平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

相棒17 「漂流少年~月本幸子の決断」~「正直者はバカをみる。真面目に生きる方がバカバカしい」 格差が拡がり、こんな思いが蔓延している現代社会

2019年03月14日 | 推理・サスペンスドラマ
 オレオレ詐欺の受け子。
 これに勧誘する時の主犯の言葉が興味深い。
「お前らは真面目に税金を払っているが、金持ちは平気で何億もの税金の申告漏れをしている。
 祖父が孫に財産を与える時、1500万までは無税だ。
 正直者はバカをみる。真面目に生きる方がバカバカしい」

 今、話題になっているアポ電強盗もそうだけど、格差が拡がって人心が荒れてるんだよな。
 上の連中は不正や脱税をしても全然逮捕されない。
 法の網をかいくぐり、権力も使って不正をなかったことにする。
 日産のゴーンは逮捕されたが、これはガス抜き。一応『金持ちも逮捕している』という検察のアピールのために使われただけ。
 一方、庶民は消費税をとられ、年金、健康保険料は値上がりし、出国税やら酒税やら、さまざまな形で税金をとられ、手もとに残るお金はごくわすか。
 そんな中、
「正直者はバカをみる。真面目に生きる方がバカバカしい」
 と考える輩が増えてもおかしくない。
 今の『金持ち優遇』の安倍政治を許していたら社会はもっと荒れるだろうな。
 総理大臣がウソとねつ造を繰り返しても許されてるんだから国民だって同じことをするw

 主犯逮捕に繋がったのが、幸子(鈴木杏樹)、彬(浦上晟周)の行動であったのも面白い。
 彬はオレオレ詐欺の主犯を呼び出し、フィルムカメラのフェイクで幸子に主犯の顔画像の入ったスマホを渡し、幸子が右京(水谷豊)に画像を送った。
 劇中、幸子も不満を漏らしていたが、彬がどんなに必死に闘っていても警察は助けてくれない。それどころか彬を逮捕しようとしている。
 要は警察が頼りにならないから、幸子と彬は独自に行動したのだ。
 この点でも幸子が右京のもとを離れたのは必然?

 先程の件に関連するけど、
 警察を信じられなくなったら世の中終わりだね。
 幸子と彬のように自分で行動して潔白を証明したり、生活を守らなくてはならない。
 かくして社会は不安でいっぱいに。
 負のスパイラルで社会はどんどん病んでいく。

「正直者はバカをみる。真面目に生きる方がバカバカしい」

 皆がこう考えるモラル崩壊社会がいよいよ近づいている?


コメント   この記事についてブログを書く
« 青春高校3年C組~中井りか、... | トップ | 竹田JOC会長辞任の意向~エン... »

コメントを投稿

推理・サスペンスドラマ」カテゴリの最新記事