平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

軍師官兵衛 第46回「家康動く」~生き残る事は無論大事。しかし、わしは我が道を行く

2014年11月17日 | 大河ドラマ・時代劇
「命には使いみちがある。石田殿の命にもまだまだ使いみちはある」
 役者は目で演技する。
 家康(寺尾聰)が右目を開くと、官兵衛(岡田准一)は鋭い目でにらみ返す。

 この家康の言葉で官兵衛は理解した。
「徳川のねらいは天下を揺るがす大乱じゃ!
 生かされた三成は死に物狂いで味方を集めるであろう。
 国中の大名がどちらにつくのかを迫られる。
 そうして三成に兵を挙げさせ、しかる後にその敵を根こそぎ滅ぼし天下を取る。
 それが徳川家康の天下取りだ」

 そして、善助(濱田岳)に、三成につくのか家康につくのかと問われて、
「播磨を思い出す。あの時もそうであった。
 織田につくのか毛利につくのか生き残る道を必死に探った。
 生き残る事は無論大事。
 しかし、わしは我が道を行く」

 官兵衛の天下取り宣言である。
 今まで生き残ることのみを信条にしてきた官兵衛が賭けに出た。
 第三極の誕生。
 官兵衛VS家康VS三成(田中圭)の始まりである。

 一方、息子の長政(松坂桃李)は完全に家康に取り込まれている。
 家康は、長政の石田三成への憎悪を巧みに利用している。
 官兵衛に足りないのはこうした<ずるさ>なんですよね。
 正論だが、あまりにも真っ直ぐすぎる。
 人の欲望や感情を利用するということも苦手なようだ。
 それは、おそらく、こうした<人たらし>の部分は秀吉(竹中直人)が引き受けてきたからなんでしょうね。
 官兵衛はあくまで<軍師>であり、<政治家>ではない。
 秀吉のような華もないし、家康のようなずるさもない。
 これが官兵衛の限界か?

 一方、おね(黒木瞳)は非戦。
「わたしが本丸にいれば争いになる。無用な争いはなりませぬぞ」
「豊臣の天下は秀吉の一代限り。
 この日本国に太平の世が続くのなら、徳川殿でも前田殿でも誰でもよい。
 もっともふさわしい者が天下人になればよい」
 おねがこうした境地になったのは、秀頼が自分の子でなかったせいもあるのでしょうが、実にあっさりしている。
 ギラギラの男たちとは正反対。

 さまざまな思いを乗せて、作品はいよいよ最後のクライマックスへ。


コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 岩手日報「解散より優先すべ... | トップ | ごめんね青春! 第6話~普... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何らかの意味での「勝利」 (TEPO)
2014-11-17 18:45:38
>もっともふさわしい者が天下人になればよい
先週官兵衛の基本思想とされていたものが、おねの専有物になりました。

>秀吉のような華もないし、家康のようなずるさもない。
>これが官兵衛の限界か?

ということで「二流の人」で終わって欲しくはないですね。

「天下取り」では家康が勝利を収めることはわかりきっているわけですが、官兵衛最後の大活躍が何らかの意味で「勝利」であるような意味づけを期待したいと思います。

三成はこの期に及んでもふてぶてしい笑みを浮かべていました。
ひたすら「悪役」路線を最後まで頑張っていますね。
最終回の総括 (コウジ)
2014-11-18 09:09:45
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>官兵衛最後の大活躍が何らかの意味で「勝利」であるような意味づけを期待したいと思います。

おっしゃるとおりですね。
作家さんが最後にどう意味づけるかは興味深いですね。

今回のことで言えば、<非戦>だった官兵衛がどうして<天下取り>の意思を持ったかが、僕はよく理解出来ていないのですが、このことは今後明らかにされ、ラストに繋がってくるのかもしれませんね。

これまでの官兵衛の描写だと、最終回は<太平の世のために、生き抜くために自分の命を使い切った男>として総括されそうですが、別の面がプラスされるかもしれません。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

【 軍師官兵衛 】第46回 「家康動く」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
秀吉(竹中直人)の死により、長政(松坂桃李)らを取り込んだ家康(寺尾聰)と、 大老・前田利家(横内正)と結ぶ三成(田中圭)との権力闘争が始まる。 家康は秀吉の遺言を次々と破り三成を挑発、天下への野心をあらわにする。 如水(岡田准一)は一触即発の事態の...
大河ドラマ「軍師官兵衛」第46回 (日々“是”精進! ver.F)
如水、天下獲りを決意… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411160000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】徳川家康 [ もとむらえり ]価格:1,080円(税込、送料込)
軍師官兵衛 第四十六回 (レベル999のgoo部屋)
『家康動く』 「家康動く~後継争い激化!勝者は誰か?」 内容 秀吉の死により、家康(寺尾聰)と三成(田中圭)による権力争いが激化。 朝鮮から帰国した長政(松坂桃李)らの三成への不満がうずまき、 そんな長政を如水(岡田准一)は、はやらず見極めるべきと諭すが....
軍師官兵衛 第四十六話 「家康動く」 (事務職員へのこの1冊)
第四十五話「秀吉の最期」はこちら。前回の視聴率は16.8%と予想的中。しかも、書いた放送作家が「他の番組にちょっとずつ視聴率を分けてほしい」と思うぐらいに高いレイティングを誇る「イッテQ!」が20%を獲得した真裏なのだから立派だ。前田利家登場。演ずる横内正....
【軍師官兵衛】第46回感想と視聴率「家康動く」&最終回情報 (ショコラの日記帳・別館)
【第46回の視聴率は11/17(月)追記予定】 副題「家康動く」 新聞ラテ「家康
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術46家康動く!如水は冷静に大局を見つめ三成には付かず独自で動く事を宣言した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第46話は秀吉の死去でいよいよ家康が動き出した。三成はそれを阻止せんとまず朝鮮から帰国した長政らを処分する沙汰を申告するが、これに反発した長政 ...
大河ドラマ「軍師官兵衛」 #46 家康動く (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
秀吉の死。 そして家康が動き始めます。
軍師官兵衛第46話(11.16) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
豊臣秀吉@竹中直人が死ぬや野心を露わにする大老徳川家康@寺尾聰と 他の四大老五奉行は一触即発、 全面抗争は免れたものの大老前田利家@横内正が死ぬと、 黒田長政@松坂桃李ら七将が石田三成@田中圭を襲撃する事件が発生、 家康が大乱を望んでいるのを見抜いた黒田如...