平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

龍馬伝 第22回「龍という女」

2010年05月31日 | 大河ドラマ・時代劇
 今回は以蔵こと佐藤健さんの芝居のしどころ。
 刺客に追われ、恐怖で張りつめパニック状態。
 テンションを維持して、桶を倒し、地べたを這いずりまわる演技はかなりハードなものだったでしょう。
 しかもどこにも居場所がない、誰も助けてくれない孤独も表現しなくてはならない。
 演出も凝っている。
 軒にかかっている色とりどりの反物、色鮮やかな傘。
 悲惨なシーンながらも色彩を加える映像美。
 そう言えば、以蔵のシーンは初めて人斬りをした時のスローモーションをはじめ、映像が凝っていますね。
 新選組が余計な言葉を発せず無言なのも恐怖を増す。
 言葉を発しないのは感情がないから、完全な殺人ロボットになっているから。
 以蔵が悩み苦しみながら人を殺したのと180度違う。
 本当は言葉を発していたのだが、恐怖に震える以蔵には聞こえなかったのかもしれない。
 役者さんの演技もそうだが、これだけ映像作りに凝ってもらえると力が漲り、心打つシーンになりますね。

 そしてお龍(真木よう子)さん。
 どの様に描かれるかと思っていたら、かなり強い女性で描かれていましたね。
 乙女(寺島しのぶ)姉さんの影響からか、龍馬(福山雅治)は気性の激しい女性が好き?
 でも、ふたりは同じ<龍>の名前であるせいもあって、初めて会った時から波長が合ったようです。
 龍馬は初めて会ったのに、「自分は裕福な家の生まれでこの歳になっても兄弟に助けられている」と自分の身の上をベラベラと話し、以蔵のことでは臆面もなく涙を見せる。
 一方、お龍は龍馬の涙に共感して、うっすらと涙を流す。
 これは何ですかね? 引き合う磁石のようなもの?
 今後の恋の進展に注目です。

 最後は弥太郎(香川照之)。
 「土佐では下士は調子に乗ったらいかん。大殿様のためと言えば言うほど、言われた方はイライラしてくる。人間言うのはそういうもんじゃき」
 本質を的確に掴んでいる。
 吉田東洋に見出され、犬のように使われた経験。落書きで投獄された経験が弥太郎に勉強をさせたのでしょう。
 上士なんか信じない。当てにしても仕方がないと。
 信じられるものは自分と金しかないと。
 弥太郎は完全に商人。
 そして商人には時勢を読む力が必要。
 時代の流れの中で溺れないように変わっていくことに何のためらいもない。
 この点、半平太(大森南朋)とは対照的。
 半平太は武士にこだわり、土佐藩と攘夷にこだわった。
 どちらが生き方として正しいかは決められないが、弥太郎は弥太郎、半平太は半平太にしかなれない。
 龍馬も攘夷に違和感を感じ、土佐藩にこだわらず脱藩して、勝に出会った。
 結局は、それぞれ自分の花を咲かせるしかないんですね。



コメント (2)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« ゲゲゲの女房 平成のアッキ... | トップ | ジャガーノート 冒険アクシ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
以蔵と勝塾 (TEPO)
2010-05-31 20:13:58
演出、映像、そして佐藤健さんの演技は、おっしゃるとおり本当に力が入ってましたね。公式HPでの佐藤さんのコメントに「ああ、今日の撮影が今までで一番つらかった!」という記録を何度も更新した、とありました。
そうした点に目が向くところ、さすがプロでいらっしゃいます。私などはストーリーばかりに目が向くので「以蔵は不憫だ。そもそもこうなった責任は……」と、先週下ろした旗をまたぞろ上げ直しそうになりましたが(笑)。

第二部では、土佐藩関係の「暗さ」と対比して勝塾が一貫して「明るく」描かれているところが救いになっていると思います。今回、東北弁の教官はじめ海軍塾の皆が団結して、龍馬たち土佐組を庇って藩の役人を追い返した場面の清々しい暖かさがよかったと思いました。

明と暗 (コウジ)
2010-06-01 11:51:46
TEPOさん

いつもありがとうございます。
おっしゃるとおり、この作品は物事を対照的に描くことが多いですよね。
僕が弥太郎を好きなのは、明るいムードメーカーだからかもしれません。
勝塾もそうですが、弥太郎のシーンにも活力がある。
見ていてエネルギーをもらえる様な感じ。

龍馬、武市、弥太郎。
この中でわりと普通でニュートラルなのが龍馬ですが、武市、弥太郎の個性の中で龍馬がかすんでいる感じもしますね。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

