平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

Woman 第1話~「とにかく、まずお金で買える幸せが欲しい」

2013年07月04日 | ホームドラマ
 ふたりの子供を育てる小春(満島ひかり)の物語。
 たくさんの衝撃的なせりふがある。

 生活保護の申請に行って却下されると、福祉事務所職員に「すいません、お金貸してもらえませんか? 5000円、いえ2000円、1000円、500円でいいですから」
 本当なら自分の切実さを何も理解していないお役所仕事に怒るべきなのに……。
 また、他人から「母の愛があれば大丈夫」「お金で買えない幸せがある」などと<きれい事>を言われると反論して
「そうか、そうかな? とにかく、まずお金で買える幸せが欲しい」

 こうしたせりふを聞くと、僕はもうこれ以上、何も書けなくなってしまう。
 何しろ、書けば、すべて<きれい事>になってしまうから。

 それでも敢えて、この作品に基づいて<きれい事>を述べれば、<人は人を苦しめるけど、救うのも人>ってことですかね。

 小春が子供を連れて街を歩けば、聞こえて来るのは「舌打ちと咳払い」。
 しかし一方で、コンビニで「いいんだよ。泣くのが子供の仕事だから」と言ってくれる老人もいる。
 子供はすぐ泣くし、面倒や心配ばかりをかけるけど、小春の心が折れた時に「お父さん、お父さんはどこ?」と叫んでくれるのも子供。
 小春はコンビニの老人や娘の望海(鈴木梨央)に救われたことだろう。
 そして、救いはきっと絶縁した母・紗千(田中裕子)に拠っても。
 なぜなら小春は母に対して、あんなに延々と不平・不満・愚痴・本音を語ったのだから。
 きっと小春はずっと母を求めていたのだ。

 それと男たち。
 夢を追い求めた夫・信(小栗旬)といい、怠け者の健太郎(小林薫)といい、フラフラしてるな~。
 現実と戦っているwomanたちと比べて、男たちは何と地に足がついていないことか。
 彼らの気持ちはやさしいんですけどね。
 梨を取りに行ったのだって、きっと小春が喜ぶと思ったから。
 でも、死んでしまっては意味がない。

 小春一家が楽しく<円居>する時は来るのか?


コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 八重の桜 第26回「八重、決... | トップ | みんな!エスパーだよ! 最... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
坂元ワールド (megumi)
2013-07-04 23:18:22
こんばんは。

「mother」 はスルーされましたが
これは ご覧になりましたね。

私も 田中裕子さん出演となれば見ずにはおれません。
満島さんも好きですし・・・。

ドラマですから 突っ込みどころはあります。
それはさておき
俳優の演技を楽しみたいと思っています。

田中さん 前作でも凄味がありましたが今作もなかなかです。(ほんわりした外見に反するしたたかさが好きです)
素麺を食べるシーン 迫力でした!

今の時点では
「mother」 の方が良い印象を抱いていますが
「mother」 も最終話で私の場合はコケました。
納得のラストって 本当に難しいですよね。
脚本家の腕の見せどころでしょう。
芝居対決 (コウジ)
2013-07-05 08:14:56
megumiさん

お久しぶりです。

今回は、満島ひかりVS田中裕子 が最大の見所でしたね。
雄弁に愚痴を語る満島さん。
それに対する田中さんはそうめんをすすったり、お金をスーパーのチラシに包んだりという無言の演技。
緊張感のある見事な芝居でした。

「それでも、生きていく」の時は、満島ひかりVS大竹しのぶでしたが、坂元さんはこういう見せ場を巧みに作りますね。
坂元さんの作るラストについても同感です。
今回も単純に家族で「円居」するラストにはなりそうもない感じですね。

コメントを投稿

ホームドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

ドラマ「Woman」第1話あらすじ感想「命をか... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
この子たちを幸せにしてみせる---------!!夏期のドラマが始まりました!!初回から坂元裕二さんの脚本らしい台詞回しと、濃い内容で、あっという間の1時間だったなぁ。主演が満島さ...
Woman「命をかけて我が子を育てるシングルマザーの感動ドラマ」  (のほほん便り)
初回から、気合い入って!ました。 満島ひかり、田中裕子、小林薫と、役者さん達は実力派の芸達者だし、子供達は可愛くて、これまた可愛くて、芸達者。よって、ますます、リアル。 今から、名作の予感だけど、「これもか!」に苦労と難儀が押し寄せてきそうな雰囲気...
Woman (第1話・7/3) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
日テレ・『Woman』(公式) 第1話(15分拡大)『命をかけて我が子を育てるシングルマザーの感動ドラマ』の感想。 2010年放送の「Mother」の… 事前情報ほぼゼロで観始めた本作。どこかで観た雰囲...
【Woman】 第1話 初回感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
子供育てるのってホントは難しいことじゃなくて…。 …じゃないんだけど、難しいのはそれを1人ですることで。 お風呂もごはんも電車もみんな2人だったら簡単にできることが1人だと 急に難しくなる…なります...
Woman (AKIRAのドラマノート)
初回の感想
「Woman」シングルマザーの現実1夫を亡くし2人の子供を育てるも限界を感じ生活保護を申請するも疎遠の母からまさかの援助の意志を示... (オールマイティにコメンテート)
「Woman」は夫を事故で亡くしてシングルマザーとして2人の小さな2人の子供を育てる母親が20年前に別れた母親が援助を申し出た事で生活保護が受けられず困窮しながらも2人の子供のため ...
Woman - 満島ひかり (新ドラマQ)
Woman 水曜 22:00 日本テレビ 2013年7月3日~ [キャスト] 満島ひかり 田中裕子 小栗旬 鈴木梨央 ?橋來 小林薫 二階堂ふみ 谷村美月 三浦貴大 臼田あさ美 高橋一生 ほか ...
【Woman】初回(第1話)感想と視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
「命をかけて我が子を育てるシングルマザーの感動ドラマ」 カネボウ化粧品、大変です
Woman 第1話 (レベル999のgoo部屋)
『命をかけて我が子を育てるシングルマザーの感動ドラマ 内容 あの日、電車待ちをする高村小春(満島ひかり)が、 ふと。。。歌を口ずさんだのが始まりだった。 同じように待っていた青柳信(小栗旬)が声をかけてきて。。。。それが出会い。 一年働き、半年、世界中の....