清盛、忠盛の死!! (函館 Glass Life)
刑部卿を最後に58歳で亡くなった忠盛、その人生は成り上がり そのものだったのかも知れません 地方の国主から公卿の一歩手前まで登りつめたのですから大し たものです。 白河院が亡くなり鳥羽院が院政を始めた時、白河院の寵臣を殆 ど受け入れなかった鳥羽院 しかし...
平清盛【第16回】NHK大河ドラマ (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
さらば父上  「わしの身に、万が一の事があったときのために、皆々に伝えておく。まぁ聞け。万が一のためじゃ。忠正、これまでずっと、おまえあってのわしであり、おまえあっての平氏であると思うておる。これから先も口うるそう平氏を支えよ。清盛、お前には、唐皮の鎧...