「龍馬伝」第22回 (日々“是”精進!)
   第22回「龍という女」大坂の専称寺で航海術を学ぶ龍馬ら土佐藩士に、帰国命令が届いた。勤王党の弾圧を始めた容堂が発したのだった。帰国を拒む龍馬らは再び脱藩浪士の身と...
【龍馬伝】第22回と視聴率&土スタパ「佐... (ショコラの日記帳)
【第22回の視聴率は5/31(月)に追加予定】昨日の土曜スタパに以蔵役の佐藤健くんが出演しました。健くんは色白で、以蔵は色黒なので、顔や手足を黒く塗っているとのことでした。毎日...
大河ドラマり「龍馬伝」第22回『龍という... (徒然”腐”日記)
いつもながらの個人的感想です。ネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。なお、内容について色々突っ込んでいる個所もありますのでご了承ください。え~~~~タイトル...
竜馬伝 二十二話 (Simple*Life ドラマ感)
はぅあ!!! 以蔵ちゃんがつかまってしまったー。 っていうか今まで新撰組といえば正義の味方みたいな 印象だったのだけど、龍馬伝で観る新撰組は 超悪人っぽく見えるぞ。 我らが以蔵ちゃんをひっとらえるとはっ!!!許せん。 つーかあんなにうまい具合に以蔵と会える...
「龍馬伝」第22回、龍という女 (センゴク雑記)
大河ドラマ「龍馬伝」。第22回、龍という女。 お龍登場の巻。でも、メインは岡田以蔵か? 新撰組なんかも出てます。
龍馬伝「龍という女」  (のほほん便り)
時流は急変。ついに、土佐勤王党や攘夷派が弾圧され、勝の海軍にいた面々は、みんなが守ってくれましたが、身分は再び脱藩の身に。半平太は投獄され、以蔵は逃げ回る身となります。 必死で京の街を以蔵を探して回る龍馬、そこに新撰組が… 彼等の運命やいかに? 幕...
龍馬伝 第22回 龍という女 (レベル999のマニアな講義)
『龍という女』内容容堂(近藤正臣)の命により投獄された半平太(大森南朋)土佐では土佐勤王党や攘夷派が弾圧され、京では攘夷派の一掃が始まっていた。そんななか大坂の専称寺・...
【大河ドラマ】龍馬伝第22回:龍という女 (山南飛龍の徒然日記)
以蔵を助けるつもりで、捕まえる手助けをしてしまう龍馬が愛おしいです(笑)【今回の流れ】・土佐への帰国を拒み勝塾に留まる龍馬は、再び脱藩の身になってしまう そんな龍馬を心...
【龍馬伝】第二十二回 (見取り八段・実0段)
知りません。土佐勤王党は、ただただ土佐藩のため、大殿様、山内容堂さまをお支えするために尽くしてきたがです。投獄されて、後藤象二郎から吉田東洋殺しについて尋問された武市は...
龍馬伝 第22話「龍という女」 (ぷち丸くんの日常日記)
勤王党の弾圧を始めた容堂(近藤正臣)が発した、土佐への帰国を拒む龍馬(福山雅治) たちは、再び脱藩浪士の身となってしまう。 龍馬たちが身を寄せる大和屋の徳(酒井若菜)は、商人だった長次郎(大泉洋)を心配して いた。 そして、龍馬の身を案じていた乙女(寺...
第22回「龍という女」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
龍馬は女たらしも同然だと、回顧した岩崎弥太郎はなじっていた…まあ、夫人を先に娶ったのは弥太郎だからその分のツケを跳ね返したのであろう。お龍との出会いは私も謎が多いと思っ...
大河ドラマ 龍馬伝 第22回 「龍という女」 (くまっこの部屋)
土佐勤王党への弾圧が始まるなか、龍馬はなすすべもない。土佐では武市半平太の取調べ
龍馬伝第22話(5.30) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
坂本龍馬@福山雅治が楢崎龍@真木よう子と出会い、 岡田以蔵@佐藤健が役人に捕まったという話。 追いつめられる以蔵が哀れで、 龍馬とお龍の出会いの場面が邪魔に感じてしまったのだが、 そうはいっても、こっちはこっちで描かないといかんだろうからなあ。 こんな激動...
大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者22龍との運命の出会いで即5両を貸し出す器量をみせるが以蔵は助けられず力の無さを改めて思い知... (オールマイティにコメンテート)
30日大河ドラマ「龍馬伝」第22話を視聴した。 今回は半平太が投獄され、土佐藩士に帰国命令が下っていたが、 龍馬たちはこれを拒否し脱藩扱いとなった。 そんな中以蔵が幕府、新撰組、土佐藩から追われていた。 それをなつから知った龍馬は必死に以蔵を探すが、 ...
龍馬伝「龍という女」 無念のヒーロー (よかったねノート 感謝の言葉にかえて)
社民党の離脱で、昨年9月以来続いてきた民主、社民、国民新三党の連立政権は約八ヶ月余りで幕を下ろすことになりました。あっけないものですね。 さて、「龍馬伝」です。捕えられた武市半平太、文久三年九月のことです。 今回、山内容堂のぼやきが聞かれます。 「侍...
≪竜馬伝≫☆22 (まぁ、お茶でも)
竜馬のもとに、武市半平太が投獄されたという知らせが届いたのは、文久3年(1863年)9月の終わりのことだった。8月18日の政変を境に土佐藩は、藩の内外におる勤王党員の弾圧を始め、京の都では、幕府による攘夷派の残党狩りも始まっていた。 竜馬は、半平太や、以蔵を思...
ホタルノヒカリ 13巻 8話 (ホタルノヒカリ2 最新情報)
CMに使いたい女性タレントは誰?! 証券アナリスト「ゴッホの毒舌日記」 名前はネスレの菓子ブランド名AERO(エアロ)に由来し、同製品のイメージキャラにも選ばれた[12]。2007年のジャパンスーパーチャレンジではエアロを抱いて滑った[13]。大の犬好きでありながら犬アレ...